【イベントレポート】YouTubeチャンネル運用ウェビナーを実施しました!|第2部:質疑応答

こんにちは!kamui trackerサポート担当のエリンです。

「YouTubeチャンネル運用」に関するウェビナー記事の第2部の内容をまとめました。
第1部を読んでいない方はこちらの記事から先に読むことをオススメします!

第2部は、参加者から事前にいただいた質問に対して、パネリスト2名がそれぞれ回答してく形式で行いました。非常に鋭い質問が多く寄せられましたので、是非参考にしてみてください。

質疑応答

質問1

生パスタ
すごくいい質問ですね。
実際テレビで視聴する方は増えています。テレビっていうのはある種パブリックな環境に置かれて見るものなので、「他の家族も見てるかもしれない」という想定をして作らなければならないケースは増えてきているのかなと思います。

例えばですが、お家でできるエクササイズ系の動画が最近注目され、中でも子供と一緒にできるエクササイズ系動画が流行りました。これは、「子供をあやす」「子供を不機嫌にさせない」といった目的だけではなく、同時に親も楽しめるという立て付けがあったから流行ったんですね。結局、子供向けのように見えて実は親御さんもターゲット視聴者だったりする訳です。

今後は自動運転の開発により、車に乗りながらビデオを見る時代がくるかもしれません。そしたらデバイスがスマホからテレビに移行したのと一緒で、車の中で見られる動画とは何かが求められてきます。
そういう風に常に視聴者の置かれている環境というものを考えて動画制作ができるクリエイターが今後伸びていくんじゃないかなと考えています。

原田
YouTubeをテレビで視聴されている方ですと、キッズコンテンツが今のところ多いのかなと思っていて、、、例えばスマホを子供に渡せないとか、スマホを兄弟で取り合って喧嘩になってしまうなど、一つの動画を複数人に見せたい場合はやっぱりテレビのような大画面である必要があると思います。

テレビで動画を視聴させるなら、短い時間で動画を行ったり来たりするのは面倒ですし嫌だと思うので、長時間流しっぱなしにできるコンテンツが好まれてくるのかなとは感じております。
なので短い動画がテレビ受けするかどうかは正直まだ分からないですね。

質問2

原田
kamui trackerのデータについても質問を受けたので、マクロデータ機能というYouTube全体の視聴回数とYouTubeのクリエイターの数を月別に表示している機能があるので、そちらのデータを元に回答させていただきます。

ここ最近はクリエイターの数がすごい伸びていて、YouTube全体の視聴回数はずっと横ばいなんですよね。そういうデータを見てみても、可処分時間の奪い合いというのは実際に起こっていると感じますし、これから更に加速していくのだろうとみています。

他にはですね、全然見方が違うんですけどトップクリエイターの平均再生回数が年々落ちてきていて、登録者数も月単位でマイナスになっている方が増えてきたというのは、可処分時間の奪い合いが始まっているという証拠なのかなと思います。なので結論、可処分時間の奪い合いは加速はすると思います。

生パスタ
第一部の2021年YouTube予測で、原田さんが朝を狙うYouTuberが出てくるって言っているのがすごく良いなと思いました。これも結局椅子取りゲームの椅子を増やせば良いという発想ですよね。

質問3

生パスタ
これもまた難しいですね。どんなコンセプトのチャンネルをやるかによって変えているので、私も「これです!」とは言えないのですが、より再現性が高いのは、まず最初は検索のキーワードによる流入を狙う方法なのかなと思っています。

そうなった時にやっぱりコンテンツの内容っていうのも検索ニーズに合ったものにする必要がある訳ですよね。

例えばさっき言った(第一部参照)包丁をいっぱい作るチャンネルをやります。となった時に、検索で再生数を伸ばしますというのは無理じゃないですか。絶対。
なので、そのような(レコメンド機能による拡散を狙う)チャンネルをやるんだったら、そもそも検索は狙わない方が良いですし、検索で堅実に再生数を積み上げていきたいというのであれば、何かしら悩みが明らかになっていて、その答えを提示してあげるとか、そう言うQ&Aのようなコンテンツをつくった上で検索によって再生数を伸ばしていくというのが再現性としては高いのかなと個人的には考えております。

原田
もう答えが出てしまったのでこれ以上話すことはないんですけれども(笑)

順番とかよりかは、それぞれの役割をうまく被らせてあげるというのも一つの手かなと考えています。これらの動画ってよく3H戦略といわれるようにHeroコンテンツ・Hubコンテンツ・Helpコンテンツとして分けられるんですね。

▼3H戦略とは▼
Heroコンテンツ…広い認知獲得を目的とし、ユーザーがシェアや拡散をしたくなるコンテンツ
Hubコンテンツ…編集や内容に一貫性があり、ユーザーにとって馴染みのあるコンテンツ
Helpコンテンツ…検索を通じて、「見たい」「知りたい」というニーズに答えるコンテンツ

教育系YouTuberを例にすると、彼らはHubコンテンツが常にHelpコンテンツであるという強みを持った人たちです。彼らにとってのHeroコンテンツ、関連に載せたり拡散を狙う企画として多いのがコラボ動画だったりすると思います。
そのようなHeroコンテンツは月に一本あるかどうかという感覚なので、基本的には、日々の動画を頑張って投稿し、1,2ヶ月に1本はそういうコラボのようなHero動画を狙って作ってみるのが良いんじゃないのかなと思いますね。

例えばヒカルさんみたいな芸能人とのコラボがHubコンテンツになってる。言い換えるとHeroコンテンツがHubコンテンツになってるようなスーパースターとかもいるので、役割をうまく被らせることによって、順番や量に囚われなくなるんじゃないかなと思います。

当日のQ&A

当日は、第2部が終了し、ウェビナーの時間が過ぎた後もパネリストの二人に多くの質問が寄せられました。
質問の全ては載せきれないので、最後に1つだけご紹介させていただきます。

質問4

原田
グラフを見て突然伸びた日があると思うんですけど、その日のトラフィックスソースを見てみてください。YouTubeにおすすめされたのか、関連に載ったのか、など動画が見られた場所が明確になるので、伸びた原因が分かると思います。

ちなみに料理系チャンネルでしたら「一人前食堂」さんをひたすらみるというのもオススメします。めちゃくちゃクオリティが高いんで、維持率はこうやって上がるんだというのが何となく分かると思います。

生パスタ
料理系ということですよね。

50日後にいきなりバズったということですけど、こういう挙動をするとしたら、多分ブラウジング機能か関連動画、この二つの値が大きくなっていることが多いと思います。

トラフィックソースを見ていただくのはまず大事でして、その上で他の自分の動画と比べて違うところを探してください。

例えばキーワードが当たって良かったのか、あとバズる直前の維持率がどうだったのかを見ていただきたいです。バズった後というのは結局、自分のチャンネルを好きじゃないお客さんも入ってきている状態なので数値としては悪くなります。
なので、バズる直前ですね。バズる直前の三日間のデータとかを見て、クリック率や維持率が高くなっているとか、っていうことがあるとそのあとブラウジング機能とか関連動画に載りやすくなったりします。なのでその直前のデータをみるということが大事かなという風に思います。

原田
確かにクリック率4.6%というのはバズったあとの数値なので、若干下がっているかもしれません。その前のデータを見て、クリック率や維持率が高くて評価が高かったのかな?と推測されるといいかもですね

生パスタ
規模感が分からないので何とも言えないですけど、まあ10%くらいは出ていたんじゃないかなと。
僕のおすすめの料理チャンネルは「深夜俺食堂 -Midnight Diner」さんですね。クオリティがすごいです。

以上 ウェビナー第2部と急遽開催された質問コーナーの内容でした。皆さんの運営のヒントとなれば嬉しいです。
当日参加してくださった方、#かむいウェビナーで感想を呟いてくれた方々ありがとうございました。次回のイベントを楽しみにしてください。

動画SNSデータ分析ツール
「kamui tracker」

YouTubeデータを網羅し企業やクリエイターの活動をサポートする国内最大級の「YouTubeに特化」したデータ分析ツールです。

試用版を使ってみる

データと専門的な知見に基づいた
YouTuberキャスティング

貴社の商品・サービスに合ったYouTuberの選定から、企画の立案、実施後の振り返りまでをワンストップで行ないます。

相談してみる

このカテゴリの最新WHAT'S NEW