YouTube企業案件を受けるときの注意点

この記事では、YouTube企業案件を受けるときの注意点を紹介します。

初めて案件を受ける方や今後案件を受けようと考えている方はしっかりチェックしておきましょう。

YouTube企業案件を受けるときの注意点

YouTube企業案件を受けるときの注意点は、大きく4つあります。
ひとえに企業案件といっても様々なケースがあるので、状況に応じて判断ができると良いでしょう。

案件を受ける企業の信頼度を確認

案件を受ける場合にまず気をつけるべきは依頼主が信頼できるか判断することです。
まれに報酬未払いでばっくれられたというケースもあるようなので、まず受ける前にしっかり依頼された企業の情報は調べておきましょう。

またしっかりしている企業はYouTuberと規約を結ぶ場合が多いです。
規約に報酬のことやプライバシーに関することなど記載されているので、締結する場合もしっかり読んで自分の損のある条件になっていないかしっかり確認する必要があります。

動画内容や訴求ポイント、投稿日の確認

企業案件は、企業から商品やサービスの紹介を頼まれるのですが、その際に様々な要望があります。動画の構成や企画の指定や、必須文言など、案件によってこの条件は異なります。

基本的にはYouTuberのチャンネルイメージに合わせてくれる企業も多いですが、要望が多い企業も存在します。調整次第では、色々変更してくれる場合もありますので、チャンネルのイメージを損なわない案件動画になるように意識することをおすすめします。

案件ごとに条件や内容を先に確認してから案件を受けるようにしましょう。

報酬の受け取り方法

多くの場合は、成果報酬になるので動画が投稿された後に報酬をもらうパターンが多いです。
報酬については、依頼された企業のルールに合わせて支払いが行われます。報酬の件で揉め事が起きないように事前に確認しておきましょう。

場合によって先払いを対応してくれる企業もあるようなので、その辺を含めてあらかじめ相談しておくのが良いでしょう。

所得税の支払い、確定申告などの準備

学生や副業でYouTuberをやっている場合、ある一定の所得を超えると確定申告する必要があります。実際に行うのは年に一回ですが、請求書や領収書の管理をしっかりして事前に準備しておくことをおすすめします。

企業案件を理解した上で受けよう

企業案件は依頼がくるようになるととても嬉しいものですが、中には危険なことや知らないと損することも多いので事前にしっかり知識をつけておくことが大切です。

この記事で紹介したことはあくまでも個人で企業案件を受ける場合の注意点になります。

事務所に所属することですべての作業を事務所がになってくれるので、そういう意味ではとても安心です。右も左もわからない状態で企業案件が欲しいという場合は、短期間だけでも事務所に所属しても良いと思います。

公式アカウントをフォローして最新情報をGET

この記事を書いた人

貴方のYouTubeチャンネルを成長させよう

YouTube上のプロモーションをデータで支援

法人向けサービスお問合せ

このカテゴリの最新WHAT'S NEW

この記事へのコメントCOMMENT