提携クリエイターインタビューVol.1 かよこやざきさん

今回、弊社の「提携クリエイター」としてお仕事を引き受けてくださった「かよこやざき」さんにインタビューをさせていただきました。
チャンネル登録者3万人突破!美容・ファッション系クリエイターとして活動されている彼女。今回はかよこさんの夢やクリエイター活動の深掘りと、提携クリエイターについての感想をストレートに語っていただきます。

古着屋を夢見ていた女の子はクリエイターの道へ

 --それでは​簡単に自己紹介をお願いします。

かよこやざきという名前で活動させていただいております。1997年3月14日のホワイトデー生まれです。普段は女の子に向けたメイクとファッションのコンテンツを発信しています。

初めは趣味レベルで始まった活動ですが、ありがたいことに、こうして取材いただけるようなチャンネルに育ってとても嬉しいです。
本日はよろしくお願いします!

--こちらこそ、本日はよろしくお願いいたします!では、早速質問なのですが、YouTuberになった経緯を教えていただいてもよろしいでしょうか。

もともと私はファッションの学校に通っていました。作製した服やビンテージの服でのスタイリングなどを使って、作品撮りをしてくことが当時から好きで、もっと多くの人に自分の作品を見ていただいたり、自分のことを知っていただきたいなという気持ちが高まってきました。

Instagramは元々やっていたのですが、ファッションやメイクなど自分の好きなことを、もっとみんなと共有したいなぁと思っていたら、自然とYouTubeに目がいってYouTuberの活動をはじめました。

--元々クリエイターのような活動をしたかったということでしょうか?

そうかもしれないですね。一番初めは幼稚園の頃の夢で、古着屋さんをやりたかったんです。
ずっと自分の空間に好きなものを集めたいなぁと思っていて。
YouTubeのチャンネルにも通じると思いますが、自分の好きなもの、自分をつめたものを作りたいとずっと思っていました。
それが今、実現していっているのかなと思います。

--小さいころからかよこさんはおしゃれさんだったんですね。そういった自分の好きなものを発信したいと言う形ではじめたYouTubeですが、もうすぐチャンネル登録者が3万人突破目前(※取材時)ですね。

はい、おかげさまで。とても嬉しいです!

徹底したチャンネル研究と自分らしさを模索、
活路をひらいたのは大好きな「ブラウンリップ」

--ここまでチャンネルや動画の視聴回数を伸ばす時に意識していたことや秘訣などはありますか?

チャンネルを始めるときは、先輩クリエイターさんを手本にして、動画作りや雰囲気を「こう言う感じで作ればいいんだ」と模索していきました。

--かよこさんはすごく勉強熱心ですね。

ふふ、ありがとうございます。
…難しいですけれど、視聴者さんの意見も取り入れつつ自分の個性を出せた時ですかね。私にとって、それが「ブラウンリップ」でした。

元々ブラウンリップがすごく好きで、その動画を月1で出すと決めていました。あとは動画の作りの話になりますが、メリハリをつけてかっこよく気取って撮る時もあれば、そのままの抜けているところを素直に出す、のようなメリハリを出すことも意識して動画を作っています。個性を見つけて動画に落とし込んで、やっとこう自分の立ち位置とか自分のやりたかったこと、視聴者さんが見たいと思ってくださる部分のギャップが埋められたのかなと思います。

--ちなみに、当時参考にしていたクリエイターさんはどんな方か教えていただけますか?

特定の誰かというよりは、韓国のクリエイターや海外の方をメインに参考にしていました。
日本のファッション系のクリエイターがそもそも少なかったということもありますが、
真似してしまうと「誰々さんに似てますね」と覚えられてしまうのは良くないので…
なるべく海外の方からインスピレーションをお借りしてました(笑)

 --なるほど、とても勉強になります。クリエイターになってよかったと思うことはありますか?

生活の中に私の動画が取り入れられていると言う話を聞いたり、コメントをみると、「あぁ、やっていてほんとうに良かったなぁ」と常々思います。私もなんとなく疲れているときや、仕事終わりにテレビ番組や動画を流し見していて動画が生活の一部になっているので、私の動画も視聴者さんの生活の一部として同じように組み込まれていると感じられて嬉しいです。

--私もかよこやざきさん動画をよく見てます。

 

 --では、逆の質問をします。クリエイターとしてやっていく中で大変なことや苦労したことって何ですか?

もともと、洋服の学校で勉強していて、卒業後もアパレルメーカーに就職してスタッフとして働いていたので、デスクワークや書類とかのお仕事の常識を全く知らなかったことだと思います。それこそ、これは雑誌の中身は載せちゃダメであったり、こういうフレーズ(表現)はダメとか、モザイクを入れるとか、当たり前のことや常識を知らないことが多いので、そこは苦労しています。プロとして活動してく中でまだまだ未熟だなぁと痛感中です。

 --クリエイターさんにとっては事務所に入ることが解決策だと思いましたが…

そうですね、実際に事務所の方からオファーの相談もいただくことはあります。私の場合は幼稚園の頃からの夢も含めて、莫大な夢を持って(笑)いるので、そういうわがままな自分に振り回されちゃう会社も大変だと思って、今までお断りしていました。自分自身も含めてプロデュース業を生業としていきたいので、できる限り自分のことは自分で頑張りたいと思っています。もっと先のことはわからないですけれど、今は「自分のことは自分でやる。」なので、大変ですが(笑)

動画は自分にとって子供のような存在、
タイアップでも心を込めて互いにとって最良の1本を作りたい

--タイアップ動画をお仕事の動画を作る時に意識していることはなんでしょうか。

素直に思っていることを動画にしているのと、自分のチャンネルのカラーで作らせていただけるように、広告主の方へ提案をするのが大事だと思っています。企業さんによっては、企画からいただいたりすると、言われた通りにやらないといけないというプレッシャーも感じていますが、そこをうまくすり合わせて1つの動画に反映させた方が、…絶対お互いのメリットになると思うんです!
なので、そこで妥協せず、しっかりと進めて行くべきかなと思いながらお仕事を受けています。


--かよこやざきさんから実際にいただいたタイアップ動画の企画書を拝見したのですが、しっかり書いていらしてて、すごくありがたかったです。それに、かよこさんの動画を見ている一視聴者としてはこの動画なら見たい!商品が欲しくなると思わず思いました(笑)

本当ですか?そう思っていただけて嬉しいです。

 --広告主・代理店に対してお願いがあるとしたら…

数あるクリエイターの中から選んでいただいたと思うと、とてもありがたいと思っているのですが、
クリエイターの良さを使わないと意味がないと思っています。
企画はある程度すり合わせて柔軟にしていただけた方が、こっちも身が入ります!

クリエイターにとっても動画は我が子のような存在と思って発信しているので(笑)

--実際に今まで受けてきたお仕事の中で厳しいお客様はいらっしゃいましたか?

そうですね。あんまり、訴求ポイントが多かったり細かい指定があると、
ショッピング番組の司会のようになってしまって、クリエイターのクリエイティビティが活きない気がします。

成分の説明はもちろんですが、一般の方にとっては素直な使用感ですとか、商品の見た目の情報も大事だと思っていてやきもきしたことはあります。
人それぞれですけれど構成等をしっかり固められた分、クリエイティブに注力できたりするのでありがたいです。

また、インタビュー冒頭に戻っちゃいますが、常識であったりわからないことが多いので、わからないままで動画を作ってしまうよりは、ダメなものをダメと教えていただけるのは、おっちょこちょいな私にはありがたかったです(笑)

--正直、今回のお仕事はどうでしたか?

正直にいうと…とても楽しかったです。提供というと、縛りがあってクリエイターの要望の大半がNGとかあると思うんですけれど、
私の要望も受け入れてくださって、普段の動画と変わらないしっかりとした構成で作れました。
私も終わった時に「いい仕事ができた」とスッキリしました(笑)

親身な対応と双方の立場を熟知したスタッフのアドバイス、
提携クリエイターのメリットはクリエイティブに専念できること

--ちなみに提携クリエイターにご登録いただいた理由を教えていただいても良いですか?
私がいうのもあれですが、無名のサービスであったり、馴染みのない会社のご登録に抵抗がある方は多いかと思ったのですが…

自分ひとりで活動していると色々な業者さんからお誘いいただくことが多くて、その中で丁寧で好印象だったからです。言い方が上から目線かもしれませんが(笑)

個人でやっているので、きちんと目利きしなきゃと常に思っていて精査をしているのですが、社員の方がコミュニケーションをしっかりとってくださり、信頼ができました。

何より、私のチャンネルを見てお仕事を託してくださっていることもわかったので、そういった方とお仕事を一緒にできるなら、パートナーとして、私も何か力になれれば是非と思って登録を決めました。

--ありがとうございます。今後も丁寧なコミュニケーションで励みます。
お仕事を進めた上で何か感じたことはありますか?

そうですね。要点をまとめてメールで共有してくださることや、資料の作成であったり、私のできない部分もしっかりフォローしてくださって、クリエイティブ(動画)に注力できました。

広告主との交渉ごとは不慣れな点も多いので、クリエイターのことも広告主の都合もわかって折衷をつけてくださる立場の大人がいることはとても安心しました。
広告主とのやり取りや事務作業に困っているクリエイターも多々いると思うので、そういった方におすすめだと思います。

KIPPLEの育成、ハイブランドとのコラボ、
オリジナル商品のプロデュース、野望は無限大

--今後のかよこさんの野望といいますか夢は?

本当にいっぱいありまして…YouTuberという枠組みにとらわれず、今後はクリエイターとして画投稿やお仕事をしていきたいと思っています。自分がプロデュースをしたコスメを作るというのが1つの目標です。

また、普段好きで着ているブランドさんとのコラボだったり、デパコスの案件もいつか受けてみたいです!ブランドの中に入って1つの商品のプロデュースに携わるようなクリエィティブな仕事が理想です。

あとはチャンネル登録者が一万人になった頃にスタートした、KIPPLE(キップル)というアクセサリーブランドの運営も頑張りたいです。当時は実際にどのくらい反応があるか恐々しつつも、ちょっとずつ模索していて軌道に乗ってきているので…。KIPPLEの目標だと、買い付けではなくて、今後はオリジナルアクセサリーを展開していくことが目標です

他にもこう、リップに特化したコスメブランドもチャレンジしたいです!特に渋いカラーで、あの…逆にないですよね?

--ないと思います。

よかったです。

--リッププロデュースのお仕事がきたら、真っ先にかよこさんにご相談させていただきますね。

そうですね、もう、ぜひぜひ!
でも、コスメの案件は本当にやりたくて。ご紹介お待ちしております。

--最終目標は、自分のお店をもつこと?それとも商品を作ることでしょうか?

プロデューサーとしてマルチに活躍したいと思っています。自分のブランド運営もそうですし、動画・写真撮影もできますし、夢のコスメプロデュースも、ともかく幅広くやっていきたいですね。

 --最後に何か伝えたいことは?

衣食住が自分の心の豊かさを支えていると思っています。その中でも私は特に「衣」にあたるファッションやアクセサリーの部分を大切にしていきたいと考えて、クリエイター活動をしています。

あとKIPPLEの宣伝を笑
立ち上げあげたブランド「KIPPLE」もその1つです。

KIPPLEというのは《ガムの包み紙や、空のマッチ箱、昨日の新聞とか、そういう役に立たないもののこと》という意味の言葉です。誰かにとっては役に立たないと思っているものでも、誰かにとっては必要なものかもしれません。

日々新しいものが沢山生まれ、モノで溢れている現代だからこそ、自分が本当に欲しいものを誰かの価値観ではなく、自分の目で自分の感性で選べる人になりたい…そんな思いでこの名前をつけました。

色々な国から買い付けしたり、行った一箇所一箇所で受けたインスピレーションをデザインに反映させた商品も出したいです。色々な国の誰かがいらないと思ったものは、誰かにとって宝物であったり必要なものだと思っているので、その過去の宝物たちを持ち帰って広めていきたいと思っています。

この間行ったフランスの物も入っていくるので、ぜひ、楽しみにしていてください!

 --ありがとうございました!

 

 

■かよこやざきさんについてはこちら

・YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCIi-xj_h3-H3EqFSTpKf78g
・Instagram:https://www.instagram.com/kayoko_0314

■提携クリエイターについてはこちら

 

 

 

 

 

公式アカウントをフォローして最新情報をGET

この記事を書いた人

かむなび編集部

kamui tracker公式ブログのライターです。 YouTuberやYouTubeマーケティングの担当者へ向けて、お役立ち記事を発信します。

貴方のYouTubeチャンネルを成長させよう

YouTube上のプロモーションをデータで支援

法人向けサービスお問合せ

このカテゴリの最新WHAT'S NEW

この記事へのコメントCOMMENT