収益化したい人向け!YouTubeの始め方を基本から解説

YouTuberになりたい、YouTubeに動画を投稿して収益化したい…でもそのために何をしたらいいのかわからない…。そんなYouTube初心者の人に向けて、今回はYouTubeの始め方や、最低限必要なものを紹介します。

YouTubeを始めるための基本手順7つ

今回は「YouTubeで収益化したい」「動画自体から広告収入を得るつもりはないがYouTubeを商用利用したい」「収益化も考えているがまずはYouTuberに」という人に向けた手順となります。以下の7つを意識してYouTubeを始めてみましょう。

YouTubeアカウントを作成する前に、Googleアカウントを用意しましょう

YouTubeアカウントはGmaiアカウントがないと作れないので、持っていない人は取得しましょう。また、Gmailは持っているがプライベートなどで使っている場合は新たにYouTuber用のアドレスを作ることをおすすめします。

YouTubeチャンネルを開設をしよう


【2018最新版】YouTubeチャンネル作成と削除方法!名前の変更や複数チャンネルの作り方も丁寧に解説!

YouTuberとして広告収入で稼ぎたい、自社ブランドの宣伝に活用したいなど、YouTubeを利用する目的はさまざまです。ただ、いずれの場合も動画を投稿するならチャンネルを作る必要があります。

YouTubeのチャンネルは、アカウント作成後に「マイチャンネル」をクリックすると作成できます。なお、チャンネルを作っていない状態で動画投稿をしたり再生リストを作ったりするとチャンネルを作成するようメッセージが出てくるので、この方法も覚えておくと便利です。

  • チャンネル名を設定する
  • チャンネルのトップ画像を設定する
  • 投稿する動画の種類やチャンネル運営者の情報を設定する

上記のステップを踏めば基本的な開設作業は完了します。

撮影に必要な機材を揃えよう

チャンネルを開設すれば、あとは動画を撮影して投稿するだけです。昨今はスマホでも高画質な動画が撮れますが、YouTuberとして利益をあげたいなら一歩踏み込んで機材を揃えてみるのもよいでしょう。

撮影初心者なら、画質がよく、手ぶれ補正があり、内蔵メモリがあってすぐに撮影できるビデオカメラがおすすめです。さらにカメラスタンドと、カメラ内蔵のマイクでは音が拾えなかったときのためにマイクも用意するとよいでしょう。

以下の記事では動画撮影におすすめのカメラや、スタンドや照明機器、あると便利なものなどを紹介しています。

YouTubeの動画撮影におすすめのカメラや周辺機材

編集ソフトを購入して動画制作準備を

撮影した動画をそのまま編集せずアップロードしても問題ありません。しかし、より多くの人に見てもらいチャンネル登録を狙うなら、動画編集は必須要素です。

動画編集では「カット」「テキスト入れ(テロップ入れ)」「BGMや効果音」の3要素が欠かせません。

これらの編集ソフトは無料のものもありますが、商用利用の場合は有料になることもあります。機材と同じでソフトも購入を前提として考えましょう。

Windowsでは有料の「Filmora」が、Macでは元から入っている「iMovie」が特におすすめです。


【動画で学ぶ】Windows用動画編集ソフト Filmora(フィモーラ)の使い方

下記の記事ではWindowsとMacそれぞれのおすすめソフトの紹介と、カット・テキスト入れ・BGM入れの3要素でそれぞれ使いやすいソフトを紹介しています。

YouTube動画編集におすすめのソフトを用途別に紹介

最低限のクオリティを維持して動画撮影を

編集だけで良い動画を作るのは難しいです。撮影時に最低限の画質と音質の良さは確保しましょう。動画内容の良し悪しは後から考えても遅くはないので、まずは最低限の質を保てるよう撮影します。

動画をチャンネルにアップロードする

撮影→編集が完了したら、サムネイルを作ってチャンネルに投稿します。最初の動画を投稿したら、あなたは立派な動画投稿者です。しかし、動画で「収益化」をしたい場合、まだやることがひとつだけ残っています。

条件を満たしたらパートナープログラムに申請を

収益化しない場合この手順は不要ですが、収益化したいならパートナープログラムへ参加しないといけません。審査に通過すれば広告収入が入るようになります。ただ、申請するには以下の条件が必要です。(※2019年4月13日現在の条件)

公開動画の総再生時間が過去 12 か月以内で 4,000 時間以上である。
チャンネル登録者数が 1,000 人以上である。

引用:YouTube ヘルプ

収益化したいなら、この条件を満たせる動画投稿、チャンネル運営をしていく必要があることがわかります。

YouTubeの始め方の基本ステップをおさらい

最後にYouTubeで活動するための基本をまとめます。

  1. Gmailを取得
  2. YouTubeアカウントを作る
  3. チャンネル開設をする
  4. 動画撮影機材を揃える
  5. 動画編集ソフトを用意する
  6. 動画を撮影して編集する
  7. パートナープログラムへ参加する(収益化したい場合)

6までできたら、次は動画の企画やチャンネル運営を考えながらどんどん動画を作成してアップロードしていきましょう。

公式アカウントをフォローして最新情報をGET

この記事を書いた人

かむなび編集部

kamui tracker公式ブログのライターです。 YouTuberやYouTubeマーケティングの担当者へ向けて、お役立ち記事を発信します。

貴方のYouTubeチャンネルを成長させよう

YouTube上のプロモーションをデータで支援

法人向けサービスお問合せ

このカテゴリの最新WHAT'S NEW

この記事へのコメントCOMMENT