新型コロナウイルスの影響によるYouTube上でのトレンドを調査

新型コロナウイルスの影響で外出自粛要請が出ています。今までは外で撮影しているYouTuberも多くいましたが、お家で出来ることや動画を見ながら一緒に楽しめるコンテンツを配信するようになりました。

この記事では、トレンドのキーワードとなっている「うちで過ごそう」「StayHome」「家で一緒にやってみよう」などが含まれている動画本数の調査結果をご紹介します。

YouTube上のトレンド調査結果

本調査はkamui tracker独自のデータを元に調査したものになります。

<調査方法>
・日本国内のチャンネル登録者数1,000人以上のYouTubeチャンネルを対象とした
・「うちで過ごそう」「StayHome」「家で一緒にやってみよう」のいずれかのキーワードが動画タイトルまたはタグに含まれている動画の本数を日別に集計した

新型コロナウイルスの影響によるYouTube上でのトレンドを調査

3月27日(金)頃から動画本数が急増し、4月3日(金)にはさらに増加していることがわかります。

主な出来事

YouTubeに投稿された「うちで過ごそう」「StayHome」「家で一緒にやってみよう」に関わる出来事をまとめてご紹介します。

YouTube Japan 公式チャンネルの呼びかけ

3月27日(金)、YouTube Japan 公式チャンネルが「#家で一緒にやってみよう」という動画を出し、このテーマで作られた動画を再生リストで多数紹介しています。
視聴回数は約780万回となっています。

HIKAKINさんの若者へ向けた動画

3月28日(土)、HIKAKINさんが「若いみんなへ、ヒカキンより。」という動画の中で、若者へ外出自粛を促しました。
この動画はSNS上で大きな話題になり、新聞にも取り上げられるなど反響を呼びました。
視聴回数は約510万回となっています。
ちなみにHIKAKINさんはその後も、「店員さんに優しくしてあげよう。」「#うちで過ごそう」(HikakinBlog)などの動画を出しています。

渡辺直美さんの「一緒にディナーしよ」

渡辺直美さんが、3/28(土)から4回(執筆時点)にわたり「一緒にディナーしよ」というライブ配信をしています。
家から出られないと寂しくなるものですが、渡辺直美さんのキャラクターで楽しくなってしまうようなライブ配信です。
4動画とも視聴回数は100万回を超えています。

江頭2:50さんが熱く訴えかける動画

4月1日(水)、芸人の江頭2:50さんが普段と打って変わって真面目な口調で外出自粛を訴えかける動画を出しました。
コメント欄も共感や称賛の声が多数寄せられています。
視聴回数は約191万回となっています。

今回の調査からは、YouTube上の動画は世の中の流れをいち早く映し出すものであるということがわかりました
自粛から早1ヶ月が経過しますが、「うちで過ごそう」などが含まれている動画は日々投稿されています。3つのキーワードを含んでいない動画でも、多くのYouTuberが同様のメッセージを含む動画を投稿しています。
企業のプロモーション活動においても、こういった世の中の流れを汲んだ取り組みが求められるでしょう。

“”

公式アカウントをフォローして最新情報をGET

この記事を書いた人

貴方のYouTubeチャンネルを成長させよう

YouTube上のプロモーションをデータで支援

法人向けサービスお問合せ

このカテゴリの最新WHAT'S NEW

この記事へのコメントCOMMENT