YouTubeのクリック率を上げる方法

YouTubeの分析ツールにあるクリック率を確認したことがありますか?

この記事では、クリック率を確認する方法や仕組み、クリック率の数値から分かる改善点などを紹介します。
公開した動画がより多く再生されるように、分析ツールを利用して動画作りに役立ててみましょう。

クリック率とは

YouTubeには、独自のシステムで視聴者の好みに合わせてホーム画面や関連動画、次の動画などにサムネイルを表示させておすすめする機能があります。

クリック率とは、YouTubeがおすすめした動画サムネイルを何%の視聴者がクリックし、視聴したかを表す指標のことです。CTR(Click Through Rate)とも呼びます。

動画が視聴される経路は外部サイトのリンクから来る場合もあるため、全視聴データの一部分と捉えましょう。

クリック率の確認方法

クリック率は、YouTubeのアナリティクスから簡単に確認できます。確認できるのは動画公開から数時間後が目安です。

【確認手順】

  1. YouTube Studioにログインします。
  2. 左側のメニューで [アナリティクス] を選択します。[アナリティクス] はPC上では左のツールバーに表示されます。
  3. ページの上部で [リーチ] を選択します。

クリック率の仕組み

クリック率を見る時は、どの画面でインプレッションされたものを視聴してくれているのかトラフィックソースを確認しましょう。視聴者のトップページに表示されるとクリック率は低くなり、チャンネルページに表示されているとクリック率は高くなります。

また動画をアップロードした直後は、ファンやチャンネル登録者が見るのでクリック率が高くなる傾向にあります。その後減少して安定する流れが一般的ですが、視聴回数が100回未満の動画や新規チャンネルではこの流れに当てはまらないこともあると覚えておきましょう。

クリック率の目安と目標

YouTube公式ページによると、インプレッションされた時のクリック率平均は2~10%の範囲です。クリック率が低いと、サムネイルとタイトルが視聴者に響いていない可能性があります。

参考:インプレッション数とクリック率を確認する – YouTube ヘルプ

サムネイルとタイトルが動画の内容と合っているのか、視聴者が見たいと思うような内容になっているかを確認してみましょう。

YouTubeのクリック率を上げる方法

クリック率を上げると、視聴回数や再生時間が増えることがメリットです。クリック率を上げるためにできる2つの方法を紹介します。

サムネイルを工夫する

サムネイルは視聴者の興味を引く目立つことができるものが良いでしょう。サムネイルを工夫するポイントは3つあります。

  • 文字
  • 画像
  • 配色

文字数は8~10文字くらいが見やすく、大きくスマホでもはっきり読めるサイズで作ります。
タイトルのまま入れるのではなく、メインとなるキーワードを入れぱっと見たときに何の動画か一目で分かるようにすると良いでしょう。

<参考例>

使用する画像は画質がきれいなものを選び、人の顔や動物がメインの場合ははっきり分かるように注意し、文字を被せないようにしてください。配色は彩度の高い暖色系(赤・オレンジ・黄・ピンク)や明るい色を使うのがおすすめです。

<参考例>

タイトルを工夫する

タイトルを付けるときの文字数はYouTubeでは60文字を推奨していますが、30文字前後がおすすめです。

なぜ30文字が目安なのかというと、スマホで見たときには25~27文字くらいまでしか表示されず、PCで見ると30文字くらいまで表示され、視聴するブラウザによって変わるからです。

スマホで確認する視聴者も多いため、スマホで表示できる25文字までに重要なキーワードを頭から順に入れて作りましょう。

<参考例>

タイトルを付けるときに注意しなければならないのが、クリックベイトに該当しないようにしないといけません。クリックベイトとはいわゆる「釣り」と呼ばれるもので、視聴者にクリックさせるために不適切なサムネイルやタイトルを付けることです。

動画の内容と違うタイトルを付けることや、過激な内容や下品な内容の動画が不適切な動画に該当します。YouTubeのガイドライン違反だと認められるとサムネイルが削除され、警告を受けることになりますので注意しましょう。

動画タイトルの付け方について、「コピーライティング」の観点から考えることも有効です。その際のポイントは以下の3つです。

  • 動画を見て視聴者が何を得られるのか利益になる分かる
  • 数字を使い内容に具体性を出す
  • 常識とは反対の考えや普段のパターンとは違う意外性を入れる

視聴者の利益になることというのは、タイトルを見てどんな内容の動画か分かるようにすることです。例えば「コンビニで買えるダイエット向けおやつ」や「猫背を改善させる方法」などです。

次に具体的な数字とは、上記の例に追加して考えてみましょう。「コンビニで買えるダイエット向けおやつベスト5」や「たった5分で猫背を改善させる方法」となります。「コンビニで変えるダイエット向けおやつベスト5」なら覚えるのは5つだけで良いと分かりますし、「たった5分で猫背を改善させる方法」も5分だけなら見てみようと思うでしょう。

最後に意外性を出したい場合、常識とは反対の「早起きは体に悪い」とか、いつもと違うパターンで「ご報告があります」などのようなタイトルがあります。こういうタイトルを使う時は視聴者に「おや?」と思わせられる反面、奇をてらったような動画と受け取られかねないこともあるので、動画の内容としっかり合っているかが重要です。

タイトルを付けるときには、このようなコピーライティングの考え方も参考にしてみてください。

まとめ

動画のクリック率を確認することは、サムネイルやタイトルを見直したほうがいいかどうかの基準に使えます。サムネイルを変えた後も、引き続きクリック率の反応を確認していくのが良いです。

YouTubeの分析は最初のうちは数字の流れが見えなかったり、言葉にとまどったりすることも多いでしょうが、良い動画を作るためのツールになります。YouTubeのアナリティクスを使って今後の動画作りに役立ててみてください。

動画SNSデータ分析ツール
「kamui tracker」

YouTubeデータを網羅し企業やクリエイターの活動をサポートする国内最大級の「YouTubeに特化」したデータ分析ツールです。

試用版を使ってみる

データと専門的な知見に基づいた
YouTuberキャスティング

貴社の商品・サービスに合ったYouTuberの選定から、企画の立案、実施後の振り返りまでをワンストップで行ないます。

相談してみる

このカテゴリの最新WHAT'S NEW