Facebook動画広告とは?効果のある広告はどれなの?

Facebook動画広告とは

Facebookの動画広告には、たくさんの種類があることをご存知でしょうか?

近年動画広告市場は大きく拡大し、多くの企業から注目されています。
動画での訴求できる情報量は非常に多く、実際に広告効果があったという声も多く耳にします。
そんな注目の動画広告の中でも今回はFacebookについて着目してみました。

この記事では、5種類のFacebook動画広告を紹介しています。
Facebookで動画広告をご検討の方は、ぜひ参考にしてみてください。

Facebook動画広告とは

Facebookは幅広い年齢層から利用されており、多くのユーザー数を抱えているため、広告の手段としてもかなり効果が見込める可能性があります。

またFacebookはビジネス繋がりのひとつとして活用されることが多く、ビジネス関連の広告を出すのに最適だと思われます。

Facebook動画広告の特徴

Facebook広告は、精度の高いターゲティングをすることが可能です。

性別や年代だけでなく、趣味や繋がりから詳細にターゲットの設定をすることができるので、企業は非常に効率的にターゲットに広告を配信することができます。

Facebook動画広告の種類

実はFacebook動画広告にはたくさんの種類があります。

それぞれ掲載箇所が異なるので、まずはどこに掲載できるのか確認しておきましょう。

Facebookニュースフィード

デスクトップニュースフィードに掲載される広告です。

ニュースフィードに大きく掲載されるので目に留まりやすく、興味関心を引くものだといいねやシェアから拡散されることもあります。

Facebookインスタント記事

インスタント記事はモバイルに最適化されたフォーマットです。
これを使うと読み込み速度の速いインタラクティブな記事を配信できます。

Facebookインストリーム動画

Facebookで動画を視聴している利用者に対して配信できる広告になります。

Facebookストーリーズ

Facebookのストーリーズに配信される広告です。

Facebook Marketplace

Marketplaceのホームページもしくは、モバイル端末のFacebookアプリでMarketplaceを閲覧している人に表示される広告です。

Facebookには広告掲載場所が多く存在します。訴求する内容を踏まえて最適な掲載場所を選びましょう。

Facebook動画広告をおすすめする理由

ここまでFacebookの動画広告についてご紹介してきましたが、近年一番注目されている広告が動画広告です。
どの媒体でも動画を使った広告は増え始め、大手企業を中心に広がり始めています。

スマホユーザーの普及とともに動画が視聴者にとって身近なものとなり、訴求できる情報量も多いのが魅力です。

動画広告自体もユーザーにとって違和感なく受け入れられてきているので、今後動画広告が増え、メイン広告になるかもしれませんね。

その他おすすめの動画広告

動画広告には、他にも様々な媒体や種類が存在します。
ひとつの媒体にこだわるのではなく、複数の広告を出すことでより効果が見込めます。

気になった方は、ぜひ下の記事もご覧ください。

【2019年版】動画広告種類と特徴を紹介!商材にあった最適な広告とは | YouTube総合情報メディア かむなびこの記事では、 動画広告の種類と費用について 紹介しています。 それぞれの特徴を生かして、今後の施策にご活用ください! まず動画広告の掲載を検討されている方に、まず動画広告のメリットを紹介していきます。 サイバーエージェントの調査によると、スマートフォン動画広告の需要は昨年対比143%の成長を遂げ、動画広告市場全体の85%に達するそうです。 …

公式アカウントをフォローして最新情報をGET

この記事を書いた人

貴方のYouTubeチャンネルを成長させよう

YouTube上のプロモーションをデータで支援

法人向けサービスお問合せ

このカテゴリの最新WHAT'S NEW

この記事へのコメントCOMMENT