”作りっぱなし”の企業YouTubeチャンネルを最大活用する3つのポイント

YouTubeの普及により公式YouTubeチャンネルを立ち上げ、事業に活用しようとしている企業が増えています。
立ち上げ時こそ目的を掲げてやる気もあるのですが、時間が経つにつれ”作りっぱなし”になり、上手く運営が進んでいない企業チャンネルも多く見られます。

YouTubeチャンネルの運営には根気とコツが必要なため、はじめは継続や運営が上手くいかないこともあるでしょう。
しかし、ポイントを押さえれば成長するチャンネルに変えることはできます。

そこで今回は、企業のYouTubeチャンネルの抱える悩みを解決し、伸びるチャンネルに変えるためにできる方法と成功事例をお伝えしていきます。

YouTube市場概況

スマホの普及やコロナの影響もあり、動画コンテンツの視聴時間は幅広い世代で増えました。それにより動画広告市場も大幅に拡大し、企業による動画広告の利用が急増しています。

以下は、サイバーエージェントの「2020年国内動画広告の市場調査」による動画広告の市場規模推計と予測です。
動画広告の市場規模は、今後もまだまだ伸びていくと予想されています。

(参照:サイバーエージェント、2020年国内動画広告の市場調査を発表

YouTubeが動画プラットフォームで影響力を持つ一方で、企業は動画マーケティングにおいてYouTubeチャンネルの運用方法をより一層工夫し、差別化していく必要があります。

企業がYouTubeチャンネル運用で悩んでいること

この数年で多くの個人や企業がチャンネルを立ち上げ、コンテンツの量が急増し、質もどんどん良くなってきています。
そのためYouTubeでは競争が激しくなってきており、以下のような悩みを抱えるチャンネルも増えています。

  • CM動画の倉庫になってしまっている
  • こまめにチャンネルを運用できていない
  • チャンネルの適切な運用法が分からず、伸び悩んでいる

多くのYouTubeチャンネルでは、作ったはいいがどうやって運用していけばいいのか分からなくなっている場合も多いのです。
今回ご紹介するチャンネル運用のポイントを押さえ、事業の資産になるよう活用していきましょう。

伸びる企業チャンネルに変えるための3つのポイント

伸び悩んでいる企業のYouTubeチャンネルを改善するため、対応すべきポイントをここから3つご紹介します。

ポイント①:チャンネルを整理する

以下のように投稿ルールを作り、チャンネルを整理しましょう。投稿ルールを設けることで、社内の誰が動画をアップロードしても管理がしやすくなります。

  • 検索流入を意識したタイトル、概要欄、タグの設定を行う
  • サムネイルのレイアウトやトンマナを統一する

過去に投稿されている動画を、企業イメージに沿って検索流入を意識したタイトル・概要欄・タグに設定し直すと、視聴者に選ばれやすくなります。
設定し直す際は、運用がうまくいっているライバルのYouTubeチャンネルを参考にしてみてください。

企業ブランドのイメージに合わせてタイトルを変更したら、そのタイトルに合わせたサムネイルを作成し、トンマナを合わせましょう。
サムネイルは動画の看板であり、どんな内容なのかが分かる画像のことです。

トンマナとは「トーン&マナー」を略した用語で、色調や作風などチャンネル内のデザインに一貫性を持たせることを指します。
色味の調整や文字レイアウトを統一することで、視聴者は動画一覧が見やすくなり、チャンネルのブランディングにも繋がります。

ポイント②:目的を再設計する

次に「YouTubeチャンネルを運用する目的は何なのか?」を改めて考え直して見るところから始めましょう。

YouTubeを使った情報発信は、他のSNSと比較するとリソースや費用が多く掛かるため、開設前にチャンネルの運用目的や方針、目標などをきちんと設計する必要があります。

企業チャンネルの理想は、視聴者を楽しませられる「自社メディア化」されている状態です。
視聴者を理解し戦略的なチャンネル運営ができていると、チャンネルの成長が見込まれ、ファンと強固な関係を築くことができます。

目的を決めるためのポイントは以下になります。

  • 企業チャンネルによって達成したいビジネスの目標
  • 一番見てもらいたい視聴者(ターゲット)像の具体化
  • 届けたい視聴者に合わせたメッセージの用意

企業チャンネルを構築するために、目的を明確にしてチャンネルの方向性がブレない軸を決定しましょう。

ポイント③:継続して運用する

継続して運用するためにはポイントが5つあります。ゆっくりでもいいので続けることが大事です。

<①定期的な動画のアップロード>
チャンネルを「自社メディア化」させるには、バズらせることよりも目的に沿ったコンテンツを継続的に配信していくことが大切です。
コンテンツのストックが増えるとファンも増えていき、チャンネルの成長に繋がります。

少なくとも週1回、可能なら週2回の定期的な配信が望ましいです。

配信回数を増やすと、次はネタに困ることがあるかもしれません。
そんな時はベンチマークチャンネルを決めておき、コンテンツ制作の参考にしてみると良いでしょう。

<②ファンとの交流を欠かさない>
コミュニティ機能やLIVE配信、その他SNSを活用しながらファンとコミュニケーションをはかるようにしましょう。
特にコメント機能を活用することで、視聴者の興味や求められるコンテンツを把握することができ、コンテンツ改善や制作のヒントになります。

<③チャンネル成長フェーズを意識する>
自社のチャンネルの現在地を把握し、いつ頃に何を目指すのかを意識しておきましょう。以下の画像のように設定し、可視化しておくのがおすすめです。

<④初期のブースト施策>
チャンネルの成長を加速させるために、インフルエンサー活用やYouTube広告の力を借りるなどして、初期のブースト施策を行うことはおすすめです。
初期のブースト施策が成功すると、一気に認知拡大を図ることができ、そこから継続運用を進めることで安定的なチャンネル成長を見込めます。

とはいえ、初期ブースト施策としてYouTuberなどのクリエイター活用は有効な手法ですが、クリエイターに頼ったチャンネル運用は継続的なコンテンツ運用には不向きです。
最終目標である「自社メディア化」するためには、演者が変わっても成立するコンテンツ作りが必要になります。

<⑤分析と改善を徹底する>
分析と改善を徹底することは、継続運用の最も重要なポイントです。

  • 動画をUPしたらどれだけ再生されたのか
  • コメントはどれぐらいきていてどんな内容だったのか
  • 高評価・低評価はどうだったのか、など

以上のことをできる限り細かく振り返って分析し、次回コンテンツの改善点はどこなのか、今のままのテーマでいいのかなどを検証していきましょう。
常に視聴者の反応を見ながら分析改善を続けていくことが、チャンネルの成長にとって大切です。

企業の実施事例

ここまで解説してきた伸びるチャンネルに変える方法を取り入れて、運用に悩む企業チャンネルを改善した例を3つご紹介します。

大手菓子メーカーの事例

とある大手お菓子メーカーでは、YouTubeチャンネルがCM倉庫状態になっていました。
実施した施策が以下になります。

  1. 伸びている関連キーワードの抽出
  2. タイトルのトンマナを整理
  3. タイトル変更ルールを制定
  4. タイトル変更ルールに則ってタイトル・概要欄・タグの設定変更

伸びている関連キーワードの抽出は、当社の動画SNSデータ分析ツールである「kamui tracker(カムイトラッカー)」を活用しました。
再生回数を1万回以上の動画に限定し、その中から伸びているキーワードを抽出し、その結果を元にタイトル変更のルールなどを制定しました。

結果、以下のように動画のインプレッション数・検索流入割合が増加し、インプレッション数は約3倍、再生の検索流入割合は約23倍に増加しています。

(kamui tracker調べ)

特別新たな動画を作らずとも、ある程度動画が溜まっているチャンネルであれば、チャンネル整理をするだけでこのような効果を得ることが可能です。

酒造メーカーの事例

某酒造メーカーでは、動画は出しているもののチャンネルが伸び悩んでいるという課題がありました。
実施した施策が以下になります。

  1. 目的の再設計(ターゲットの再確認)
  2. ターゲットと親和性の高いYouTuberの選定
  3. YouTuberタイアップを実施

YouTuberのキャスティングは、単純な「食関連のYouTuber」というピックアップだけでは不十分であると考えました。
ターゲットは「日本酒」を飲む人たちであり、その上で「日本酒」と親和性の高い視聴者層を持っているYouTuberを選定することにしました。

kamui trackerのタイアップ案件検索機能を活用し「日本酒」関連の動画を配信したことがあり、かつその動画がチャンネルが持つ平均視聴回数を上回っているYouTuberをピックアップしたのです。

結果的にリブランディングに成功し、以下のグラフのように登録者数は約17倍、視聴回数は約52倍まで成長できました。


(kamui tracker調べ)

航空会社の事例

某航空会社では最適なチャンネル運用がわからないという課題がありました。
実施した施策が以下になります。

  1. 広告を運用した初期ブースト施策を行う
  2. 継続運用のルールを作る
  3. YouTubeで人気の企画を取り入れる

初期ブースト施策と継続運用のルールを作ることで、安定的な認知拡大を目指しました。
初期動画投稿と合わせて広告出稿することで、認知してもらうことから視聴者を獲得します。

週2回のコンテンツ公開を行うことで、安定的なチャンネル視聴者数や再生回数を伸ばしました。さらにコンテンツにもこだわりYouTubeで人気の企画を調査し、それらを取り入れファンを構築していきました。

結果は以下のグラフにあるように登録者数は月に5,000~1万人増加し、視聴回数は月に60万〜100万回増加しました。
初期の広告を投下する施策を行った後も、安定的な成長を継続できています。


(kamui tracker調べ)

初期ブーストをさせた後、運用を継続的に進めることで安定的な成長を実現することができます。

まとめ

”作りっぱなし”になっている企業チャンネルを、活用させるポイントをご紹介しました。
作ったままになっているチャンネルであっても、復活させ成功へ繋げられるイメージが湧いたのではないでしょうか。

当社エビリーでは、国内最大級の動画SNSデータ分析ツール「kamui tracker」を元に経験や勘だけに頼らない、根拠のある提案が可能です。
分析のほかに、チャンネル立ち上げから動画制作、振り返り改善まで全ての運用代行、そしてYouTube広告の運用まで、YouTubeにまつわるお悩みを解決することができます。

YouTubeチャンネルを立ち上げたは良いが、どうしていいか分からなくなっている方、または新しく立ち上げたい方もぜひご相談ください。

詳細はこちらから → 国内最大級のSNS動画分析ツール|kamui tracker

動画SNSデータ分析ツール
「kamui tracker」

YouTubeデータを網羅し企業やクリエイターの活動をサポートする国内最大級の「YouTubeに特化」したデータ分析ツールです。

試用版を使ってみる

データと専門的な知見に基づいた
YouTuberキャスティング

貴社の商品・サービスに合ったYouTuberの選定から、企画の立案、実施後の振り返りまでをワンストップで行ないます。

相談してみる

このカテゴリの最新WHAT'S NEW