【要確認】子ども向けコンテンツ規約変更

2020年1月6日に子ども向けコンテンツの規約が大きく変更されました。
YouTubeの一部の機能が使えなくなったり、広告の表示が制限されたりします。

子ども向けコンテンツを配信している方には、かなり大きな影響があったようで今までの広告収入より大幅に減少したと話題にもなっています。

この記事では、今回子ども向けコンテンツの規約変更内容や確認・設定すべきこと、今後チャンネルを解説する際に注意点などをご紹介します。

YouTube子ども向けコンテンツ規約変更

今回変更された規約は大きく3つあります。以下、YouTubeヘルプからの抜粋です。

  • コンテンツが子供向けに制作されたもの(子供向けコンテンツ)である場合、クリエイターは YouTube に申告する必要があります。
  • 子供向けコンテンツと分類されたコンテンツでは、分類したのがクリエイターなのか YouTube なのかを問わず、パーソナライズド広告の掲載を停止します。
  • 子供向けコンテンツでは、コメントなどの一部の機能が利用できなくなります。

上記規約の変更により、子どもチャンネルを運用している方はYouTubeに申告する必要があります。
申告方法や注意点なども詳しく紹介していきます。

子ども向けコンテンツはYouTubeに申告する

今回変更された規約の中でクリエイター側が設定する必要があります。
YouTubeは、子ども向けコンテンツかを判断するために機械学習も利用しています。

また以下をコンテンツの要素が多いチャンネルは、子供向けコンテンツとして認識されるようです。

  • 子供もしくは子供のキャラクター。
  • 人気の子供向け番組やアニメ キャラクター。
  • 子供のおもちゃを使用したお芝居や物語。
  • ごっこ遊びや創作遊びなど、子供が主役の一般的な遊び。
  • 子供向けの人気の歌、物語、詩。

上記に値するチャンネルを運用しているクリエイターの方だけでなく、視聴者が子どもの場合は、必ずYouTubeに申告が必要になります。

実施に配信しているクリエイターの皆さんのほうが、子ども向けコンテンツかどうかの判断出来るかと思いますので、基本的にはクリエイターの皆さんが申告するようにしましょう。
仮に子ども向けコンテンツを配信していて申告をしていない場合は、なんらかの措置が講じられる可能性もあるそうなので注意してください。

子どもコンテンツを配信している方は、チャンネル開設後なるべく早めに申告しましょう。

子ども向けコンテンツはパーソナライズド広告が掲載されない

今回の規約変更で一番大きな影響を与えたのは、「子ども向けコンテンツはパーソナライズド広告が掲載されない」と言うことです。

パーソナライズ広告とは

パーソナライズド広告(旧「インタレスト ベース広告」)は、ユーザーと広告との関連性を高め、広告費用対効果の改善に力を発揮するツールです。オンラインのユーザーデータをもとに、より関連性の高い内容の広告をユーザーに表示することで、ユーザーと広告主様の双方にとって優れたエクスペリエンスを実現します。

簡単に説明しますと、ユーザーが興味のある商品やサービスに関する広告を表示してくれる機能です。

チャンネルにもよりますが、パーソナライズ広告が多く表示されている割合は多く、パーソナライズ広告が掲載されないことによる収益の変動はかなり大きいようです。

子ども向けコンテンツは一部機能が使えない

子ども向けコンテンツと判断、もしくは設定した場合は、コメント欄などの一部の機能が使えなくなります。

使えなくなる可能性のある機能は以下になります。
多くの機能が使えなくなる可能性があり、クリエイターにとってダメージは大きいですね。

  • コメント
  • チャンネルメンバーシップ
  • チャンネルの画像・ロゴの透かし
  • 情報カードまたは終了画面
  • チャット
  • ミニプレーヤーでの再生
  • Super Chat(スパチャ)
  • 再生リストに保存

子ども向けコンテンツの今後について

様々な規約の変化があった子ども向けコンテンツですが、YouTubeはすでにYouTube Kids の世界中のコンテンツのために、 3 年間で1億ドルを投資する予定と発表しています。

具体的なことは発表されていませんが、子ども向けコンテンツはどうなっていくのか気になりますね。

今後子ども向けコンテンツの運用を考えている方は要チェックです。新しい情報がありましたら、随時更新していきます。

公式アカウントをフォローして最新情報をGET

この記事を書いた人

貴方のYouTubeチャンネルを成長させよう

YouTube上のプロモーションをデータで支援

法人向けサービスお問合せ

このカテゴリの最新WHAT'S NEW

この記事へのコメントCOMMENT