YouTuberタイアップを実践するなら抑えたい4ステップ

YouTuberタイアップとは企業がインフルエンサーとしてYouTuberを起用し、商品の紹介や魅力を視聴者へと伝えることで、自社商品やサービスの売り上げをアップさせるための広告方法です。こちらの記事では、そんなYouTuberタイアップを企画する際に事前に知っておくべきことを、4つのポイントにまとめてご紹介しています。

①YouTuberタイアップとは?メリット・デメリットを含めて解説

YouTuberタイアップとは、企業と動画投稿者がコラボし、企業の売り出したい商品やサービスを宣伝する今話題の広告スタイルです。

YouTuberタイアップのメリット

YouTuberタイアップのメリットは、文字や写真だけでは伝わりにくい商品やサービスを、実際に使用しているシーンを視聴してもらうことで理解を深めることです。

YouTuberタイアップのデメリット

YouTuberタイアップのデメリットは、起用するYouTuber次第で、宣伝したい商品やサービスにマイナスイメージをつける可能性があることです。

意図した宣伝方法と別の伝え方をしてしまっては、元も子も無くなってしまいます。

これらのメリットやデメリットを詳しく解説している「YouTuberタイアップとは?メリット・デメリットを含め解説」もチェックしてみてください。

②YouTuberタイアップの企画面で気を付けたい2つのポイント

YouTuberタイアップの起用YouTuber次第では、商品やサービスにマイナスイメージをつける可能性があることをご紹介しました。

YouTuberタイアップを企画する上で特に気をつけるべきポイントは2つ存在します。

①企業ブランドやイメージと合致したクリエイターを選出する

企業ブランドやイメージと合致したクリエイターを選びましょう。

国内に4.7万人以上いるYouTuber(※)の中から、ただ単に知名度が高い人を選べばタイアップが成功すると考えるのは間違いです。

(※日本国内でチャンネル登録者数1,000人以上のYouTubeチャンネル:kamui tracker調べ)

動画のスタンスをあらかじめリサーチし、YouTuberに依頼した後にどのような動画ができ上がるのかを想像すると良いでしょう。

②YouTuberの個性を活かし自然なプロモーションをする

YouTuberの個性を活かして企業感のない自然なプロモーションを心がけることが重要です。

動画を通して宣伝を行ってもらう場合、各クリエイターの動画の質やトーク力などを中心にリサーチをかけておくと高い宣伝効果を見込めます。

YouTuberが商品やサービスを「炎上」させてしまう可能性もありますので、トラブルが起きる前に「YouTuberタイアップの企画面で気をつけたい2つのポイント」もチェックしてみてください。

③YouTuberタイアップのキャスティングについて

YouTuberをキャスティングしていく上で、クリエイターにも様々なタイプが存在します。

候補となるYouTuberは3つのタイプに分類可能なので、すべて細かくご紹介していきます。

タイプ①スターYouTuber

スターYouTuberとは知名度が高く、YouTube以外にもテレビをはじめとする様々なメディアに出演している動画投稿者のことです。

たとえば「HIKAKIN」や「はじめしゃちょー」はテレビにも出演した経験があり、登録者数も日本トップ10に入ることから、幅広い層への広告効果を得ることが可能です。

タイプ②マイクロYouTuber

マイクロYouTuberとは、登録者数や知名度は低いがコアなファンを多く抱えているクリエイターのことを指します。

ニッチな層の集客をすることが可能で、高い成約率を望むことができるだけでなく、スターYouTuberと比べて比較的低い単価で依頼ができるためコストパフォーマンスが高いです。

タイプ③VTuber

VTuberとはバーチャルYouTuberの略称で、CGで作られた身体で人間のYouTuberと同じように動画投稿を行っている人のことを指します。

たとえば「キズナアイ」は、日本政府観光局の訪日アドバイザーに就任している事例もあり、日本だけでなく外国人の層もターゲットに含むことから新たな層を発掘することも可能です。

そんなタイプ別のYouTuberを探すには「YouTuberタイアップのキャスティングについて」をチェックしてみてください。

④YouTuberタイアップ効果測定のための指標と方法を解説

YouTuberタイアップを通してどのくらい利益を得ることができるのかをリサーチするためには、効果測定の指標を知っておく必要があります。

効果測定をするための指標は全部で4つ存在するので、それぞれ詳しく解説していきます。

指標①CPA(Cost Per Acquisition)

CPAとは、YouTuberタイアップによる成果1件あたりの広告費を指します。「広告費÷CV(コンバージョン)」

YouTuberタイアップの場合、プロモーション対象商品やサービスへの受注に問い合わせが基準になり、日本語では「獲得単価」や「成果単価」と表します。

指標②CPV(Cost Per View)

CPVとは、広告主が支払った費用を視聴回数で割ったもののことを指します。「広告費÷再生回数」

YouTuberタイアップの場合、動画説明欄のダウンロードリンク経由で、たとえばアプリがどのくらいダウンロードされたのかの数値のことになります。

指標③ROI(Return On Investment)

ROIとは、投資収益率のことを指し「利益÷広告費×100で算出可能」です。

基本的にはYouTuberタイアップ投資に対して、何%の利益が出たのかを指し、成果や利益から原価を引いたタイアップの投資額を掛け算して算出する形になります。

指標④ROAS(Return On Advertising Spend)

ROASとは、投資額に対してどのくらいの売り上げが出たのかを表す指標のことです。

算出するためには「売り上げ÷広告費×100」の式を使います。

たとえば、広告費を100万円かけた場合200万円の利益が出ること、200万円の広告費をかけると400万年の売り上げが期待できるということです。

効果測定の具体的な方法は「YouTuberタイアップ効果測定のための指標と方法を解説」でチェックできます。

YouTuberタイアップで利益アップを狙おう

こちらの記事では、YouTuberタイアップのメリットやデメリット、企画面での2つの注意点3つのキャスティングタイプ、4つの指標をご紹介してきました。

一番重要なのは依頼後にどのような動画ができ上がり、どのような効果をもたらすのかを予測することです。リサーチを怠らずにYouTuberタイアップを通して、確実な利益を得ましょう。

公式アカウントをフォローして最新情報をGET

この記事を書いた人

かむなび編集部

kamui tracker公式ブログのライターです。 YouTuberやYouTubeマーケティングの担当者へ向けて、お役立ち記事を発信します。

貴方のYouTubeチャンネルを成長させよう

YouTube上のプロモーションをデータで支援

法人向けサービスお問合せ

このカテゴリの最新WHAT'S NEW

この記事へのコメントCOMMENT