YouTubeマネタイズ方法を紹介!YouTubeチャンネルを事業に活かすには

YouTubeチャンネル運用する方にとって「どうマネタイズをするか」は大きな課題の1つです。

かつてYouTubeでは、「広告収入」を得ることが主なマネタイズ方法でした。
そこから現在にいたるまでに「YouTuberタイアップ」や「投げ銭(スーパーチャット)」など、新しいマネタイズ方法が確立されてきています。
YouTubeのビジネス活用も進み、市場はまだまだこれから成長することが見込まれています。

上にあげたような新しいマネタイズ方法は、「1再生0.1円」と言われる広告収入以上の収益をあげる可能性を秘めています。しかしマネタイズ方法が多様化したことで、逆にどのように戦略を立てるか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

この記事では、多様化したYouTubeのマネタイズモデルを独自の観点で6つに分類しました。その分け方は以下の画像の通りです。


この6つのマネタイズモデルについて、その詳細と成功事例を説明します。
現在チャンネルを運営している方はもちろん、これからYouTubeを始める方も目標設定の参考にしてください。

YouTubeのマネタイズモデル①インフルエンサー型

インフルエンサー型とは個人(グループの場合もある)が主体となり、主に「広告収入」と「YouTuberタイアップ」によって収益を得るマネタイズモデルです。

そもそもインフルエンサーとは、「世間に大きな影響を与える人」のことを指します。
YouTuberとして成功すると、その人にはファンがつきます。ファンは動画を定期的に視聴してくれるだけではなく、時にYouTuberの意見や考え方に影響を受け行動を変えることもあります。

「YouTuberタイアップ」とは企業がYouTuberに商品やサービスを紹介してもらうもので、主にそのファンに向けた広告手法になります。高い拡散力による認知拡大を狙えるだけではなく、商品やサービスの魅力を効果的に伝えることができる手法として注目を集めています。

このインフルエンサー型のマネタイズモデルは、一般にYouTuberの稼ぎ方として認知されているものであり、イメージもつきやすいのではないでしょうか。
それでは事例を紹介していきます。

インフルエンサー型の成功事例:HikakinTV

インフルエンサー型のマネタイズモデルを取るYouTuberは、Hikakinさんが1番有名でしょう。
メインチャンネルの登録者数は900万人弱、サブチャンネルでも500万人を超しています。Hikakinさんの動画で商品やサービスを紹介してもらえれば確実に認知度向上ができるため、タイアップの依頼先として企業からの人気が高く、実際に様々なタイアップ動画を定期的に投稿しています。(記事執筆時 2021/02/17)

さらにHikakinさんは曲を出したり、イベントに出演したりなど様々な形でマネタイズを行っています。このインフルエンサー型はチャンネル登録者が増え、影響力を増すほどマネタイズ方法も多様なものになっていきます。

YouTubeのマネタイズモデル②投げ銭型

YouTubeにはライブ配信機能があり、視聴者はリアルタイムでYouTuberに対しコメントをすることができます。
その方法の一つに、金銭を伴う形でコメントができる「スーパーチャット」というものがあります。俗に「スパチャ」と呼ばれますが、これを主な収入源とするのが「投げ銭型」というマネタイズモデルです。

スパチャには「Super Chat」と「Super Sticker」の2種類があります。
視聴者はコメントをする際に1円〜50,000円の範囲から好きな金額を支払うことで、Super Chatでは自分のコメントを、Super Stickerではスタンプを色付きの目立つ形で表示することができます。

YouTuberはそのようなスパチャに対し、動画内で特別なリアクションをすることでお返しをします。
スパチャによる収入は3割ほどが手数料として引かれ、7割ほどが収入となります。

このマネタイズモデルはVTuberやゲーム実況者によくとられる手法です。
今回はVTuberにおける成功事例をみてみましょう。

投げ銭型の成功事例:Coco Ch. 桐生ココ

桐生ココさんは2020年のYouTubeスーパーチャットで総額1億5,000万円以上の記録を出し、世界1位となったVTuberです。
実はこのスーパーチャット世界ランキングの上位10チャンネルには、日本のVTuberが7組ランクインしています。額も2019年はトップが3,000万円だったのに比べるとおよそ5倍になっており、急激に成長しているマネタイズモデルでもあります。

また、2チャンネルを開設したひろゆきさんもこの投げ銭型のマネタイズモデルを活用しています。
視聴者はスパチャとともに質問をコメントし、ひろゆきさんが動画内でリアルタイムで回答をするという形式のライブ動画を投稿しています。
この投げ銭型のマネタイズモデルは、今後ますます主流になっていくでしょう。

YouTubeのマネタイズモデル③IP型

IPとはIntellectual Propertyの略で、日本語では「知的財産」といいます。
この知的財産を他社に貸し出し使用料を得たり、YouTube外のビジネスに転用することで収益を得るのがこのIP型と呼ばれるマネタイズモデルです。

例えばあるキャラクターを制作し、それをメインにしたYouTube動画を作成するとします。その動画が人気になると、メインキャラクターに対しファンがつきます。
するとそのキャラクターがYouTube内で別の動画に出演したり、LINEスタンプやグッズなどのYouTube外のビジネスができるようになります。
これがいわゆるIP展開と呼ばれるもので、説明した例の通り「CTuber」や「VTuber」に多くとられる手法となっています。

今回はそのうち「CTuber」として活動してるチャンネルを例としてみてみましょう。

IP型の成功事例:テイコウペンギン

テイコウペンギンはCtuberの代表的なチャンネルの一つで、チャンネル登録者は現在約82万人です。
LINEスタンプやキーホルダー、衣類など様々なIP展開を行っており、まさにIP型のマネタイズモデルをとっているチャンネルです。

YouTubeのマネタイズモデル④メディア型

YouTuberの中には、ある特定のジャンルに特化して情報発信をメインに行っているチャンネルがあります。
動画の出演者は記事でいうライターに似た役割を果たし、視聴者が求める情報をよりリアルに伝えていきます。
このような形で運営しているチャンネルをメディア型と分類しています。

このメディア型でのマネタイズ方法は「広告収入」と「YouTuberタイアップ」がメインであり、また実際YouTube外部にも自分たちのメディアを持っている例もあります。
このタイプのチャンネルは視聴者層がより明確で、出演者自体にも投稿ジャンルへの知見があることがほとんどのため、より商品やサービスの魅力を届けたい人に効果的に伝えることができます。

今回はそんなメディア型の運用を行っているチャンネルで、トップクラスのチャンネル登録者数を誇るYouTuberをみてみましょう。

メディア型の成功事例:スロパチステーション

スロット・パチンコの情報に特化したチャンネルで、現在チャンネル登録者数は約120万人です。全国のスロット・パチンコ店に呼ばれて実際にプレイをし、動画にするというタイアップの形式をとっています。

チャンネル自体が一つのジャンルに特化することで視聴者層も分かりやすく、そのジャンルのタイアップ依頼が集中するという状況が作り出せています。

YouTubeのマネタイズモデル⑤本業誘導型

他のYouTuberなどに依頼をせず、自社で商品やサービスを案内できるチャンネルを立ち上げているところもあります。
その場合メインのマネタイズ場所はYouTubeではなく、投稿した動画から視聴者を案内した先の本業部分になります。
このような手法をとっているものを「本業誘導型」と分類しています。

YouTubeは立ち上げから軌道に乗るまで最低でも半年から1年の準備期間が必要なため、すぐに効果を得るのは不可能です。しかし一度軌道に載せることができれば、YouTuberタイアップで得られるような効果を自社内で完結させることができます。

目的が動画によるファン獲得ではなくその先の本業にあるため、投稿ジャンルが絞られたりターゲティングをよりはっきり行う必要があったりと難しい点もあります。
今回はそんな中で成功したYouTuberの例をみてみましょう。

本業誘導型の成功事例:マコなり社長

マコなり社長は実際にエンジニア養成スクールを運営する会社の代表であり、経営者YouTuberと名乗り活動をしています。
視聴者層を本業であるエンジニア養成スクールに興味を持ってくれそうなビジネスマンなどにするため、人間関係や仕事術などを中心に配信をしています。

実際にYouTubeから本業への送客に成功しているだけでなく、YouTubeから会社事態の知名度も上がり、採用面での効果も得ています。

YouTubeのマネタイズモデル⑥アフィリエイト型

企業から商材の紹介依頼を受け動画を制作するのがYouTuberタイアップですが、一方で自ら商品を紹介してマネタイズする方法もあります。これをアフィリエイト型と分類しています。

記事のアフィリエイトと仕組みはほぼ同じで、動画で商品を紹介し、概要欄に用意したアフィリエイトリンクを視聴者が押すことで収益が入ると言うものです。
アフィリエイトが個人の副業として注目されているように、この動画によるアフィリエイトも副業YouTuberに向いた手法と言えるでしょう。

YouTubeのマネタイズ方法まとめ

以上にあげた6つが、YouTubeにおける主流のマネタイズモデルとなります。
YouTubeの広告収益は安定せず、額としても決して多くはありません。これら6つのモデルを参考に、自身のチャンネルがどのようにマネタイズができそうか一度考えてみましょう。

どのマネタイズモデルにも共通するのは、「ファンの存在」がベースとなっていることです。ファンをしっかり獲得できれば、複数のマネタイズ手法を取ることもできます。
マネタイズモデルを考える際は、その前提としてどのようにファンを獲得するのかも合わせて考えましょう。

動画SNSデータ分析ツール
「kamui tracker」

YouTubeデータを網羅し企業やクリエイターの活動をサポートする国内最大級の「YouTubeに特化」したデータ分析ツールです。

試用版を使ってみる

データと専門的な知見に基づいた
YouTuberキャスティング

貴社の商品・サービスに合ったYouTuberの選定から、企画の立案、実施後の振り返りまでをワンストップで行ないます。

相談してみる

このカテゴリの最新WHAT'S NEW