「ほとんどの広告主に適していない」と判断された動画を収益化する方法

動画をアップロードした際に、収益化マークの緑色のドル記号が下のような黄色のドル記号になり「ほとんどの広告主に適していない」と出ることがありません?
この状態で動画を公開しても広告はつかないので、収益がほとんど入ってきません。

自分のチャンネルで上記のような判断をされてしまった場合の対処法や、なぜこのような表示が出てしまうのか、その原因などをご紹介します。

YouTubeの収益を最大化するにあったってかなり重要なポイントなので、チャンネルをやっている方はぜひ最後まで見てみてください!

黄色のドルマークってどんなの?

動画をアップロードしたときに、収益化の欄のドルマーク(💲)が黄色くなっていたら、ほとんど収益化できない状態です。

こうなってしまうと動画がどんなに再生されても大した収益が入ってきません。

「ほとんどの広告主に適していない」と判断される動画の特徴

不適切な表現や、暴力、アダルトコンテンツに該当する動画が、YouTube の自動システムによって「ほとんどの広告主に適していない」と判断されてしまいます。

詳細はYouTubeのガイドラインに記載されていますので、よく確認してから適切な動画を投稿するようにしましょう。

YouTube パートナー プログラムに参加している場合は、動画に広告を掲載して収益化できます。この記事では、チャンネルのどの動画が広告掲載に適しているかを判断する方法を紹介します。
引用:広告掲載に適したコンテンツのガイドライン

どうすれば広告をつけることができるのか

もちろんYouTubeのガイドライン違反に値するものは、収益化することができません。

しかし、中には動画自体はガイドライン違反をしていないのに、サムネイルやタイトルなどからAIが判断し、不適切な動画と判断されてしまう場合はあります。

もし自分の動画がガイドラインに違反していない場合は、YouTubeに動画の審査をしてもらうことができます。

審査をリクエストするとYouTubeの中の人が実際に見て判断するので、最適な広告の判断をしてくれます。

仮にYouTubeが審査してくれたのにも関わらず、変化が起きなかった場合はその動画が広告に適していないということになりますので、今後の動画投稿の際に参考にすると良いです。

この審査ですが、仮に申請して審査に落ちたととしても動画に広告がつかないだけで、それ以外のペナルティはありません。

また動画のタイトルに不適切な文言入れている動画の場合は、それらの不適切な文言を削除して申請することにより、審査を通りやすくなるという場合もあります。

基本的に汚い言葉や暴言はNGとなっていますので、ご注意ください。

登録者数によって審査リクエストの基準が変わる

YouTubeヘルプにも記載されておりますが、実はチャンネル登録者数によって審査リクエストの基準が変わります。

チャンネル登録者が10,000人を超えている場合は、視聴回数に関係なく、限定公開の動画が審査の対象となります。

つまり動画を公開する前の非公開の状態で自動システムに収益がほとんど出来ないと判断されてしまった場合などでも、審査をリクエストすることができます。

もし審査が通れば、自動システムに引っかかってない動画と同様に、公開すればその瞬間広告収入を得ることができます。

しかし、チャンネル登録者が10,000人未満の場合、審査リクエストの対象となるためには、過去7日間で少なくとも1,000回視聴をされなければなりません。

これは、審査リクエストが毎日多数寄せられている中で、視聴回数を伸ばせる収益力の高いチャンネルの動画を優先させるための措置として行っているようです。

アップロードした動画のコンテンツがほとんどの広告主に適していないと判断された場合、動画の横に黄色いドル記号が表示されます。
引用:「ほとんどの広告主に適していない」と判断された動画について、人間による審査をリクエストする

審査リクエストは誰でも出来ますが、審査に時間もかかるので、なるべくYouTubeに不適切な動画と判断されないような工夫をすることをおすすめします。

YouTubeのガイドラインは、定期的に更新されているのでしっかり確認しておきましょう。

公式アカウントをフォローして最新情報をGET

この記事を書いた人

貴方のYouTubeチャンネルを成長させよう

YouTube上のプロモーションをデータで支援

法人向けサービスお問合せ

この記事へのコメントCOMMENT