YouTube運用代行・コンサルにかかる費用の相場はいくら?

YouTubeは幅広い世代で利用者が増加しており、マーケティングに活用したいと考える企業が増えています。

YouTubeをマーケティングに活用すると、企業や商材の認知度を向上させファンを作ることができますが、成果を感じるまでには時間がかかる媒体です。
「すぐに結果が欲しい」、「YouTubeに初めて取り組む」といった場合には、自社の努力だけで短期間に結果を出すには難しいこともあります。

そのような場合、多くのチャンネルを実際に運用し分析と改善を繰り返してきた実績がある、外部の知見に頼ってみてはいかがでしょうか。
YouTubeのマーケティング活用に知見を持っているのが「運用代行」と「コンサル」になります。

今回は、運用代行とコンサルの違いや業務形態、費用相場の目安についてご紹介します。

YouTubeの運用代行とコンサルの違い

チャンネル運用に必要な業務には、コンセプトの決定や企画、撮影、編集、サムネイル制作、分析、振り返りなど多数の工程があります。

YouTubeのチャンネル運営に関わる業務をアウトソーシングする、という点においては「運用代行」と「コンサル」は共通しています。

では、一体何が違うのか見てみましょう。

YouTube運用代行とは

YouTubeの運用代行とは、チャンネル運用に必要な業務の全て、または一部を代行することです。前述したチャンネル運用に必要な作業工程とコンサルを全て含みます。

チャンネル運用を効率的に進めるには、撮影や編集、サムネイル作成などの制作に関わるスキルや経験が必要です。
自社だけでゼロからチャンネル運用するには大きな負担になることがあります。

運用代行を利用すると、プロのスキルで仕上がりの良い動画を作成でき、分析を行って次の企画に活かすなどのPDCAを回し、運用してくれます。

自社のスタッフがチャンネル運用に時間を割く必要がなくなり、本業に専念できるメリットがあります。

しかし、運用代行に依頼する内容が増えるほど費用はかさんでしまいます。
内製化できる部分があれば自社で対応し、対応できない部分だけを依頼するなどの利用も可能です。

YouTube運用代行会社についてこちらの記事にまとめています。

YouTubeチャンネル運用代行会社まとめ | YouTube総合情報メディア かむなび

YouTube市場は成長し続けており、その規模拡大に伴ってYouTubeをビジネスに活用しようとする企業も増えてきています。 活用方法のひとつとして、人気YouTuberに商材を紹介してもらう「YouTuberタイアップ」が主流ですが、一方で企業が独自にチャンネルを立ち上げることも多くなってきました。 …

YouTubeコンサルとは

YouTubeコンサルとは、チャンネル運用に必要なアドバイスやレポート作成、振り返りなどを行なうことです。
チャンネルの方向性やSEO対策、企画の立て方、パフォーマンス分析などから改善点を指摘してもらうことができます。

コンサルは、企画に関わることはありますが制作作業そのものに携わることはなく、ノウハウの提供が主な業務内容になります。

チャンネル運用のPDCAを回す際に出てくる不安や疑問を相談できるので、意思決定を早く行えることがメリットです。

自社で動画制作ができるリソースがある、またはすでにチャンネルを開設し動画をアップしてはいるが、成果に結びつかなくて悩んでいる場合などに利用すると良いでしょう。

YouTubeチャンネル運用代行・コンサルにかかる費用の相場

ここでは費用の相場感をお伝えしますが、依頼する業務内容のボリュームによって違いが出るため、実際にかかる費用の振り幅は大きく変わります。目安として参考にしてください。

運用代行の費用の相場

運用代行にかかる費用の相場は、依頼する会社や内容のボリュームによって幅があります。

運用代行を請け負う制作会社の多くは「月額固定プラン」を用意しています。
固定プランは1ヵ月に制作する動画の本数や尺の長さ、対応可能な編集作業などが指定されているものです。

月4本の動画の撮影・編集でおよそ20万~60万円が相場になりますが、動画の本数が増えるとその分費用も上がっていきます。
また、動画の企画立案や分析、全体的なプロデュースなど役割が増えると、それにしたがって費用も上がります。

月額固定は費用が分かりやすいですが、プラン内容に無い作業は追加料金として請求されることもあるので注意が必要です。

また、「レベニューシェア」と呼ばれるプランを用意している会社もあります。
こちらは固定費での請求ではなく、チャンネルが伸びて広告収益が発生した場合に、その一定割合を報酬として請求するという契約形態となります。
初めから支払うお金は無くて済む一方、チャンネルが成長したときに支払う金額は大きくなります。
目指すチャンネルの姿を鑑みて、どのような契約を結ぶべきかを考える必要があります。

コンサルの費用の相場

コンサルは月額契約や長期契約をすることが多く、一般的に半年から1年が契約の目安です。

チャンネル運用のコンサル費用は、月10万~30万円ほどが相場になります。具体的な提案や動画分析など、アドバイスの内容が専門的になるほど費用は高くなります。

コンサルに質問できる回数や提案をもらう回数が決まっている場合があり、また最低契約期間が設定されている場合もありますので、依頼前に確認しましょう。

YouTube運用代行・コンサル会社の選び方

初めて運用代行やコンサル会社を利用する方は、どのような会社を選べばよいのか悩んでしまうこともあるでしょう。
多くの会社の中から選ぶ際のポイントについて見てみましょう。

実績を確認する

料金が安いからと言って効果がなければ意味がありません。

運用代行でもコンサルでも共通して言えることですが、どのような実績を出しているのかや費用対効果はあるのかといった点は必ず確認しましょう。

相場より料金が高かったとしても、見合った効果を出せるのであれば採用する価値はあります。

しかし、ホームページを見ても実績を公開している所は多くありませんので、問合せて尋ねてみるのも一つの方法です。

得意分野を確認する

実績数が豊富にあれば、さまざまなジャンルのチャンネル運用やコンサル経験も増えるので、中にはオールマイティに任せることができる会社もあります。

しかし、全ての会社がそうとは限りません。エンタメ系コンテンツに強い会社やビジネス向けのコンテンツに強い会社など、会社によって得手不得手の幅が大きい場合があります。

自社のコンテンツに沿ったチャンネル運用やコンサルができなければ、いくら実績のある会社に依頼しても、無駄なコストをかけてしまうことになりかねません。
依頼を検討している会社の得意分野が、自社のチャンネルのジャンルと合っているか確認しましょう。

会社または担当者との相性が良いか確認する

運用代行会社とコンサル会社の両方に言えることですが、依頼する会社とは短くても半年~1年程度の付き合いが発生します。

チャンネルの情報以外にも、自社の情報や社内事情を開示することになるので、依頼する会社との相性や担当者との相性は、注意深く判断したいポイントです。

オンライン会議などでも良いので話す場を作り、会社の雰囲気や人柄をチェックすると良いでしょう。

まとめ

YouTubeをマーケティングに活用するには、YouTube独自のプロモーション方法が必要になることがあります。

ゼロから自社でYouTubeをマーケティングに活用するよりも、プロの経験や知識を借りた方が負担が少なく、成果が早く出る場合があります。

予算の問題もあるでしょうが、時間をかけずに着実に成果を出したいならば、運用代行やコンサルに依頼を検討してみてはいかがでしょうか。

動画SNSデータ分析ツール
「kamui tracker」

YouTubeデータを網羅し企業やクリエイターの活動をサポートする国内最大級の「YouTubeに特化」したデータ分析ツールです。

試用版を使ってみる

データと専門的な知見に基づいた
YouTuberキャスティング

貴社の商品・サービスに合ったYouTuberの選定から、企画の立案、実施後の振り返りまでをワンストップで行ないます。

相談してみる

このカテゴリの最新WHAT'S NEW