YouTube動画編集の外注費用と会社まとめ

YouTubeチャンネルや広告で動画を利用する企業が増えていますが、動画制作には撮影だけではなく編集の工程も重要です。
しかし、動画を撮影できても社内のリソースだけで編集や加工を行うのは難しいと感じることがあるかもしれません。

最近では動画編集を外注できる会社やサービスなど数多くあり、編集を依頼することが可能で、制作する頻度や量に関係なく外注は便利です。

制作の頻度が少ないまたは波があるなら、必要な時だけ外注を利用すれば自社で人を雇う必要がないので人件費を抑制できます。制作量が多ければ対応できない分だけ外注で補えます。

今回は、動画編集を請け負ってくれるクラウドソーシングサイトや制作会社、かかる費用の目安などをまとめて紹介します。

動画編集の外注とは

動画編集の外注で、依頼できる作業内容について把握しておきましょう。

動画編集の外注で依頼できること

動画編集を外注で依頼できることには、使える部分の選別や不要部分のカット、全体の色合い・明るさの調整、BGM・テロップを入れること、CG・アニメーションの追加などがあります。

外注先によってはサムネイルの作成やタイトル作りも行ってくれることもあるので、依頼する前に確認しておくと良いでしょう。

最近では動画編集を外注するのは企業だけでなく、個人のYouTuberも外注することが多く、動画作りに分業制を取り入れているところが増えています。

動画編集の外注を依頼する方法

動画編集を外注するには、クラウドソーシングサイトを利用する方法と制作会社に依頼する方法があります。

クラウドソーシングサイトで依頼する方法

クラウドソーシングサイトは、仕事を依頼したい人と仕事を受注したい人をマッチングさせるプラットフォームのことです。
サイトを利用して仕事を依頼するには、「募集」と「スカウト」の2つの方法があります。

募集は、依頼したい案件の内容や報酬を投稿してワーカーを募集し、応募の中から依頼したいワーカーを選ぶ方法です。依頼者の指定した報酬で仕事の依頼ができます。
スカウトは、ワーカーのプロフィールを見て動画編集ができる人を探し直接依頼する方法です。報酬はワーカーと相談して決めることになります。

制作会社で依頼する方法

制作会社に依頼する場合は、見積りを出してもらって依頼するか、制作会社の用意している料金プランに沿って依頼する方法があります。
会社によっては、編集加工のみではなく企画や撮影、効果検証までの全ての工程を代行してくれる場合があり、引き受けてくれる内容はそれぞれ異なります。
相談や見積りなどの際に、どこまで依頼できるのか確認すると良いでしょう。

クラウドソーシングと制作会社の比較

動画制作の経験が無い方には、クラウドソーシングサイトと制作会社のどちらを利用するのがいいのか、判断が難しいかもしれません。
それぞれを利用するメリットとデメリットを紹介します。

クラウドソーシングを利用するメリット・デメリット

クラウドソーシングサイトを利用するメリットとデメリットは以下の通りです。

<メリット>

  • 安く依頼できる
  • 気軽に依頼できる

クラウドソーシングサイトを利用する一番のメリットは、安さです。
サイトによっては動画1本あたり2,000円~と安いため、動画制作コストを抑えることができます。安価なため気軽に利用できます。

<デメリット>

  • 納期への責任感があるか分かりにくい
  • スキルがどの程度あるのか分かりにくい
  • 守秘義務を守ってくれるか不明

デメリットは、ワーカーの納期への責任感やスキルレベルがどの程度あるか、守秘義務を理解しているかなどの見極めが、依頼してみないと分からない点です。
人選のミスマッチを事前に防ぐためには、受注数などの実績や依頼したことがある人の評価・コメントなどを必ずチェックするようにしましょう。

制作会社を利用するメリット・デメリット

制作会社を利用するメリットとデメリットは以下の通りです。

<メリット>

  • プロのクオリティ
  • 対応や納期が早い
  • アニメーションやCGなどに対応してもらえることがある
  • YouTubeやマーケティングに知見がある
  • 動画制作から効果検証までサポートしてもらえることがある

制作会社に依頼するメリットには、安心して依頼できるというところが大きなポイントです。
制作のプロにお願いできるのでクオリティの心配がありません。
アニメーションやCGなどのスキルを必要とする編集の依頼ができるので、差別化した動画を制作したい人にはおすすめです。
さらにYouTubeやマーケティングに知見がある会社なら、効果的な動画作成のアドバイスだけでなく効果検証までサポートしてもらえる場合があります。

<デメリット>

  • コストがかかる

制作会社に依頼するデメリットは、コストがかかることだけと言っても良いかもしれません。
予算の問題さえクリアできれば制作会社に動画編集を依頼するのはおすすめと言えます。

動画編集を外注できるクラウドソーシングサイト6選

動画編集を外注できる、代表的なクラウドソーシングサイトを6つ紹介します。

ランサーズ

ランサーズは、登録者数110万人以上の日本最大級のクラウドソーシングサービスです。
クライアント(依頼者)とランサー(ワーカー)が匿名でさまざまな仕事のやりとりができます。登録後に同意したランサーには「秘密保持確認済」のマークが付きます。

仕事の依頼内容を掲載すると、一括で多数の見積もりを集めることが可能です。

依頼方法には「コンペ方式」と「プロジェクト方式」の2パターンがあります。
コンペ方式はクライアントの依頼に対して制作物を提出して、その中から1つが採用されるものです。
プロジェクト方式は依頼に対して仕事の計画を出して、クライアントが気に入ったワーカーを選んで依頼します。

動画編集の依頼費用は、動画1本あたり5,000円~が相場のようです。

詳細はこちら → ランサーズ

クラウドワークス

クラウドワークスは登録者数が88万人以上のクラウドソーシングサイトの大手で、メディアでも取り上げられ注目を集めているサイトの1つです。
ランサーズ同様に、依頼方法はコンペ方式とプロジェクト方式になります。

クラウドワークスには、ワーカーが仕事を開始する前にクライアントが仮払いを行う制度があります。
仕事が完了した段階でワーカーには報酬が保証され、クライアントはワーカーが仕事を完了するまで支払いが実行されないので、両者にとって安心できるシステムです。

動画編集の依頼費用は、動画1本あたり5,000円~が相場のようです。

詳細はこちら → クラウドワークス

ココナラ

ココナラは、知識・スキル・経験を売り買いできるオンラインマーケットです。登録者数は130万人を超えています。

ランサーズやクラウドワークスでは「○○を○○円で作ってください」と企業主体の取引が多いのに対し、ココナラでは会員が自分でサービスの内容を決め、価格設定を行い出品することができる点が特徴的です。
仕事を依頼するには、会員の出品サービスから購入する方法と仕事依頼を投稿する方法があります。

動画編集の依頼費用は、動画1本あたり3,000円~が相場のようです。

詳細はこちら → ココナラ

タイムチケット

タイムチケットは登録者数が約40万人ほどで、個人の時間を30分単位で売買できるサービスです。販売者が時間やスキルをチケットとして出品し、そのチケットが売れた場合に手数料が発生する仕組みです。

タイムチケットは時間制で価格設定する仕組みのため、動画の尺によってかかる費用が変わります。

動画編集の依頼費用は、動画1本あたり5,000円~が相場のようです。

詳細はこちら → タイムチケット

スキルクラウド

スキルクラウドは自身の趣味や得意、スキルやノウハウをシェアするためのクラウドソーシングサイトです。
オンライン・オフラインの両方でサービスを提供できるようになっています。

カテゴリに動画編集はありませんが、検索すると動画編集を請け負ってくれる人を探すことができます。

動画編集の依頼費用は、動画1本あたり3,000円~が相場のようです。

詳細はこちら → スキルクラウド

Bizseek

Bizseekは、大手サイトのランサーズやクラウドワークスよりも、ワーカーが負担する手数料が安いところが特徴です。仮払い制度や本人確認制度など大手と同じ機能が備わっています。
仕事の依頼はランサーズと同様に、コンペ形式とプロジェクト形式で選べます。

動画編集の依頼費用は、動画1本あたり2,000円~が相場のようです。

詳細はこちら → Bizseek

動画編集を外注できる制作会社11選

ここからは動画編集を外注できる制作会社を紹介します。
広告や集客などのマーケティングに強い会社や格安で価格重視の会社などがあり、依頼する前にどのような強みがあるのかチェックしておくと良いでしょう。

株式会社MEGWIN TV

株式会社MEGWIN TVの運営するサイト「see go!」では、YouTubeチャンネルの運営の仕方や方針の決め方、企画内容、撮影、編集、マーケティングについての相談や依頼が可能です。
延べ100社7,000本を超える動画を公開してきた実績があります。

基本プランは依頼内容と本数によって異なり、月額5万円~・8万円~・12万円~・100万円~の4種類です。
入稿から最短で3営業日、更に即日に納品・公開に対応してくれる場合もあり、動画1本からの依頼も対応してくれます。
その他に撮影は5万5,000円~、企画5,000円~依頼することができます。

詳細はこちら → 株式会社MEGWIN TV

株式会社GEKIRIN

株式会社GEKIRINはホームページ制作や動画配信、デザイン相談などを行う広告代理店です。
制作サンプルを見ると企業のPR動画やYouTubeオープニング用動画、弁護士YouTuber動画、整体院CM動画、アニメーション動画など色々なジャンルがあり、制作実績は2,000件以上になります。

またGEKIRINは、動画の企画やチャンネルのコンサルティングなどの依頼や相談ができます。
作成料金は10分程度の動画1本あたり1万5,000円~で、最短24時間納品の対応が可能です。

詳細はこちら → 株式会社GEKIRIN

株式会社Global Japan Corporation

株式会社Global Japan Corporationは、プロモーションとマーケティング向けの動画制作に特化した会社です。
60業種、4,000社以上、1万5,000本以上の動画制作実績があり、集客や成約、顧客フォロー、ブランディングなどの知見とノウハウがあります。
YouTubeやFacebook、Twitter、Instagramの媒体別に適した広告動画を提案してもらうことが可能です。

依頼する前に無料で企画・構成・画コンテを提案してもらえるので、動画制作が初めての方でも完成形をイメージしやすくなります。
サイトでは料金プラン別に実績サンプルをチェックすることが可能です。
また修正の回数制限は基本的に無いので、仕上がりに納得するまで調整できます。

料金プランは3万円~10万円プラン、10万円~30万円プラン、30万円以上のプランがあります。

詳細はこちら → 株式会社Global Japan Corporation

株式会社フロンティアチャンネル

株式会社フロンティアチャンネルは映像や音楽、イベント、配信などの制作とキャスティングを行うプロダクションです。
制作実績には、YouTubeのスマホゲーム×アイドルのチャンネル、キッズ向けチャンネル、ゴルフ番組チャンネル、投資HOWTOチャンネルなどがあります。

動画編集の料金プランは依頼する本数と動画の尺によって、1本あたり2万円~・3万円~の2種類の料金プランがありますが、1本だけの依頼はできません。
サムネイルは別料金で対応が可能で、そのほかにカメラマンの手配や企画・ディレクションを依頼できるプランなど、さまざまな動画作成のニーズに対応してもらえるようです。

詳細はこちら → 株式会社フロンティアチャンネル

株式会社動画制作所

株式会社動画制作所は、動画撮影から制作までを行っている会社です。
ビジネス向けには講演会・セミナーや学会、個人向けには挙式・披露宴や発表会の動画撮影や制作、編集までを依頼できます。

動画編集代行は以下の内容に対応が可能です。
費用については5,000円~となっていますが、事前相談する必要があります。

  • オープニング・エンディング挿入
  • 不要部分のカット
  • テロップ作成
  • BGM挿入
  • チャプター付け
  • メニュー画面表示
  • CGアニメーション作成
  • You Tube等ネット配信用
  • ファイル変換
  • DVD、Blu-ray作成
  • YouTube用動画編集
  • スマホ用縦型動画対応

詳細はこちら → 株式会社動画制作所

合同会社オーシャンズ

合同会社オーシャンズは格安で映像制作を行っている会社で、プランによっては企画や台本作成、撮影を依頼することも可能です。
制作サンプルを見るとCM動画やWEB動画、店舗紹介動画、ブライダル用動画などがあり、さまざまなジャンルの制作に対応できることが分かります。

企画や制作を含めたプランが映像の内容や尺によって料金別に4種類あり、1万8,000円~依頼できますが、プラン以外にも柔軟に依頼に対応してもらえるようです。
依頼はしたいがどういう映像にするか決められないといった相談もできます。

詳細はこちら → 合同会社オーシャンズ

ASOBOAD

ASOBOADはグラフィックデザインやロゴデザイン、商品のパッケージデザインなどの広告物デザインを行っている会社です。企業のPR動画や商品広告動画、展示会向けプレゼンテーション映像、デジタルサイネージなどを手がけています。
制作サンプルを見ると、おしゃれでトレンド感のある動画に強いようです。

料金プランは3種類あり、簡単な動画編集をしてくれる「シンプル動画編集プラン」なら1本あたり2万2,000円~依頼できます。
用意されているプランでは尺が最も長くて5分のため、5分以上の動画編集を希望するなら事前に相談する必要があります。

詳細はこちら → ASOBOAD

株式会社バーチャルイン

株式会社バーチャルインは、WEBショップを対象とした商品撮影やモデル撮影、商品画像・バナー制作、動画作成、ショップデザインを行っている会社です。
動画の制作実績は3,000社以上あり、撮影・編集・制作などの依頼に応えてくれます。
ECサイトやAmazon、楽天市場などの商品販売ページで動画の利用を考えている人におすすめです。

料金プランは細かく設定されていて、「モデル回転動画プラン」ならモデル込み・15秒動画で価格は9,800円です。
他にもあらかじめカット割りと秒数が決まっている「テンプレートプラン」、制作に自由度を持たせた「オリジナル映像制作プラン」があります。

詳細はこちら → 株式会社バーチャルイン

イートラスト株式会社

イートラスト株式会社は、ホームページ制作や名刺・チラシを制作する会社で、動画の撮影や制作の事業も行っています。
会社やお店、商材をPRしたい人や動画で集客を考えている人におすすめです。

動画の制作依頼は同社のポータルサイト「E-movie」から可能です。
料金プランは3種類で、撮影・編集・テロップなしの「シンプル最安プラン」なら9万8,000円~で依頼できます。

詳細はこちら → イートラスト株式会社

デコデザイン

デコデザインはホームページや動画、チラシ制作などを行っている会社です。
個人向けには結婚式や記念日の動画を制作し、企業向けにはCMやデジタルサイネージ動画、商品紹介動画、YouTube広告動画などを制作しています。

料金は、企業用CMやPR制作向けの15秒動画(絵コンテあり)が10日の完成目安で、1万円となっています。初稿完成までの日数や工程によっても料金は変動します。
ナレーションや3D制作、素材使用料などは別途オプション料金ですが依頼可能です。

詳細はこちら → デコデザイン

株式会社エビリー

株式会社エビリーは、国内最大級のYouTubeデータベースと分析サービスであるkamui tracker(カムイトラッカー)を運営しており、YouTubeチャンネルの成長や企業のマーケティングを支援している会社です。

これまでに積み上げたYouTubeに関する豊富なデータに加え、エビリー所属のYouTuber育成ノウハウも合わせた総合的なサポートを受けることができます。

チャンネルの企画から分析、チャンネル運用、動画編集、振り返りまでを一貫して依頼することが可能です。

詳細はこちら → 株式会社エビリー

まとめ

動画編集を外注する方法と依頼できるクラウドソーシングサイト・制作会社を紹介しました。

動画を活用したい企業が、編集以外にも企画・撮影などの制作全体を外注するケースは珍しいことではありません。
自社で全て作ろうとしなくても動画のプロの力を頼れば、時間の短縮や動画のクオリティを確保できます。

動画作成に悩んだら外注も検討してみてください。

動画SNSデータ分析ツール
「kamui tracker」

YouTubeデータを網羅し企業やクリエイターの活動をサポートする国内最大級の「YouTubeに特化」したデータ分析ツールです。

試用版を使ってみる

データと専門的な知見に基づいた
YouTuberキャスティング

貴社の商品・サービスに合ったYouTuberの選定から、企画の立案、実施後の振り返りまでをワンストップで行ないます。

相談してみる

このカテゴリの最新WHAT'S NEW