企業チャンネルの作り方・運用方法までを解説

企業チャンネルの開設する前に後、動画をアップロードする前に、コンセプトを決めるのが重要になります。こちらの記事では、YouTubeチャンネルの開設方法から、実際にチャンネルの運用方法まで詳しくご紹介していきます。

チャンネルの目的を決める

これから企業向けのチャンネルを運営していくうえで、最初にすべきなのは「YouTubeアカウントの作成」ではなく、「チャンネルの目的を決める」ことです。理由は、YouTube運用における目的の自由度がかなり高いからです。数あるYouTubeの運用目的の中で代表的な3つの運用方法をご紹介します。

広告収益を目的とする

広告収益とは、YouTubeに投稿した動画に表示される広告が視聴され、発生する収益のことです。以前はYouTubeに投稿するすべての動画に広告の貼り付けが可能でした。現在は規約が変更され、原則過去12か月間の総再生時間が4,000時間未満、チャンネル登録者数が1,000人未満のチャンネルの動画でないと広告を貼り付けられません。

つまり、具体的なアクションとしては、チャンネル登録者数と再生回数を増やすために試行錯誤していくことになります。

タイアップ収益を目的とする

タイアップ収益を目的とする場合、広告主にとって魅力的なチャンネルにする必要があります。たとえば、化粧品の企業タイアップを目指しているのにも関わらず、受験勉強に関する動画を投稿しているのでは、狙った企業からのタイアップ依頼を受けることが困難になってしまいます。つまり、ターゲット企業を絞り、コンセプトに沿った動画の投稿が重要です。

既存の事業への流入を目的とする

自社の商品やサービスを動画上でプロモーションしたり、ランディングページに貼り付ける紹介動画を投稿したりすることで、顧客に対し動画ベースでのプロモーションが可能です。

実例として、アプリのダウンロードや自社製品の購入を促進する目的があげられます。YouTube上でのプロモーションを目的としていない場合、視聴回数や登録者数に関する考慮が不要になります。

チャンネルのコンセプトを決める

自社商品やサービスをプロモーションする場合、どんなチャンネルにしたいのか、何を発信するのか明確にすることが重要です。チャンネルのコンセプトが固まっているメリットは、動画の視聴者が一目で目的を理解するのに向いている部分です。

広告収益を上げるうえで非常に重要となる視聴回数や登録者数が多いチャンネルほど、コンセプトが固まっている傾向があります。動画のコンセプトを変更したい場合、消すことはできますが一度ネット上にあげてしまうと、どこかで記録されている可能性があるので慎重に決めましょう。

YouTubeチャンネルを作る

企業チャンネルの目的設定が完了したところで、次のステップは実際にYouTubeチャンネルを作成することです。YouTubeチャンネル作成は、5分ほどで動画の投稿が可能になる環境まで作成が可能です。

チャンネル作成方法

YouTubeチャンネルを作成する際に一切のお金はかかりません。チャンネルの詳しい作成方法は「収益化したい人向け!YouTubeの始め方を基本から解説」をご覧ください。

撮影・編集・動画投稿

YouTubeチャンネルの作成が完了したのであれば、いよいよ撮影から編集、動画投稿までのステップへと移っていきます。詳しい動画の撮影から投稿までの方法は「初心者のためのYouTube動画制作入門」を参考にしてください。

企業YouTubeチャンネル運用にかかる費用

企業がYouTubeチャンネルを運用していくうえで、動画のアップロードから動画の管理までの費用は一切かかりません。

YouTubeでは、一般ユーザーとして利用する以外にも、企業が開設できる「公式ブランドチャンネル」が存在しますが、どちらも無料のサービスとなっています。では、それ以外で企業YouTubeチャンネルを運営していく際にかかるコストはどんなものがあるでしょうか。

スタッフ人件費

YouTubeチャンネルの運用に必須となるのがスタッフの人件費です。スタッフが具体的に行うのは、動画の企画、運営、撮影、動画編集の4つになります。自社のスタッフを使って上記の動きをしてもらうと連携がしやすいなどのメリットがあります。しかし、状況の変化に柔軟に対応し辛い難点があります。

適切な人員を確保が難しいため、外注を部分的に入れるのもひとつの選択肢となります。

出演者人件費

YouTubeチャンネルに出演してもらう際にかかる人件費も考慮に入れていく必要があります。たとえば、自社サービスを紹介してもらうYouTuberを起用したり、メインMCを雇ってプロモーションを行ったりする方法があげられます。

YouTubeチャンネルを運用していくうえで、事前にかかるタイアップ費用を考慮することが重要です。既にYouTuberタイアップを通してプロモーションに成功している事例も多く、美容業界からゲーム業界まで幅広く運用が可能です。

機材費用

撮影に必要となる機材は、カメラ、パソコン、編集ソフト、照明など、多くのものが必要になります。スマートフォンのアプリから動画を撮影しての投稿もできますが、質の高さに関してはあまり期待できません。

動画を通じたプロモーションや広告収益を上げる目的で利用する場合、画質から編集までの質を意識することで、再生回数や登録者数の増加を見込めます。

その他企画等にかかる費用

その他にも、オフィス内に撮影スペースがない場合や質の高い動画を作成する際に、撮影場所にも気を使う必要があります。

その際にかかる撮影場所のレンタルに必要なコストを事前に計算することも重要です。現在は必要な時間だけスタジオをレンタルできるサービスが有効活用できるので、動画のコンセプトにあった場所選びが重要です。

動画のコンセプトを明確にして質の高い動画を作るのが肝

企業YouTubeチャンネルを作成し運用していくうえで、コンセプトのしっかりとした質の高い動画を作成できれば、大きな成果を上げることが可能です。

YouTubeチャンネルの運用にはテレビ広告と違いお金がかからず、実際に企業として動かす前に、一般ユーザーとして個人チャンネルの開設から運用までを練習できるので、環境を把握する際にはこの方法がかなり有効です。

こちらの記事を通して、企業YouTubeチャンネルの起用を始めていきましょう。

公式アカウントをフォローして最新情報をGET

この記事を書いた人

かむなび編集部

kamui tracker公式ブログのライターです。 YouTuberやYouTubeマーケティングの担当者へ向けて、お役立ち記事を発信します。

貴方のYouTubeチャンネルを成長させよう

YouTube上のプロモーションをデータで支援

法人向けサービスお問合せ

このカテゴリの最新WHAT'S NEW

この記事へのコメントCOMMENT