企業がYouTubeのライブ配信を活用する方法とは?メリットから事例まで紹介

ライブ配信と言えば、ライバーやゲーム配信などを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、最近は企業もライブ配信を活用しています。
YouTubeに自社のチャンネルを持っていれば、いつでもライブ配信を行うことは可能です。

コロナ禍で会場型イベントや対面営業などが難しくなってる状況の中で、ライブ配信によってオンラインへ移行できれば、企業活動を止める必要がなくなります。

今回は企業が活用できるライブ配信の特徴やメリット、活用事例、実施する方法、ライブ配信を成功させるためのポイント、注意すべきポイントと順に解説していきます。

YouTubeのライブ配信とは

YouTubeライブとは、YouTube上でリアルタイムにライブ配信ができるサービスです。
イベントや講義、ワークショップ、交流会、企業説明会、ゲーム配信などなど、さまざまな情報発信に活用することができます。

YouTubeのライブ配信は無料で使える機能

他社のライブ配信サービスの中には有料のものもありますが、YouTubeライブは利用料が不要で、配信も視聴も無料で利用することができます。

YouTubeはチャンネルを開設すれば簡単に配信が始められるので、使ったことがない方でも気軽に始めることができるのが特徴です。

ライブ配信終了後は、動画が自動でアップロードされアーカイブに残ります。アーカイブの保存期間は無期限です。

YouTubeのライブ配信を使うことができる条件

YouTubeライブはモバイルデバイスからの配信に限って、チャンネル登録者が1,000人以上いることが条件になります。
パソコンを利用して配信する場合は、チャンネル登録者数の条件は適用されません。

また、チャンネル設定や配信設定を「子供向け」にしていると、カード機能やスーパーチャット機能、コメント機能などいくつかの機能が制限されます。
(参照:YouTubeヘルプ チャンネルまたは動画の視聴者層を設定する

企業がYouTubeライブ配信を実施するメリット

企業がYouTubeライブを活用すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。
オンラインならではのメリットがあるので、プロモーションへの活用を検討する際の参考にしてみてください。

視聴者とより近い関係性を作ることができる

YouTubeライブでは、視聴者は配信中にチャットにコメントを書き込むことができるので、双方向でのコミュニケーションが可能です。

動画を公開した場合も、コメント欄から視聴者の意見をチェックできますが、コメントの確認までに時間が空くなど、タイムラグが発生します。

しかしライブでは、その場でコメントを拾うなど配信者のリアクションが見られるので、視聴者の満足度に繋げることができます。

また、共通の体験をすると人と人の距離は近づきやすくなるそうです。
配信者と視聴者が一緒に盛り上がり、同じ感情を共有することで、企業への親近感を高めることに繋がります。

会場型イベントよりもコストが抑えられる

ライブ配信を利用すれば、従来の会場に人を集めて行うイベントよりも開催費用を抑えることができます。

会場で行うイベントには、会場のレンタル料や設備使用料、運営スタッフの数も相当必要なため人件費もかさみます。
その点ライブ配信なら、配信者とスタッフの人数分のスペースを確保できれば良いので大きな会場は不要になり、来場する参加者を整理するためのスタッフも必要ありません。

一方で、参加者も交通費や宿泊費などの負担がなくなるので、遠方で参加を諦めていた人でも気軽に参加することが可能になります。
オンラインに切り替えることで、より多くの人に参加してもらえる可能性が広がります。

企業のYouTubeライブ配信活用事例

企業がYouTubeライブを活用している事例を、ここではソフトバンクとONE CAREERの2つをご紹介します。

製品発表会:ソフトバンク

通信会社大手のソフトバンクが、新製品と新サービスの発表会をライブ配信しました。

動画は1時間以上と長いですが、新聞やニュースの報道ではそのうちのほんの一部しか取り上げてくれませんし、印刷や原稿の準備などによって発表からタイムラグも生まれます。

情報量が多い通信事業サービスにとって、全てを紹介できるYouTubeライブ配信は、他媒体を挟まずに情報を漏れなく発信することができます。

<SoftBank 5G 新商品・新サービス発表会>動画

企業説明会:ONE CAREER

ONE CAREERは、就活クチコミサイトを運営する会社です。
YouTubeでは「【公式】ワンキャリアライブ」を運用し、就活生向けにさまざまな企業の説明会をYouTubeライブで配信しています。

企業説明会ではどこも同じ質問になりがちですが、司会が会社に合わせて上手く掘り下げて進行しているので、各社の違いが分かりやすいのが特徴です。

概要欄にインターンなどの募集ページへの誘導があり、気になればすぐに申し込めるようにしてあるなど、次のアクションへ誘導できるようになっています。

<ONE CAREER 会社説明会>動画

企業がYouTubeライブ配信を実施する方法

YouTubeライブを実施する方法は簡単で、準備するものもそう多くはありません。
自社でYouTubeライブを実施する方法について解説しますので、参考にしてみてください。

YouTubeチャンネルを開設する

YouTubeで企業アカウントを作り、チャンネルを開設しましょう。以下はチャンネル開設の主な手順になります。

  1. Googleアカウントを作成する
  2. GoogleアカウントでYouTubeにログインする
  3. YouTubeのブランドアカウントを作成する

YouTubeチャンネルの開設手順についてはこちらの記事で紹介しています。

収益化したい人向け!YouTubeの始め方を基本から解説 | YouTube総合情報メディア かむなび

現在YouTubeはただ趣味でやるものではなく、新しいビジネスや稼ぎ方として注目を集めています。 個人であれば自分の発信場所や副業として、企業であればビジネスの新しい手法としてYouTubeに目を向けている方も多いのではないのでしょうか? この記事では、これからYouTubeを始める方に向けて収益化を目指すうえで、どのようにYouTubeを始めればいいのかを解説していきます。 …


ブランドアカウントは、複数のユーザーが各自のGoogleアカウントからそのチャンネルを管理できるなど、チームで運用することができる機能があります。

配信環境を整える

ライブ配信を行う前に、配信できる環境を整えておきましょう。

カメラ付きのパソコンを用意するか、パソコンにカメラが内蔵されていなければウェブカメラを用意する必要があります。
可能であれば、マイクも用意すると視聴者が聞き取りやすくなります。

配信する場所もスタジオが用意できると良いですが、用意できなくても白い壁を背にするだけでも画面が明るくなり、視聴者から見やすくなるのでおすすめです。

ライブ配信の手順

ライブ配信を初めて有効にする場合、最大24時間かかることがあります。有効になっている場合はすぐにライブ配信を開始できます。

パソコンでライブ配信を有効にする方法は以下の通りです。

  1. YouTubeに移動します。
  2. 画面右上の[作成]、次に[ライブ配信を開始]をクリックします。
  3. チャンネルの確認をまだ行っていない場合は、画面の指示に沿ってチャンネルの確認を完了させます。

スマートフォンでライブ配信を有効にする方法は以下の通りです。
スマートフォンまたはタブレットでYouTubeアプリを開きます。
画面下部の作成アイコン「+」 をタップ、次に[ライブ配信を開始]をタップします。

ライブ配信を有効にしたら、配信方法を以下の3つから選択します。

  • モバイルカメラ
  • ウェブカメラ
  • エンコーダ

初心者にはセッティングが簡単ですぐに始められる、モバイルカメラ(スマホ)とウェブカメラ(パソコン)がおすすめです。

エンコーダはライブ配信経験があり、自分仕様で配信したい方におすすめです。
ゲームを配信したり、合成を行ったり、各種ハードウェア(プリアンプ、マイク、カメラなど)を使用したりできます。

(参照:YouTubeヘルプ ライブ配信を始める

企業のYouTubeライブ配信成功のポイント

YouTubeライブを成功させるためのポイントは、準備と告知です。より効果の高い配信になるようにそれぞれのポイントを解説します。

事前にリハーサルを行っておく

スムーズにライブ配信ができるように、事前に本番同様のリハーサルを行っておき、トラブルになりそうなところを予め解消しておきましょう。

配信内容によって用意するものはさまざまでしょうが、配信前の待機画面や台本などの小道具を準備します。

トラブルになりそうなポイントは映像、音声、時間配分です。
リハーサルでは、配信端末とは別の端末を用意し、映像の明るさや見えにくいところがないか、音声に問題はないかなど視聴者からどう見えるかを確認します。

そして、視聴者が飽きないためのテンポの良い時間配分ができているかや全体の進行に問題がないかもリハーサルで確認しておきましょう。

SNSやホームページで告知する

ライブ配信を行う前にSNSや自社のホームページで告知をすることは、より多くの視聴者を集めるのに有効な手段です。

YouTubeライブは、開始48時間前までにストリーミングリンクを公開することができます。チャンネルをTwitterやInstagramのSNSアカウントに接続すると、リンクを共有できるので、事前に告知しておくと良いでしょう。

また、自社のホームページサイトにライブ配信URLを埋め込むことで、関心のある人にリンクを共有し、告知を行うことができます。

企業がYouTubeライブ配信を実施する際の注意点

ライブ配信がスタートしてからトラブルに見舞われることが無いよう、事前に気を付けておくべき注意点についてご紹介します。

ネットの通信速度が安定しているか

利用する通信回線の速度が不安定だと、途切れるなど視聴しづらい配信になるおそれがあります。

施設やビルの建物などは光回線を導入しているところが多いでしょうが、光回線のほとんどは通信速度が最大1Gbpsになっています。
利用できる通信速度は回線の混み具合により変化するため、実際の通信速度のパフォーマンスは1Gbpsにはなりません。

YouTubeライブを安定して配信できるのに必要な通信速度は、アプリケーションからアップロードする3~5倍程度です。6Mbps程度で配信するなら、実測値で20Mbps程度が安定して出ているかどうかが目安になります。

通信速度を測るサイトなどもあるので、ライブ配信を行う同じ曜日と時間に何度か測定し、安定しているかを確かめておきましょう。

ネットワークセキュリティが配信の障害にならないか

企業や学校、公共施設におけるインターネット回線は、使用を制限することでセキュリティを確保していることがあります。
こうした施設のネットワークのセキュリティ設定は、提供しているサービスの中でも必要最小限の通信許可設定になっていることも多いようです。

例えば、インターネットの閲覧はできるがライブ配信はできない設定になっている場合や限定されたパソコンのみ接続が可能になっている場合など想定されます。
この場合は「ポート転送設定」という作業が必要になります。

既存の回線を利用する場合は、ライブ配信を行うことが決定したら必ず確かめておきたいポイントです。

コミュニティガイドラインを遵守する

ライブ配信を行う際も、動画投稿やチャンネル運用と同じようにコミュニティガイドラインの遵守は必須です。

チャンネルがコミュニティガイドラインの違反警告を受けていたり、ライブ配信またはアーカイブしたライブ配信が著作権侵害による削除の通知を受けていたりするなどの場合、チャンネルのライブ配信機能が自動的に無効になります。

銃器を持つ、取り扱う、輸送する様子を見せるライブ配信も削除対象です。

またYouTubeでは未成年の保護を強化するため、大人の同伴が明らかな場合を除いて13歳未満の子どものライブ配信は許可されていません。

これらのポリシーを遵守しないチャンネルは、ライブ配信の機能を利用できなくなる場合がありますので、必ずコミュニティガイドラインは確認しておきましょう。

詳しくはこちら → ライブ配信に関する制限 – YouTube ヘルプ

放送事故に注意する

ライブ配信の場合、やり直しや編集ができないため、ネガティブなコメントや個人情報などを発信しないように注意してください。

また、ライブ配信を切ったつもりでも、接続されたままになっていたなどの失敗はよくあることです。
終わった直後は本音が出やすく、失言が配信されてしまい炎上ということにもなりかねませんので、よくよく注意しましょう。

まとめ

YouTubeライブを企業が活用する方法についてご紹介してきました。
これまで対面で集客する必要があったイベントや営業などをオンラインの場に移すことで、企業活動の幅をさらに広げられる可能性があります。

活用方法は今回ご紹介したような製品発表や企業説明会だけにとどまるものではありません。

誰でも簡単に実施できるYouTubeライブを、企業のプロモーションの一つに加えてみてはいかがでしょうか。

動画SNSデータ分析ツール
「kamui tracker」

YouTubeデータを網羅し企業やクリエイターの活動をサポートする国内最大級の「YouTubeに特化」したデータ分析ツールです。

試用版を使ってみる

データと専門的な知見に基づいた
YouTuberキャスティング

貴社の商品・サービスに合ったYouTuberの選定から、企画の立案、実施後の振り返りまでをワンストップで行ないます。

相談してみる

このカテゴリの最新WHAT'S NEW