YouTubeでアカウントBANされないために気を付けること

YouTubeでは利用者の拡大や社会への影響力が大きくなるとともに、健全ではないコンテンツへの目が厳しくなってきています。

場合によっては「アカウントBAN」と呼ばれる措置がなされることもあり、法人の運営するチャンネルであれば、事業や企業の信頼に大きな影響をもたらす可能性があります。

どのようなコンテンツが規制の対象となるのか、また万が一アカウントBANされてしまったときの対処法など、法人でチャンネル運営する際に注意したいことを見ていきましょう。

アカウントBANとは?

アカウントBANとは、正確には「Account Banishment」に由来し和訳すると「アカウントの追放」です。YouTubeのアカウントBANというのは、YouTubeからガイドラインを守っていないと判断されるとアカウントの停止が起きます。「アカウントBAN」や「BAN(バン)」、「垢(アカ)バン」などと俗に使われることが多いです。

ちなみにYouTubeの公式ページではこのような表現はしていません。ユーザー間のみで使われているネットスラングです。

アカウントBANの警告段階ではYouTubeに問題と判断された動画が削除されたり、利用制限のかかるペナルティを受けたりすることがあります。

アカウントBANされるとどうなる?受けるダメージ

法人で運用しているYouTubeチャンネルがアカウントBANされた場合、まず不適切な動画があったと思われ、企業イメージが悪くなることが挙げられます。

アカウントBANになると動画投稿やライブ配信ができなくなるペナルティを受けます。更新されないとせっかく育ててきたチャンネルから、登録をしてくれているファンが離れることも考えられるでしょう。

さらに問題があると判断された動画はYouTubeから非公開になることがあります。企業のホームページなどにYouTube動画を埋め込んで作っている場合には、リンク先が消えてホームページの閲覧者から見えなくなるなどのトラブルが起こることも考えられます。

誤アカウントBANのケースも

誤ってYouTubeにアカウントBANされることもあります。略して「誤バン」と言われる事象ですが、本来アカウントBANされる対象ではないのに、アカウント停止されてしまうことです。

誤バンが起きる原因としては、YouTubeは自動で対象か否かを判断しているためです。次で紹介するアカウントBANされる理由に心当たりが無ければ、後述する再審査請求で対処しましょう。

アカウントBANされる理由

アカウントBANされる理由は、コミュニティガイドライン違反と著作権侵害の大きく2種類に分けられます。

コミュニティガイドライン違反と判断された場合

YouTubeのコミュニティガイドラインとは、YouTubeが健全なメディアを維持するためのコンテンツ制作基準です。このコミュニティガイドラインの指定する違反項目に抵触すると、アカウントBANされる恐れがあります。

YouTube公式ページによるチャンネルまたはアカウントが停止される理由

  1. 悪質な嫌がらせ行為(搾取行為、スパム行為、ポルノの投稿など)を 1 度でも行った。
  2. 各種コンテンツで、コミュニティ ガイドラインまたは利用規約の違反行為を繰り返した(攻撃的、差別的、中傷的な動画またはコメントを繰り返し投稿するなど)。
  3. ポリシーに違反する行為(ヘイトスピーチ、ハラスメント、なりすましなど)を主に行っているチャンネルまたはアカウントである。

参考:YouTubeヘルプセンター チャンネルまたはアカウントの停止

一番アカウントBANされるケースで多いのは、2つ目の「コミュニティ ガイドラインまたは利用規約の違反行為」に認定されるケースです。この他に武器を作るなどのいわゆる過激動画や迷惑動画を制作すると違反と見なされます。

著作権を侵害していると判断された場合

YouTubeでは以下のものを著作権の対象としています。

  • 音声と映像の作品(テレビ番組、映画、オンライン動画など)
  • サウンド レコーディングおよび楽曲
  • 執筆された作品(講義集、記事、書籍、楽譜など)
  • 視覚的作品(絵画、ポスター、広告など)
  • ビデオゲーム、コンピュータ ソフトウェア
  • 演劇作品(劇、ミュージカルなど)

YouTubeヘルプセンター 著作権とは

他人の制作したものを勝手に使用すると著作権侵害にあたるので、動画に載せないように注意が必要です。著作権所有者から申し立てを受けるケースや、YouTubeのシステムにひっかかり動画が非公開になってしまうことがあります。

YouTubeのシステムに関しては、動画制作者が意図せずコンテンツに含まれていたものや、うっかり見過ごすような点までチェックされることがあります。例えばインタビューした場所で流れていたBGM音源に、YouTubeのシステムが反応して著作権侵害とジャッジされたというケースです。

著作権侵害と判断できる有効な通知をYouTubeが受け取ると、法的根拠に基づいて該当コンテンツを削除します。また著作権侵害された人は著作権法に基づいて訴えを起こすことができるので、最悪の場合裁判に発展することもあり、企業イメージが悪くなってしまいます。著作権には細心の注意を払いましょう。

アカウントBANされるまでの流れ

アカウントBANはある日突然起こるケースや事前に警告をもらうケースがあります。どんなときには1回でアウトになり、どんなケースなら警告で済むのかを見てみましょう。

1回でアカウントBANになる場合

YouTubeのコミュニティガイドラインにある「悪質な嫌がらせ行為(搾取行為、スパム行為、ポルノの投稿など)」と判断された場合は、1回でアカウントBANになります。

よほど悪質と判断されるか、通報が多い場合には警告なくアカウントBANになることもあるようです。

警告が数回きてアカウントBANになる場合

アカウントBANされる流れとして多いのは、YouTubeから90日間で3回警告を受けてアカウントBANになるケースです。

事前警告がメールや通知で送られ、どのコンテンツがどのコミュニティガイドラインに違反しているのかを指摘されます。事前警告は初回の違反のみで、次回からは警告となりペナルティが付きます。

1回目の警告では、ペナルティは動画のアップロードやライブ配信などが1週間行えません。2回目の違反警告を1回目の警告から90日以内に受けると、動画の投稿が2週間行えなくなります。2週間何事も無ければ権限は復活し、2回の警告は発行されてから90日後に期限が切れます。

90日以内に3回目の違反警告をもらうとチャンネルがYouTubeから永久に削除され、この時点で問題のコンテンツを削除しても警告は解除されません。

アカウントBANされたときは再審査請求で対処

こちらに落ち度がないと思われる場合には、YouTubeに申し立てを行えます。その際には以下のサイトから必要事項を記入して、申し立てを行いましょう。

再審査請求の申し立てを行う場合はこちら→Google サービスにアクセスできない

引用元:Googleアカウントヘルプ ヘルプセンター

【必要記入事項】

  1. お客様の氏名
  2. YouTube チャンネルのログインに使用するメールアドレス
  3. Google からの連絡に使用できるメールアドレス
  4. 停止された YouTube チャンネルの URL
  5. チャンネルが誤って停止されたと思われる理由を簡潔にお知らせください。(1,000文字以内)

2は停止を受けたチャンネルにログインするためのアドレスです。3はYouTubeからの返答を受けたいメールアドレスを入力しますが、2と同じものでも構いません。

4は「https://www.youtube.com/channel」で始まるチャンネルのURLですが、停止されたらすぐに確認できないこともあります。どこかに保存してあればすぐに入力できるので、分かりやすいところに保存しておくと良いでしょう。

5の誤って停止された理由には、違反行為をしていないことや契約書などの証拠があればその用意があることなどを丁寧に記載しましょう。送信ボタンを押す前に、記載内容をコピーして保存しておくことも良いと思います。
ケースバイケースですが、早い人だと1時間ほどで返答がある場合や1週間から10日ほどかかる場合があります。

一つ注意しなければいけないのは、違反と指摘された動画をYouTubeから削除しないことです。動画を削除してしまうとYouTube側で再審査ができなくなってしまうので、警告を取り消してもらえなくなります。

アカウントBANされないための対策

絶対に安全という方法は存在しませんが、普段から注意しておくことはできます。アカウントBANされにくいチャンネルの運営方法について確認してみましょう。

健全なチャンネル運営をする

健全なチャンネル運営をしていれば、アカウントBANされるのを神経質に心配する必要はありません。著作権は細かくチェックする必要がありますが、コミュニティガイドラインで定められているものは、一般的な人の感覚で嫌悪感を覚えるものや不快に思うものばかりです。

特に法人の運営するチャンネルでは、より一層健全さが優先されます。誰でも安心して見れる動画作りを心がけていれば、アカウントBANされるリスクは少ないでしょう。

YouTubeやGoogleの利用規約は読んでおく

個人YouTuberと違って法人でチャンネル運用するなら、YouTubeのコミュニティガイドラインやGoogle広告ポリシーをよく読み、どんな動画やチャンネル運営がNGなのか事前に把握しておきましょう。

なぜGoogleの広告ポリシーを読む必要があるのかというと、YouTubeはGoogleの傘下にあるサービスで、Googleの広告ポリシーの影響を大きく受けるからです。利用規約等は更新されることがあり都度通知が来ますので、受け取ったら必ず目を通してください。

YouTubeコミュニティガイドラインはこちら → https://support.google.com/youtube/answer/9288567?hl=ja&ref_topic=6151248
Google広告ポリシーはこちら → https://support.google.com/adspolicy/answer/6008942?hl=ja

法人として気をつけるべきことまとめ

個人YouTuberとは違い、社会的な目が厳しい法人がチャンネル運営する場合は健全なコンテンツ作りが求められます。それでも警告を絶対受けないとは言い切れませんので、警告を受けても真摯に問題を解決していくしかありません。
アカウントBANは頻発する問題ではありませんが、YouTubeやGoogleのルールを正しく理解し健全なチャンネル運営に役立ててください。

動画SNSデータ分析ツール
「kamui tracker」

YouTubeデータを網羅し企業やクリエイターの活動をサポートする国内最大級の「YouTubeに特化」したデータ分析ツールです。

試用版を使ってみる

データと専門的な知見に基づいた
YouTuberキャスティング

貴社の商品・サービスに合ったYouTuberの選定から、企画の立案、実施後の振り返りまでをワンストップで行ないます。

相談してみる

このカテゴリの最新WHAT'S NEW