YouTube広告の動画作成と出稿手順について

様々な媒体で近年、動画を使った広告やプロモーションが増えています。

動画広告で成功をするためにも、多くの視聴者が見たくなる広告動画の作成と、手順を知っておきたいところ。
新しく動画マーケティングを始める方・担当になる方へ向けて、YouTube広告の動画作成のポイントと、広告出稿までの手順を紹介します。

出稿用の動画作成のポイント

YouTube広告を出稿するには、出稿するプロセスを理解しておくこと、視聴者を惹きつける動画作成がポイントとなります。順に解説します。

YouTube広告を出稿するプロセス

YouTube広告は以下の3つのプロセスを踏んで出稿します。
・YouTube広告を作成してアップロードする
・広告ターゲットを設定する
・予算を決める

要確認、YouTube広告の入稿規定とは

YouTube広告を出稿する際、必ず入稿規定を確認しておきましょう。
・動画の長さはスキップできない動画は6秒未満、スキップ可能は制限なしだが3分未満推奨
・SSL対応のトラッキングピクセル、動画1本につき基本1つ
・トラッキングピクセルを正しい位置で使用する
・データ収集にJavascriptは使用しない
・アダルトコンテンツ、著作権法違反の可能性がある、衝撃的なコンテンツは利用禁止
・許可されたフォーマットでアップロードする
・関連性が不明瞭、コンテンツが不明確な広告は禁止
・一定品質を満たした動画を用いる など

参考:動画広告の要件|YouTubeヘルプ

また、YouTubeにアップロードする動画の推奨エンコードも確認しておきましょう。

参考:アップロードする動画の推奨エンコード設定|YouTubeヘルプ

目指せ再生回数100万回!バイラル動画のポイント

拡散性の高いバイラル動画は、SNSなどを通じてYouTube外にも広がっていくため、今までにない分野のターゲット獲得や、広いプロモーション対象の認知につながります。


ペプシ Jコーラ『怪物舞踏団』篇 60秒ver. 石川さゆり SUGIZO KenKen DJ RENA にゃんごすたー サントリー CM

バイラル動画に共通しているのは、誰かに教えたくなる、SNSでシェアしたくなる動画であることです。インパクトがある、オリジナリティがある、真似したくなるなどのポイントを押さえておきましょう。

製品理解が第一、テッパンのWEB用動画のポイント

広告の目的が幅広い認知ではなく、ターゲットを絞った上で実際の契約や購入を検討してもらう、または契約や購入など具体的な行動に結びつけたい場合もあります。その時は、プロモーション対象の製品やサービスを深く理解してもらうための動画作成が重要です。


Yahoo! JAPAN「第2回全国統一防災模試」(本木雅弘_問題篇)

真新しさやインパクトではなく、実際の商品やサービスの詳細を分かりやすく解説する、別角度から紹介するパターン動画を複数用意するなどがポイントです。

WEB広告用の動画1本あたりの費用感はどのくらい?

WEB広告用の動画作成の費用感を出すには、動画作成をどのように行うかで異なります。知名度がある芸能人を起用すると制作費だけで1,000万円を越えます。ただタレントを起用せず、モーショングラフィックやCGを使うと制作費を抑えることだできるようです。
もちろん動画の尺によって値段が変わってきます。

出稿手順

広告用の動画作成が完了したら、いよいよYouTube広告を出稿します。

出稿するにあたっての手順を解説

YouTube広告の動画の出稿手順は以下の通りです。

・最初に「広告キャンペーン」を設定します。
1 AdWordsのアカウントにログインし、「キャンペーンタブ」をクリックします。
2 「+キャンペーン」クリック後、キャンペーンタイプは「動画」を選択します。
3 広告の目的に応じたサブタイプを選択します。
4 予算と配信方法を設定します。
5 配信ネットワーク、ターゲット地域、広告表示デバイスをそれぞれ選択します。
6 広告の掲載スケジュールと広告のローテーションを設定します。

・「広告キャンペーン」設定後「広告グループ」を作成します。
1 広告グループ名を決め、グループに設定する広告動画を選択します。
2 動画の広告フォーマットを選択後、単価を設定します。
3 人およびコンテンツのターゲットを設定します。
4 広告グループ保存後審査が行われ、審査に通過するとYouTube広告として配信されます。
5 広告グループ保存(注文確定後)は、オーバーレイ広告も利用可能になります。同じくAdWordsから設定できます。

YouTube広告の出稿プロセスと動画作成ポイントをおさえておこう

YouTube広告の出稿プロセスと動画作成のポイントをご紹介しました。広告の目的によって、どんな動画を作成するかのポイントが異なってきます。正しい入稿規定やプロセスを理解するとともに、効果的なプロモーションにつながる動画作成方法も検討するのが重要です。

公式アカウントをフォローして最新情報をGET

この記事を書いた人

かむなび編集部

kamui tracker公式ブログのライターです。 YouTuberやYouTubeマーケティングの担当者へ向けて、お役立ち記事を発信します。

貴方のYouTubeチャンネルを成長させよう

YouTube上のプロモーションをデータで支援

法人向けサービスお問合せ

このカテゴリの最新WHAT'S NEW

この記事へのコメントCOMMENT