【2019年版】動画広告種類と特徴を紹介!商材にあった最適な広告とは

【2019年版】動画広告種類と特徴を紹介

この記事では、動画広告の種類と費用について紹介しています。

それぞれの特徴を生かして、今後の施策にご活用ください!

動画広告のメリット

まず動画広告の掲載を検討されている方に、まず動画広告のメリットを紹介していきます。

サイバーエージェントの調査によると、スマートフォン動画広告の需要は昨年対比143%の成長を遂げ、動画広告市場全体の85%に達するそうです。

中でもインストリーム広告およびインフィード広告は、需要が高く今後の伸びていくと言われています。現在の傾向としては、大手企業によるインストリーム広告の需要が拡大しているようです。

またYouTuberをキャスティングしてのタイアップ動画広告なども増加しており、こちらもかなり多くの企業が注目しているようです。

今後も動画広告は伸びていくと思われるので、最新の情報を確認上で、自分達にあった方法で施策を試してみてはいかがでしょうか。

動画広告種類

動画広告は、「インストリーム広告」、「インリード広告」、「インバナー広告」、「オーバーレイ広告」の4種類あります。
また動画広告の1つとして、最近注目されているのは「YouTuberを活用した動画広告」になります。

では、それぞれ詳しく紹介していきます。

インストリーム広告

インストリーム広告は、「動画内で再生される広告」のことを指します。
分かりやすい例を出すとYouTubeの広告だと思います。

インストリーム広告の中にもいくつか種類があり、それぞれ流れるタイミングが異なったり、スキップ有無などを選択できます。

インリード広告

インリード広告は、1番新しい動画広告でWebページをスクロールして動画広告が画面に表示された瞬間から動画が再生されるものになります。

画面に表示されると自動で再生されるのが最大の魅力になります。

インバナー広告

インバナー広告は、ディスプレイ広告枠に配信される動画広告のことを指します。
動画サイト以外にも掲載できるのがインバナー広告で、動画サイトをあまり利用していないユーザーに対しても配信することができます。

オーバーレイ広告

オーバーレイ広告は、Webブラウザの一定の位置に固定して表示される広告のことです。
ページに重なるように表示されるので、Webページのスクロール操作に影響受けず、常にブラウザの最上部や最下部に広告が表示されます。

YouTuber動画タイアップ広告

YouTuberにお仕事依頼をし、YouTubeチャンネルを起用して動画広告を作成することをYouTuberタイアップもしくはYouTuberキャスティングと言われます。

近年インフルエンサーを活用するインフルエンサーマーケティングが増加しており、YouTuberの存在はテレビやニュースで耳にすることも多いと思います。

現在様々なジャンルを投稿しているYouTuberがおり、PRしたい商材と抱えているユーザー層がマッチングする方に仕事を依頼し、YouTubeを通じてPRすることで認知拡大や販売促進を狙うものになります。

YouTuberとは、YouTubeで動画投稿をし、広告収入を得ている人のこと指しますが。YouTuberはYouTubeで様々なジャンルの動画を投稿しており、それはゲームや美容、おもちゃ、ハウツー、教育など、多岐にわたります。

YouTube動画広告|どの広告がいいの?利益最大化させる方法 | YouTube総合情報メディア かむなび世界最大の動画共有サービス「 YouTube」。 その存在は年々大きくなっています。今や若者にとって欠かせない存在となり、老若男女問わず多くの方が日常的に視聴しています。 動画を使った広告は、画像・静止画だけの広告と比較して、数千倍の情報をユーザーに伝えることができるとされます。 商品・サービスの特徴、メリットを伝えるにも、より効果的な方法です。 …

最適な動画広告を選ぼう

様々な動画広告について紹介しましたが、みていただいた通り特徴や用途が異なります。

まずは商材にあった動画広告を探すことから始め、色々なパターンを試して最善な形を模索していきましょう。

公式アカウントをフォローして最新情報をGET

この記事を書いた人

貴方のYouTubeチャンネルを成長させよう

YouTube上のプロモーションをデータで支援

法人向けサービスお問合せ

このカテゴリの最新WHAT'S NEW

この記事へのコメントCOMMENT