【YouTube規約変更】子ども向けコンテンツ申告方法

子ども向けコンテンツ申告方法

2020年1月6日に子ども向けコンテンツの規約が大きく変更されました。

今回の規約変更により、子ども向けコンテンツを配信しているチャンネルはYouTubeに申告が必要になりました。

この記事では、子ども向けチャンネルを配信している人向けに必要な申告とその方法を紹介します。

申告をしないとYouTubeからペナルティが発生する場合もあるようなので注意しましょう。

子ども向けコンテンツ規約変更内容

今回子ども向けコンテンツで変更された規約内容をご紹介します。

  • コンテンツが子供向けに制作されたもの(子供向けコンテンツ)である場合、クリエイターは YouTube に申告する必要があります。
  • 子供向けコンテンツと分類されたコンテンツでは、分類したのがクリエイターなのか YouTube なのかを問わず、パーソナライズド広告の掲載を停止します。
  • 子供向けコンテンツでは、コメントなどの一部の機能が利用できなくなります。

大きな規約変更は上記3つになります。
詳しい内容や説明は、別記事で紹介しておりますのでご覧ください!

子ども向けコンテンツ申告方法

今回変更された規約の中でかなり重要な部分になります。

YouTubeは、子ども向けコンテンツかを判断するために機械学習も利用しています。その判断と個人の申告をふまえて、子ども向けコンテンツと判断されていくようです。

YouTubeも判断してくれますが、基本的には実施に配信しているクリエイターのほうが、子ども向けコンテンツかどうかの判断出来るので申告するようにしましょう。

仮に子ども向けコンテンツを配信していて申告をしていない場合は、なんらかの措置が講じられる可能性もあるそうなので注意してください。

YouTubeチャンネルを子ども向けコンテンツと申告する方法

それでは、申告方法をご説明します。

YouTube Studio(https://studio.youtube.com/) にログインします。

左のバーの[設定]から[チャンネル]のタブの[詳細設定]をクリックします。

すると「チャンネルを子ども向けとして設定しますか?」という画面が表示されるので、「はい、このチャンネルを「子ども向け」として設定します。いつも子ども向けコンテンツをアップロードしています。 」にチェックをいれて[保存]しましょう。

これでチャンネルの設定は完了です。

動画ごとに子ども向けコンテンツと設定する方法

先ほどチャンネル全体を子ども向けチャンネルに変更する方法をご紹介しましたが、動画ごとにも設定できるようになっています。

チャンネルによっては動画ごとに視聴層が違う可能性もございますので、ぜひこちらの方法もご活用ください!

動画ごとの視聴者設定は、「動画をアップロード」する時、もしくは動画の「詳細」から出来ます。

子ども向けコンテンツを配信している方は、YouTubeの規約をしっかり守り配信しましょう!

公式アカウントをフォローして最新情報をGET

この記事を書いた人

貴方のYouTubeチャンネルを成長させよう

YouTube上のプロモーションをデータで支援

法人向けサービスお問合せ

このカテゴリの最新WHAT'S NEW

この記事へのコメントCOMMENT