YouTube動画広告|どの広告がいいの?利益最大化させる方法

世界最大の動画共有サービス「YouTube」。
その存在は年々大きくなっています。今や若者にとって欠かせない存在となり、老若男女問わず多くの方が日常的に視聴しています。

動画を使った広告は、画像・静止画だけの広告と比較して、数千倍の情報をユーザーに伝えることができるとされます。
商品・サービスの特徴、メリットを伝えるにも、より効果的な方法です。

YouTubeを視聴することが習慣になりつつあるため、YouTubeならではの特徴を生かし、YouTubeで動画広告を出稿することは今後さらに注目されていくプロモーションのひとつでしょう。

そんなYouTube動画広告の種類や特徴などをご紹介します!

YouTubeとは

YouTubeは世界最大級の動画プラットホームです。
YouTuberという言葉が生まれ、YouTubeの広告益で生活している人も見かけるようになりました。

年齢問わずYouTubeはかなり身近なものになり、毎日視聴される傾向にあります。

ジャストシステムの調査によると、なんと「YouTube視聴者の約6割が、必ず更新を確認するYouTubeチャンネルがある」そうです。

多くの方が毎日習慣的に見ていることが判明されています。

YouTube日本国内利用ユーザー数は6200万人超

グーグルジャパンは、2017年はYouTubeの日本語版が提供されて10年目となり、日本における18~64歳のネット人口の82%がYouTubeで動画を視聴、月間ログイン視聴者数は6200万人だったと発表しました。
(参考: ユーチューブ、日本で10年 ネット人口の8割が視聴

ネット人口の8割以上が視聴しているとのことで、YouTubeの偉大さを感じます。

YouTube動画広告とは

YouTubeが多くに方にとって身近な存在なことは伝わったかと思います。
それでは、本題のYouTube動画広告についてご説明します。

YouTubeの動画広告には、TrueView広告と呼ばれる「TrueView インストリーム広告」、「TrueView ディスカバリー広告」と、TrueView広告を合わせて表示するとより効果的な「バンパー広告」があります。

また動画広告の1つとして、最近注目されているのはYouTuberをキャスティングした「YouTuberタイアップ動画広告」という新しい広告の形も増えています。

では、それぞれ詳しく紹介していきます。

TrueView インストリーム広告

YouTube動画広告,種類

インストリーム広告は、再生前、再生中、または再生後に動画広告が再生されます。ほとんどのインストリームは時間制限がなく、5秒閲覧するとスキップできるのですが、中にはスキップ不可のフォーマットもあります。

TrueView ディスカバリー広告

YouTube動画広告,種類

TrueView ディスカバリー広告は、動画ページの右側にある「関連動画」エリアや検索結果画面のトップに表示されます。
ユーザーの視聴している動画や検索結果と関連する動画が広告として配信される為、確度の高いユーザーに広告を配信することが出来ます。

バンパー広告

YouTube動画広告,種類

バンパー広告は、インストリーム広告と同じような仕組みですが、動画をスキップすることが出来ません。6秒間でいかに伝えたい情報を伝えるかがポイントになります。

上2つのTrueView広告と合わせて表示することでより効果を見込めます。

YouTuber動画タイアップ広告

YouTuberにお仕事依頼をし、YouTubeチャンネルを起用して動画広告を作成することをYouTuberタイアップもしくはYouTuberキャスティングと言われます。

近年インフルエンサーを活用するインフルエンサーマーケティングが増加しており、YouTuberの存在はテレビやニュースで耳にすることも多いと思います。

現在様々なジャンルを投稿しているYouTuberがおり、PRしたい商材と抱えているユーザー層がマッチングする方に仕事を依頼し、YouTubeを通じてPRすることで認知拡大や販売促進を狙うものになります。

YouTuberとは、YouTubeで動画投稿をし、広告収入を得ている人のこと指しますが。YouTuberはYouTubeで様々なジャンルの動画を投稿しており、それはゲームや美容、おもちゃ、ハウツー、教育など、多岐にわたります。

利益を最大化させる方法

今まで紹介したYouTube動画広告は、それぞれ役割や狙いが異なります。

どのようにPRしたいのか、視聴者に伝えたいのかなど目的に応じて使い分けるのが一番良いでしょう。

まずは基礎知識を学んだ上で商材にどの広告の種類があっているのかしっかり見極めましょう。

しかし、広告はチャレンジしてみて新たな発見もあるものです。
どれかに絞るのも大切ですが、優先度をつけてそれぞれチャレンジしてみるものひとつの手だと思います。

YouTube動画広告を検討している方はぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。
ターゲットなども細かく設定できますので、運用次第で大きな広告効果が期待できます。

動画SNSデータ分析ツール
「kamui tracker」

YouTubeデータを網羅し企業やクリエイターの活動をサポートする国内最大級の「YouTubeに特化」したデータ分析ツールです。

試用版を使ってみる

データと専門的な知見に基づいた
YouTuberキャスティング

貴社の商品・サービスに合ったYouTuberの選定から、企画の立案、実施後の振り返りまでをワンストップで行ないます。

相談してみる

このカテゴリの最新WHAT'S NEW