小売業界がYouTubeを活用する方法とは?事例から成功のポイントまで紹介

小売業界には百貨店やスーパーマーケット、コンビニ、ドラッグストアなどがありますが、コロナ禍の外出自粛やテレワークによって、買い物に出掛ける人が減りました。
現在、小売業界の多くの企業は厳しい経営状況が続いています。

中々外出ができない状況により、自宅でYouTubeなどの動画コンテンツを楽しむ人が増えたこともあり、多くの企業がマーケティングを目的としたYouTube活用に注目しています。
それは、小売業界も例外ではありません。

そこで今回は、小売業界がYouTubeを活用すべきメリットと活用事例、成功のポイントをご紹介していきます。

小売業界がYouTubeを活用するメリット

小売業界がYouTubeを活用するメリットを4つご紹介します。YouTube活用は、動画ならではの効果が期待できます。

お店や働いている人に親近感を持ってもらえる

人は接する回数が増えるほどに、相手に親近感を持つと言われています。
多くの人が利用するYouTube上で接点を増やすことは、企業に親近感を持ってもらうチャンスが増えます。

後ほど活用方法の事例で紹介する「永田 ハードオフ久留米国分店」チャンネルのように、従業員がこっそり始めたYouTubeで企業のファンが増えた事例もあります。

わざわざ会いにくるお客さんも増え、従業員だけでなく企業にとって嬉しいブランディング効果をもたらします。

特定の店舗や特定の人からモノを買いたい、と顧客に思ってもらえることは企業にとって何物にも代えがたいことです。
動画視聴を通して、企業に親しみやすさを感じてもらうことができます。

販売促進に繋がる

YouTubeでは、カードや概要欄に誘導先のURLを貼ることができるので、視聴して次に起こしてほしいアクションを促すことができます。

YouTubeカードとは、動画の再生途中にURLを貼ったリンクを表示させる機能のことです。
以下の記事でYouTubeカードについて解説しています。

YouTubeカードの使い方をマスターしてチャンネル成長につなげよう | YouTube総合情報メディア かむなび

関連した動画や自分のチャンネルなどへ、視聴者を誘導することが可能なYouTubeカード。視聴者のエンゲージメントを高め、より質の良い動画にするためには、これらの機能を活用することが有効です。効果を最大限に発揮することで、自分のチャンネルの動画再生回数アップやチャンネル登録者数アップにも繋がります。 今回は、YouTubeカードの使い方についてご紹介していきます。 「カード機能 …


さらには、YouTuberタイアップなどのインフルエンサーマーケティングを活用する方法もあり、様々な手段で販売促進のために活用することが可能です。

YouTuberタイアップについてこちらの記事で紹介しています。

YouTuberタイアップとは?基礎から事例まで徹底紹介 | YouTube総合情報メディア かむなび

YouTuberを企業のプロモーションに起用するマーケティング手法が、ここ数年で顕著に伸びてきています。 今回は企業から注目されているYouTuberタイアップの基礎から流れ、業種別の事例などを紹介します。 YouTuberタイアップとは、企業とYouTuberがコラボし、YouTubeチャンネルで企業の売り出したい商材の魅力を伝えてもらうことです。 …

費用対効果の高い宣伝が期待できる

YouTubeでは広告を出稿することができますが、テレビなどのマスメディアほどの費用はかかりません。

YouTube広告には配信者をセグメントできるターゲティング機能があり、出稿側が予算を決められます。
さらに、広告動画はスキップされると課金されない仕組みになっているため、費用対効果の高い広告運用が期待できるのです。

また動画広告は、YouTubeの他にもGoogle広告やSNS広告、デジタルサイネージなどの媒体にも運用できます。
商材のターゲットに合わせて、広告媒体をさらに展開することで、ターゲット層へのリーチを増やすことが可能です。

YouTubeの動画広告についてこちらの記事で紹介しています。

YouTube動画広告の種類と特徴やメリット | YouTube総合情報メディア かむなび

動画で宣伝したいという需要が増え、YouTubeがプロモーションの手段として注目されています。そのためYouTubeで商品やサービスの認知を向上させたい、販売促進に活用したい人や企業が増加しています。 その証拠に2020年の動画広告の市場規模は2,954億円に達する見込みで、2019年の2,592億円からすると前年比114%になります。今後5年間でも右肩上がりの成長が見込まれています。 …

YouTube広告の動画作成と出稿手順について | YouTube総合情報メディア かむなび

近年さまざまな媒体で動画を使った広告やプロモーションが増えています。 動画広告で成功をするためにも、多くの視聴者が見たくなる広告動画の制作と手順を知っておくと良いでしょう。新しく動画マーケティングを始める方・担当になる方へ向けて、YouTube広告の動画制作のポイントと広告出稿までの手順をご紹介します。 …

商品やサービスを分かりやすく伝えられる

動画は商品の素材感や大きさなど、テキストや静止画より多くの情報量を伝えられます。
商品やサービスを使用する様子を伝えられたり、他社にはない長所を分かりやすくアピールできたりします。

視聴者は、動画で商品やサービスを使用している様子を見ると、自らが使用しているイメージが湧くので購入意欲に結びつきやすくなります。

また通販の利用時に、WEBサイトやチラシで見た印象と実物が、想像と違ってがっかりしたという経験がある人は多いでしょう。

動画を活用して商材を分かりやすく紹介できれば、想像と実物のギャップによる返品を減らすことにも貢献できます。

小売業界のYouTube活用方法

小売業界がYouTubeを活用している事例を8つご紹介します。小売業界は様々なジャンルの業種や形態があるので、アイデア次第でどのようにも活用できることが分かります。

【広告用動画】ABC-MART

ABC-MARTは、靴と衣料の小売業大手チェーン店です。AKB48選抜メンバーが同社のスニーカー「ニューバランス327」を履いて、渋谷や原宿でダンスを披露するウェブCM動画になっています。

ウェブCM公開記念として、購入者特典を付けるなどのキャンペーンも行ったようです。私服スタイルの衣装なので、ニューバランスとのコーディネートの参考になります。

【取り組み紹介】くら寿司

くら寿司は、化学調味料や人工甘味料などの添加物を使用していない回転寿司チェーン店です。

動画からは、接触の少ない店舗作りや宅配に力を入れていることが分かり、安心して利用できる店舗運営をアピールしています。

自動会計システムの導入などの店舗への先行投資によって、くら寿司は営業利益が一旦は赤字になったものの、これらの施策が功を奏し2021年10月期(連結)の売上高が過去最高になったようです。
(参照:東京商工リサーチ「くら寿司、出店効果で売上高が過去最高、最終利益も黒字転換」

【新サービスPR】ZOZOTOWN

ZOZOTOWNは、取り扱いブランド数が国内でもトップクラスのファッション通販サイトです。

古着販売や買取も行っており、過去にも着るだけで身体のサイズを測れるZOZOスーツを開発するなど、度々注目を集める商品やサービスを企画しています。

こちらの動画はZOZOグラス(メガネ)の紹介で、メガネをかけるとアプリが自動で肌の色味を計測し、肌に合うファンデーションや下地などの化粧品を選んでくれるサービスです。

化粧品だけではなく、自分に似合う洋服選びの参考にもなるので男性でも利用できます。

【店舗見学】ウエルシア薬局薬剤師採用

こちらはドラッグストアチェーンのウエルシアが運営しており、採用に特化したコンテンツを配信しているチャンネルです。

薬局薬剤師へ就職を考えている就活生向けのもので、動画では日本に4台しかない珍しい機械の紹介や薬剤師さんの裏側の仕事の様子が見られます。

店舗見学の動画では、これから働きたいと考えている人たちに向けて、仕事の内容や職場の雰囲気を伝えることができます。

【裏技メニュー紹介】すかいらーくちゃんねる

すかいらーくグループの「しゃぶ葉」で作れる裏技メニューの紹介をする動画です。
液体からゼリーに変わる様子が化学の実験のようで、子どもにとっては真似してみたくなる動画になっています。

裏技メニューを紹介することで、視聴者に新しい食感やマニアになった気分を楽しんでもらうことができます。

【YouTuberタイアップ】らくちゃんねるby 楽天市場

大手通販サイト「楽天市場」の運営するYouTubeチャンネルに、モデルでYouTuberの「古川優香」が登場しています。

通常のYouTuberタイアップでは、YouTuberのチャンネルで商材を紹介してもらうのですが、こちらの動画では企業のチャンネルにインフルエンサーが出演しています。

個人のチャンネルの時と雰囲気が違う様子が、視聴者にとっては新鮮味があるようです。
概要欄にそれぞれ紹介した商品の販売ページへURLを貼っており、気になった人がすぐに購入できるようになっています。

【YouTuberイベント配信】丸善ジュンク堂オンラインコンテンツ

丸善ジュンク堂オンラインコンテンツは、話題の書籍や注目の新刊など書籍に絡めたイベントなどをオンラインで開催しているチャンネルです。

こちらの動画は、女優や司会として活躍する寺田有希の著書『対峙力』の出版イベントをオンラインで配信したものです。YouTuberとしても人気のある鴨頭嘉人とコミュニケーションについて対話しています。

コミュニケーションが普段の生活だけではなく、今後ますますビジネスにも大きなカギになってくることが分かり、本の内容に興味が湧きます。

【特殊な社員例】永田 ハードオフ久留米国分店

こちらのチャンネルは、リサイクルショップのハードオフで働く永田さんが個人的に始めたものでした。
チャンネルの評判が良くYouTubeで知名度が上がり、ハードオフの公式アンバサダーに就任するなど、今では会社に公認されています。

動画では、ハードオフに持ち込まれる「ジャンク品」という、一部壊れた楽器や楽器以外の音の出るものを演奏して有名曲をカバーしています。
様々な楽器を全て1人で演奏し歌い、撮影や編集も自ら行っているのだそうです。

動画を見た人がわざわざ会いに来るほどのファンもおり、またコメント欄には歌や演奏だけでなく、仕事に対する姿勢を称賛する声も多く見られます。

YouTuberの熱量が高いために、多くの人の心を動かすことができているのではないでしょうか。

小売業界がYouTube活用を成功させるポイント

最後に、小売業界がYouTube活用を成功させるポイントをご紹介します。国内でも多くの人が視聴するプラットフォームであるだけに、視聴者目線を意識することが大切です。

過度な演出はしなくてもよい

「過度な演出」の線引きは難しいかもしれませんが、テロップや効果音、エコーなどの加工は入れすぎると視聴者がシラけ離脱に繋がりやすくなります。

加工は本来、シーンのつなぎ目をスムーズにするなど動画を見やすくするために使うものです。

演出を多用すると視聴者は、どこが動画の重要なポイントなのかが分かりづらくなってしまいます。作り込みすぎるよりも、シンプルにありのままの表現で充分伝わります。

色々な年代層が見ていることを意識する

YouTubeは若年層だけではなく、幅広い年代の人が利用する動画プラットフォームです。

以下の画像は総務省が令和2年度に調査したYouTubeを利用している人の割合です。

10代~40代が90%を超えているだけではなく、50代が80%超え、60代は2人に1人の割合、70代でも3人に1人の割合で利用者がいることが分かります。

(参照:総務省『令和2年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書』より当社が独自に作成

特にファミリー層がターゲットになる企業は、家族で見て楽しめるような企画を作るようにすると良いでしょう。

また、一定の年齢層の人にしか分からない内容の発信も、企業のイメージダウンになってしまうこともあるので避けた方が良いかもしれません。

チャンネルの目的を明確化する

YouTubeチャンネルを運営する目的、つまり「なぜやるのか」という理由を明確に設定しましょう。
当たり前のように聞こえますが、企業チャンネルであっても目的を決めずにスタートしてしまう事例は意外に多いのです。

目的の決め方は、以下の点をポイントに考えてみてください。

  • 何を実現させたいか?
  • YouTubeで動画を見た人にどのような行動をしてもらいたいのか?
  • YouTubeで動画を見た人にどのような気持ちになってもらいたいのか?
  • YouTubeで顧客や見込み客とどのような交流を持ちたいか?

YouTubeを運用する最も大きな目的はファンを作ることが重要になります。
お客様ではなくファンを作る理由は、ファンの方がチャンネルへの信頼度や好きな気持ちが強く、応援という形でイベントや売上に協力してくれるからです。

ファンになってもらったその先に、どう行動してもらいたいのかを決めておきましょう。

目標数値の設定を行う

YouTubeを活用して目的を達成するためには目標数値の設定が必要です。
目標数値は以下の順に設定します。

  1. 「KGI(Key Goal Indicator)=ゴールの目標」を設定する
  2. 「KPI(Key Performance Indicator)=ゴールまでの途中の目標」を設定する

KGIは例えば「認知度を向上させる」、「購買や契約の検討をしてもらう」、「購入や問合せなどの行動を起こしてもらう」などになります。

KPIで利用されることの多いYouTubeの参考指標の例を以下に挙げますが、KGIによってチェックする指標は異なります。

  • インプレッション数
  • クリック率
  • 視聴回数
  • 総再生時間
  • 視聴者維持率
  • カードのクリック数
  • 終了画面の表示数
  • 高評価数
  • コメント数、など

例えばKGIが「購買や契約の検討をしてもらう」だった場合、KPIで設定すべき指標は総再生時間や視聴者維持率、カードのクリック数、終了画面の表示数などになります。

ほかにもYouTuberタイアップやYouTube広告を運用する場合などによっても目標設定の方法は変わってきます。

効果測定を行う

動画を制作し公開した後は、効果測定でどのくらいの人にどれだけ興味を持って視聴されたかを確認しなければなりません。
想定したほどの反応がなければ、その理由を考察し次の動画制作に活かす必要があります。

継続的に目標設定から効果測定までのサイクルを行うことで、YouTubeを活用した施策を成功へと導くことができます。

しかし、初めてYouTubeを活用する企業にとっては、これらの運用が困難に感じることも多いでしょう。

YouTubeチャンネルを作ってみたものの、CM用動画の保管庫として使っているだけで最大限に活用できず、作りっぱなしで頭を悩ませているケースも多く見られます。

作りっぱなしチャンネルを伸びるチャンネルに変える方法について、こちらの記事で紹介していますので、気になった方はぜひ読んでみてください。

“作りっぱなし”の企業YouTubeチャンネルを最大活用する3つのポイント | YouTube総合情報メディア かむなび

YouTubeの普及により公式YouTubeチャンネルを立ち上げ、事業に活用しようとしている企業が増えています。 立ち上げ時こそ目的を掲げてやる気もあるのですが、時間が経つにつれ”作りっぱなし”になり、上手く運営が進んでいない企業チャンネルも多く見られます。 YouTubeチャンネルの運営には根気とコツが必要なため、はじめは継続や運営が上手くいかないこともあるでしょう。 …


また、ここまでご紹介した分析に必要なデータは、国内最大級のSNS動画分析ツールである「kamui tracker(カムイトラッカー)」で分かりやすく確認できます。

目標設定から効果測定までできるほか、ライバルチャンネルの分析、YouTuberタイアップのキャスティングへの活用も可能です。そのほか、動画の企画や制作にも対応しており、動画の運用に関してワンストップでサポートすることができます。

まとめ

YouTubeを活用するメリットと事例、成功のポイントをご紹介してきました。
小売業界にとってYouTubeを活用することで受けられる恩恵は多く、色々なコンテンツを発信できる可能性も感じていただけたのではないでしょうか。

成功のポイントとして目標設定や分析はとても重要なポイントですが、中でも視聴者目線を忘れないことです。
効果測定から視聴者の反応を考察し、改善に活かしていけばきっと成功に繋がるでしょう。

ぜひ、小売業界の方もYouTubeの活用を検討してみてください。

動画SNSデータ分析ツール
「kamui tracker」

YouTubeデータを網羅し企業やクリエイターの活動をサポートする国内最大級の「YouTubeに特化」したデータ分析ツールです。

試用版を使ってみる

データと専門的な知見に基づいた
YouTuberキャスティング

貴社の商品・サービスに合ったYouTuberの選定から、企画の立案、実施後の振り返りまでをワンストップで行ないます。

相談してみる

このカテゴリの最新WHAT'S NEW