やっちゃダメ!登録者が増えないYouTubeチャンネルの5つの特徴

「動画投稿してるのに登録者がぜんぜん伸びない…」そんなお悩みを持つあなたに読んでもらいたいです。

登録者を伸ばすうえで「やらない方がいい」ことがいくつかあります。

現在、何気なくあげてる動画にももしかすると潜んでいるかも…。

ぜひ自身の動画と比較しながらこの記事をご覧になってください。

チャンネル登録者が増えない5つの特徴

YouTubeの自動サムネイル作成機能を利用

動画を投稿する際にYouTubeの自動サムネイル作成機能を使ってはいませんか?

3つの候補から選ぶあれです。

上画像:ぼくらのハウツーノートさまより

こちらのEngadgetの記事を読んでもらえばわかる通り、AIの学習により高クオリティのものを提示してはくれます。

しかし視聴する側にたってみてください。

キャプチャー画像に過ぎないそのサムネイルには情報量があまりに少なく「どんな内容か気になる」ものではないとは思いませんか?

事実、トップYouTuberと呼ばれる人たちで自動作成機能を使っている人はいない(はず)です。

あなたのチャンネルが趣味程度のものであればキャプチャー画像で十分かもしれません。

ですが本気で登録者数を増やしたい、そう思うのであれば自動作成機能はできるだけ避けるべきです。

ではどんなサムネイルを作ればいいのか、それについてはモカさんのブログで分かりやすく解説してるので合わせてどうぞ。

カード、終了画面をつけていない

まずは簡単に各機能の説明です。

カード

次に見て欲しい動画や再生リストのリンク、チャンネル登録画面などを動画の右上にスライド表示させることのできる機能です。

終了画面

こちらは動画の残り5〜20秒から表示されるという機能で

チャンネル登録、最新のアップロード、視聴者に適したコンテンツ、再生リストなどから最大4つまでの要素を表示させることができます。

存在は知ってるけど設定してないそこのあなた。

気になるのは本当に効果があるのか?という点だと思います。

そこで見てもらいたいのが↓のグラフです。

こちらは某チャンネルの登録者数の伸びを表したものなのですが、

2016年8月〜10月が特に伸びていることがわかります。

実は8月がこのチャンネルがカード機能を活用し始めた時期、そして10月が終了画面機能が導入された時期なんです。

このことから登録者増加とカード&終了画面にはなにかしらの相関関係があるといえるはずです。

チャンネル登録や別の動画への導線となる2つの機能、使わずに放っておくには勿体なさすぎます。

コメントを見ない

これに当てはまる人、結構いらっしゃるのではないでしょうか。

コメント欄は、クリエイターと視聴者の唯一の交流の場です。

アナリティクスの数字だけではわからないユーザーの本音も、ここで理解できたりします。

また、ユーザーさんのコメントが新しい企画案に結びつくことも。

「こんな動画を作って欲しい」「こんなことやったら面白いんじゃない?」

こういう意見もらえると有難いですよね。

時には心無いコメント厳しい意見もあるかもしれません。

しかし、そんなコメントに対しても真摯に耳を傾け、次の動画に活かしていきましょう。

「私(俺)はTwitterでやりとりしてるからコメント欄はいいや」って人もいるかもしれませんね。

ですが、少し考えてみてください。

初めてチャンネルに訪れた人からしたらTwitterでのやりとりなど知るはずもなく、今見てる動画でしか良し悪しを判断できません。

ならば、コメント欄での交流が盛んなユーザーとそうでないユーザー、どちらの印象が良いかは明らかではありませんか?

面倒であればコメント欄のトップにあなたのコメントを固定するだけでも構いません。

最初にコメントを残すことによってファンもそれに続いてコメントを残しやすいからです。

意外とないがしろにされがちな部分ではありますが、新規ファンを取り込むためにも是非とも活用して頂きたいです。

デフォルトのチャンネルレイアウトを使用

これに関しては完全に見た目の問題です。

デフォルトのレイアウトのままだと「チャンネル運営に力を入れていない」という印象を抱かれてしまいます。

注意すべき点はどのようなチャンネルなのか理解してもらうこと。

そして、お店に商品を美しく陳列するように多くの動画をユーザーが見やすいように整理することの2つです。

↓はフィッシャーズさんのチャンネルです。

とても見やすく分かりやすいのでぜひ参考にしてみてください。

レイアウトを少し気にするだけでユーザーの印象は大きく変わります。

デフォルトのままだという方は見直してみましょう。

統一性のない動画

1つのチャンネルで色々なジャンルの動画をあげたりしてませんか?(ex.商品紹介とゲーム実況など)

良く言えば「オールジャンル」ですが、悪く言えば「統一性がない」とも捉えられます。

統一性が無いことの何が問題なのか。

仮にあなたのゲーム実況を見て「新しい動画が出たら見たい」と思い、チャンネルにとんできた人がいるとします。

しかし、あなたのチャンネルにアップされてるのはゲーム実況だけでなく商品紹介、やってみた系など、ジャンルがバラバラで統一性の無い動画たち。

視聴者からしたら、そんなチャンネルの更新情報が欲しいとは思わないでしょう。

このようにチャンネルにアップする動画の方向性が統一されてないと視聴者はチャンネル登録をためらいます。

トップYouTuberが「サブチャンネル」や「ゲーム実況チャンネル」を持つのはこうした理由からです。

ASSS

今一度、アップした動画の方向性が統一されているか確認してみましょう。

公式アカウントをフォローして最新情報をGET

この記事を書いた人

トール

トール

kamui trackerの中の人の1人で、Twitterやメルマガにも出没します。 日課は寝る前のYouTube鑑賞です。

貴方のYouTubeチャンネルを成長させよう

YouTube上のプロモーションをデータで支援

法人向けサービスお問合せ

このカテゴリの最新WHAT'S NEW

この記事へのコメントCOMMENT