動画制作を外注する方法とは?依頼の流れから料金相場まで解説

この数年で、企業のプロモーションなど多くのシーンで動画が活用されているのを見かけるようになりました。

YouTubeのような動画プラットフォームが整備されたことで、企業だけではなく個人でも気軽に動画を制作するようになり、動画の需要が高まっています。

動画需要が増えるとともに企業活動に必要になることもありますが、社内のリソースだけでは制作が難しいところも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、動画を作りたいが動画制作のノウハウやリソースをお持ちでない方のために、動画制作を外注する方法をお伝えしていきます。

動画制作を外注する目安

動画制作にあたり、以下に当てはまる場合は外注を検討すると良いでしょう。

  • 社内に動画制作のスキルや機材がない場合
  • 動画制作に割ける人員が足りない場合
  • 動画のPR活用に専門的な知見がない場合
  • クオリティの高い動画が必要な場合

動画制作には、企画構成や機材の準備、撮影、編集ソフトを扱うスキルなどが必要です。社員を育てる時間を確保することが難しい会社も多いでしょう。

もし社員の中に動画を作った経験がある人がいても、素人感が出るものになってしまうなど、目的を達成できる動画を作れるとは限りません。

社内用に閲覧するだけならプロのクオリティは必要ないかもしれませんが、営業用など外部向けに使用するなら高いクオリティが求められます。

高いクオリティを求めると費用がかかることもありますが、場合によっては外注することで結果的にコストダウンに繋がることもあります。
専門的な知見やスキルが社内にないのであれば、動画制作は外注するのがおすすめです。

動画制作を外注するメリット・デメリット

動画制作を外注するメリットとデメリットをご紹介しますので、検討する前の参考にしてみてください。

外注するメリット

動画制作を外注するメリットには、以下のようなものがあります。

  • 制作が早い
  • 社員が本業に専念できる
  • クオリティが高くなる
  • 自社だけでは出ないアイデアが出ることもある

動画制作のプロに依頼すると、時間を短縮できることは大きなメリットです。素人が制作するよりも完成までの期間が短くて済み、社員を本業に専念させることができます。

クオリティを左右するのは企画作りや撮影、編集などの工程です。企画は自社だけで作ろうとすると、社内や業界の常識の範囲に収まってしまいがちです。

外注すると社外の意見を聞くことができるので、自社だけでは生まれないアイデアを得られたり、外注先の経験に基づいた提案を受けられたりできます。

撮影や編集は専用の機材を使って作業するので、完成度の高い制作が期待できます。

外注するデメリット

外注するデメリットは、大きく以下の2点が挙げられます。

  • 費用がかかる
  • どこに依頼すればいいのか分からない

動画の尺が長くなるほど、また質を高く求めるほど費用はかかります。
ただ制作費用が安いという理由で選ぶと、出来上がりの完成度が低くなってしまうのはよくあることです。
多少高いと感じたとしても適正な費用をかけて作れば、費用対効果を得ることはできます。

費用対効果の高い動画を制作するためには、作成前にしっかり準備を行っておくことが必要になります。準備については、後ほどご紹介する「動画制作を外注する前の準備」を参考にしてみてください。

また、初めて動画制作を依頼する場合はどこに依頼をしたらいいのか、迷うこともあるでしょう。それも仕方のないことで、動画制作を請け負っている会社や個人は多く、選択肢が増えているからです。

外注先の選び方についても後ほどご紹介します。

動画制作を外注する際の料金相場

動画制作を外注する際の料金相場の目安は、動画の種類別に見ると以下のようになります。

※費用の相場はあくまで目安です。

動画制作の全ての工程を任せることもできますが、依頼する工程を一部にして費用を減らすこともできます。
一部の工程を依頼する例を挙げると「撮影は自社で行いたいから編集やサムネイル作成だけ依頼したい」などがあります。

料金は、依頼した作業の中に演者の手配やナレーションが入ると高くなります。
また、修正は無料で対応してくれるところもありますが、中には追加料金が必要になることもあります。

見積りを取る際に、依頼できる工程や修正対応が含まれているのかも一緒に確認しておきましょう。

動画制作を外注する前の準備

動画を制作する前に準備しておくべきことをご紹介します。
外注先の中には、準備からしっかり関わってくれるところもありますが、まずは社内で認識を統一しておくと良いでしょう。

動画の目的とターゲットを明確に設定しておく

動画を制作する目的には認知拡大や販売促進、ブランディングなどがあります。
目的が違えば効果的な企画は変わってくるので、予めきちんと設定しておきたい大事なポイントです。

そして次に、目的に見合った動画を制作するために重要なのが「ターゲットの設定」です。
広くたくさんの人に届けたいと考えるかもしれませんが、それでは結局誰にも刺さらない内容になってしまい、期待できる効果が薄くなってしまいます。

年代層や性別、居住地域、どのような悩みを抱えているのかなどのターゲット像を設定し、ターゲットにどのようなメッセージを届けたいのかを決めておきましょう。

納期や予算を決めておく

当然と思われるかもしれませんが、納期や予算を決めておくことも重要な事前準備です。

動画制作は予算のあるなしによって、アニメ―ションや素材の使用数が変わってきます。予算が明確になっていれば、予算の範囲内で最適な提案を出してもらうことが可能です。

納期も依頼からあまりにも短い場合には、追加で費用がかかることがあります。予算内に納めるためにも、余裕を持って早めに相談するのが良いでしょう。

事前に認識のすり合わせをしておく

依頼したい作業内容や出来上がりイメージの共有、修正対応をしてくれるのかなどの擦り合わせは、必ず発注前に確認しておきましょう。

動画は修正の負荷が高いため、制作後の大幅な修正が難しくなることがあります。
もし理想とするイメージに近い動画があれば参考として提出し、双方で具体的なイメージの共有をしておくと良いでしょう。

企業や商品について分かりにくい点があるならば、イラストの使用を検討するなど、クリエイティブに関しても詰めておくことがポイントです。

作った後で想像していたのと違ったなど、相互認識にズレが生じないようにするためにも、事前の打ち合わせは行うようにしましょう。

動画制作を外注する方法

動画制作を外注する方法には、以下3通りの方法があります。

  • フリーランスに依頼する
  • クラウドソーシングで依頼する
  • 制作会社に依頼する

それぞれ詳しく解説していきます。

フリーランスに依頼する

フリーランスで動画制作を行っている人に、直接依頼する方法があります。
動画制作を丸ごと引き受けてくれるフリーランスもいますが、「編集・加工作業のみ」や「ナレーションのみ」などのように、1工程だけを分担するタイプも多いです。

最近では、SNSで発信している人も増えているので、受注してくれる人を簡単に探すことができます。
ただし、実績や料金体系を他と比較しづらいのが難点です。

クラウドソーシングに依頼する

クラウドソーシングを使って動画制作ができる人を探す方法もあります。
大手のランサーズやクラウドワークス、ココナラなどは登録者数も豊富なので、制作を行ってくれる人を見つけやすいです。

フリーランス同様、動画制作を企画から丸ごと引き受けられる人もいますが、編集作業のみなど分業系のワーカーが多く見られます。

クラウドソーシングを利用する際もワーカーによってスキルがまちまちなので、完成度に差が出ることがあります。
ワーカーの実績や評価を確認できる仕組みになっているので、依頼する前に必ずチェックしてください。

制作会社に依頼する

制作会社に依頼する場合は、企画構成から動画制作までを一貫して請け負ってくれるところが多いです。「編集作業だけ」などの部分的な依頼もできます。

会社によっては公開後の「効果測定」も依頼することができます。効果測定はある程度の経験やデータの蓄積がなければ、数字を見ても良し悪しを判断しづらいものです。

今後も継続的に動画を活用する予定で、次回に活かすためのフィードバックが欲しい方や客観的な結果報告が必要な方は、効果測定を制作会社に依頼すると良いでしょう。

また予算次第にはなりますが、制作できる動画の種類も一般的なYouTuber動画から本格的なプロモーション用動画まで作ることができます。

かむなびを運営する当社エビリーでも、国内最大級のYouTubeデータベース「kamui tracker(カムイトラッカー)」を活用し企画から分析、チャンネル運用、動画編集、効果測定までを一貫してサポートすることができます。

動画制作でお困りでしたら、ぜひ一度ご相談ください!

こちらの記事では、動画編集を請け負ってくれる制作会社を紹介しているので参考にしてみてください。

YouTube動画編集の外注費用と会社まとめ | YouTube総合情報メディア かむなび

YouTubeチャンネルや広告で動画を利用する企業が増えていますが、動画制作には撮影だけではなく編集の工程も重要です。 しかし、動画を撮影できても社内のリソースだけで編集や加工を行うのは難しいと感じることがあるかもしれません。 最近では動画編集を外注できる会社やサービスなど数多くあり、編集を依頼することが可能で、制作する頻度や量に関係なく外注は便利です。 …

適切な外注先の選び方

動画制作を依頼する際の外注先を選ぶポイントは以下になります。
外注先がフリーランスやクラウドソーシング、制作会社に限らず共通してチェックすべきポイントです。

  • 制作実績がある
  • 料金体系や見積りが分かりやすい
  • 担当者のコミュニケーションは大丈夫か
  • フォローやサポートがしっかりしているか

依頼しようとしている動画ジャンルの制作実績があるかを確認しましょう。

動画を制作できると言っても、普段は結婚式用動画をメインに作っている人に企業のPR動画の依頼をしても、こちらの求める動画が作れない可能性があります。

次に料金体系や見積りは、依頼する工程が増えるほど項目が増えますが、しっかりしているところは見積りが明確で分かりやすいです。

いい加減な外注先だと見積りが甘くなることもあり、結果請求金額が予算を上回ってしまうことにもなりかねません。

見積りの段階で、担当者のコミュニケーション能力や修正などのフォローに不安を感じる点がないかなども確認しておきましょう。

動画制作後は必ず効果測定をする

動画の効果測定とは、動画施策の目標に対して効果があったのかどうかを確認するものです。
制作した動画がどのくらい視聴され、コンバージョンにどのくらい貢献できたのかを計測し、次の施策に活かすためにデータを考察します。

最初のうちから結果が思ったように出ることは多くはないので、ある程度の期間は様子を見守る必要があります。

また前述したように動画施策の経験が少ないうちは、データを見ても良し悪しの判断は難しいので、外部の知見に頼るのも1つの方法です。

効果計測と同時に、実際に依頼してみて信頼できる相手だったかどうかも一緒に振り返ってみましょう。

納期を守ったか、コミュニケーションは円滑だったか、いろいろな提案をしてくれたか、などが振り返りのポイントになります。

まとめ

これから動画を作ってみようとしている方に向けて、動画制作を外注する方法を解説してきました。

動画制作を外注するなら、自社で動画の目的やターゲット、予算、納期などをあらかじめ決めておく必要があります。
次に依頼先を決めますが、依頼先はフリーランスやクラウドソーシング、制作会社で選ぶことができます。

予算内におさまるかという点だけでなく、円滑なコミュニケーションが取れるかや制作実績などを確認して外注先を決めていきましょう。

動画SNSデータ分析ツール
「kamui tracker」

YouTubeデータを網羅し企業やクリエイターの活動をサポートする国内最大級の「YouTubeに特化」したデータ分析ツールです。

試用版を使ってみる

データと専門的な知見に基づいた
YouTuberキャスティング

貴社の商品・サービスに合ったYouTuberの選定から、企画の立案、実施後の振り返りまでをワンストップで行ないます。

相談してみる

このカテゴリの最新WHAT'S NEW