タレントのYouTube案件の売上は2.6倍に!マスとデジタルを掛け合わせ強みを発揮するFIREBUGの「kamui tracker」導入事例

よゐこやロンドンブーツ1号2号、北斗晶、菊地亜美など、数々の俳優・アーティストやお笑いタレントのDXパートナーとしてYouTubeチャンネルの開発・運営をはじめ、デジタルとマスに縛られない幅広いマーケティング施策を手掛けている株式会社FIREBUG。

同社では、コロナ禍でますます増加するYouTube案件へのニーズに応え、提案内容のクオリティを向上させるために「kamui tracker」を活用しています。

クライアントへの営業や提案を担当しているセールスチームでマネージャーを務める柳川 美里氏と、施策の企画立案や営業サポートを行なうセールスプロモーションチームの堀 翔子氏に「kamui tracker」活用に関するお話を伺いました。

デジタルとマスを掛け合わせた、新しいエンターテインメントを提供するFIREBUG

―― 貴社事業についてお聞かせください。

柳川 美里氏(以下、敬称略):弊社のセールス部門では、YouTuberさんやタレントさんとのタイアップ案件や、スタートアップ企業向けのTVCMやWeb動画の作成など、クライアント向けに幅広いプロモーション施策を包括的にお手伝いしております。

弊社の強みは主に3つあります。

1つ目は、創業者である佐藤 詳悟がナインティナインやロンドンブーツ1号2号、ロバートなどのマネージャーを歴任し、ロバート秋山の『クリエーターズ・ファイル』、COWCOWの『あたりまえ体操』などの数々のヒットコンテンツ開発にも携わっておりエンタメに強く、各芸能事務所さんと深いつながりがあるため、幅広いキャスティングのご提案ができることです。

2つ目は、タレントさんやテレビ番組、企業などのYouTubeチャンネルの開発・運用を行っている実績です。そこで得られたノウハウをもとに、単なるタイアップ施策や動画を作るだけの施策ではなく、YouTube以外のSNSを絡めたデジタルマーケティング視点のご提案ができることも強みになっています。

そして3つ目の強みが、テレビ局とのネットワークがあることです。TVCMとWeb、つまりデジタルとマスを掛け合わせたご提案が可能になっています。

―― ご担当されている業務についてお聞かせください。

柳川:私が所属しているセールスチームでは、お客様の要件をヒアリングし、課題やご希望に合わせた施策の提案、フロントの営業活動を行なっております。

堀 翔子氏(以下、敬称略):セールスプロモーションチームの役割は、お客様の与件のプランニングを行ったり、キャスティング、制作などをセールスチームと連携しながら動く、いわばプロジェクト進行管理の縁の下の力持ちです。また、広告主だけでなく、芸能事務所やYouTuber事務所との連携を深め、各メディア会社との橋渡しや情報収集なども担っております。

kamui tracker導入前は、YouTube動画の数値を手作業で一つひとつ確認

―― 「kamui tracker」を導入した背景をお聞かせください。

堀:YouTubeのキャスティングにおけるクライアントへの提案の質を上げるために導入させていただきました。タレント、YouTubeクリエイターのリスト提案や、YouTubeのトレンドを踏まえた企画案を考えるためには、ネット上で情報検索するだけでは不十分です。

また、提案に向けたプランニング時にはクライアントの競合他社サービスのチャンネルや施策、成功事例をベンチマークとすることが多く、それらの要素を調べることが提案全体の質向上につながります。

―― 導入以前はどのようにご提案内容を作成していたのでしょうか。

柳川:すべて手作業でした。YouTubeで動画を検索し、一つひとつの数字を確認して提案資料を作成していました。

例えば、提案資料の中にはご提案対象のYouTubeチャンネルの平均視聴回数を記載しているのですが、その数値も直近30本の動画をすべて確認し、手入力でExcelに打ち込んでいたのです。また、クライアントの過去タイアップ実績についても、「提供」のキーワードで検索し、一つひとつ動画を確認してまとめていました。その他にも、企画内容を練るためには最低でも5~10個の動画は視聴する必要があり、そこでも時間がかかっていました。

そもそもYouTube上で確認できる数字は限られていますし、すべて手作業だったことで提案資料の作成にかなりの時間がかかっていました。

―― どのようなきっかけで「kamui tracker」を導入されたのでしょうか。

堀:弊社の別部署でタレント・アーティストのDXパートナーとしてデジタル領域の支援を包括的に行なっているDX戦略パートナー部門で「kamui tracker」をすでに導入されていたことがきっかけです。他部署での導入実績やツールの機能を聞き、私たちのチームでも活用できるのではないかと考えて導入を決定しました。

タイアップ動画の検索機能が高評価

ーー 「kamui tracker」の活用シーンを教えてください。

柳川:セールスチームでは、クライアントへの提案準備で活用しています。

導入以前の課題でもあった、提案資料に記載するチャンネルごとの平均視聴回数や過去のタイアップ実績、過去の企画内容の傾向などを調べる際に使っています。また、平均エンゲージメント数やその他の指標についても、担当者や案件のご要望ごとに追加でリサーチしています。

堀:セールスプロモーションチームでは、キャスティングや企画内容を考えていく際に活用していますね。クライアントの商材に関連したキーワードで伸びている動画や、直近で急上昇している動画をよく調べています。その調査の中で案件にあったクリエイターさんを探したり、競合企業のタイアップ実施状況も調べたりするようにしています。

こうした下調べを重ねることで、芸能事務所さんやYouTuber事務所さんと最適なコミュニケーションがとれるようになっています。

また、社内のミーティングでも活用しています。いただいた与件に対して、セールスチームとセールスプロモーションチームで動画企画を考えていく際に、「kamui tracker」で調べた情報をベースに議論することがよくあります。

ーー ミーティングではどのような情報を「kamui tracker」で調べているのでしょうか。

堀:キャスティング候補であるYouTuberさんのプロモーション実績や、競合企業のタイアップ出稿状況はミーティングでよく参考にしています。

また、最近では「YouTube+TVCM」「YouTube+Instagram」といったYouTubeと他プラットフォームを掛け合わせたご提案がすごく増えてきているため、似た案件を探す際にも活用しています。

ーー 「kamui tracker」で最も評価をいただいている機能を教えてください。

堀:タイアップ動画を一発で見ることができることです。キーワードで検索するだけですぐに確認できる点は非常にありがたいですね。

柳川:以前は一つひとつ手作業で調べていた、過去30日間の平均視聴回数が一発で見ることができる点が高評価です。また、タイアップ動画の平均数値も見られますので、提案時にも記載しています。

タレントのYouTube案件の売上は2.6倍に


―― 「kamui tracker」の導入でどのような変化があったのでしょうか。

柳川:導入以前の昨年と比較し、自社タレントのYouTube案件の売上が約2.6倍ぐらいに上がりました。「kamui tracker」の活用でタレントのYouTubeチャンネルがグロースし、また提案できる数が増えたことで、クライアントからの引き合いが多くなったと考えています。

ーー 提案数はどの程度増えたのでしょうか。

柳川:セールスチーム1人あたりの提案数は、2倍以上に増えたと思います。担当者にもよりますが、以前は1ヶ月だいたい3〜5件が提案できる限界だったのですが、提案資料の作成スピードが上がったことで月10件くらいまでご提案できるようになりました。

また、以前は急な案件のご相談が来た場合、かなり無理をして提案資料を作成していました。「kamui tracker」を導入した現在では、急な案件の場合でもある程度の余裕をもって対応することができていますので、作業効率が確実に上がっていると感じています。

堀:その他の大きな変化としては、YouTube施策におけるご提案の幅が広がったことです。以前は自社で運用しているYouTube以外のクリエイターさん、タレントさんに関する情報や実績があまり分からず、どうしてもメニューの幅が広がりづらい部分がありました。

しかし「kamui tracker」を使えば、これまで未経験の領域に関する案件でもその案件に適したクリエイターさん、タレントさんを一発で検索することができるため、案件の幅も以前と比較してとても広くなったと感じています。

ーー 事業部全体での変化は何かありましたか。

堀:YouTube施策に関するナレッジが、個々人に偏らずチーム全体に行き渡るようになったと思います。以前はリサーチャーなどにナレッジが偏り属人化していた部分もありました。

営業担当者も「kamui tracker」を日常的に使うようになったため、自分自身でもマーケットリサーチができるようになりました。結果、事業部全体で同じレベルのナレッジを持つことができるようになり、ご提案内容のクオリティが向上していると思います。

コロナ禍でもエンターテインメントの力で人々にワクワクを

―― 今後の展望についてお聞かせください。

堀:2020年はコロナ禍でマスメディアやオフラインイベント関連のプロモーションの動きが一時期止まってしまい、多くのタレントさんがYouTubeを始めた年でした。そしてこのトレンドは今後も続いていくと思います。
しかし、デジタルのプロモーションは変化が非常に速く、芸能事務所さんによっては情報のキャッチアップの方法やプロモートの仕方に困っている会社さんも多くいらっしゃいます。
タレントさんや芸能事務所さんが、よりデジタルとマスの垣根を超えて、思いっきり新しいことに挑戦できるよう、私たちFIREBUGはDXパートナーとして一緒に考えていければと思います。また、YouTuber事務所さんとも非常に良い関係を築いているので、そちらも継続しながら、タレントさんとYouTuberさんのコラボ企画なども増やしていきたいです。

柳川:「エンターテインメントとデジタルで、人を豊かにする」という弊社のビジョンがあるのですが、YouTubeやTV、SNSなど様々な領域でエンタメが表現できることの幅がもっと広がればいいなと思っています。

特にプラットフォームの特性上、YouTubeは表現できることの幅がとにかく広いため、企画がよいものになればなるほどYouTuberさんやタレントさん、そして企業がハッピーに、Win-Winになれるはずです。

コロナ禍で難しい状況で、少しでも多くの人達がエンターテインメントの力でワクワクしたり、笑顔になれるような機会を創っていきたいですね。

―― ありがとうございました。

動画SNSデータ分析ツール
「kamui tracker」

YouTubeデータを網羅し企業やクリエイターの活動をサポートする国内最大級の「YouTubeに特化」したデータ分析ツールです。

試用版を使ってみる

データと専門的な知見に基づいた
YouTuberキャスティング

貴社の商品・サービスに合ったYouTuberの選定から、企画の立案、実施後の振り返りまでをワンストップで行ないます。

相談してみる

このカテゴリの最新WHAT'S NEW