YouTubeとインスタとの違いは?「インフルエンサーマーケティング」の特徴について

一定数のフォロワーに対して強い影響力を持つインフルエンサーは、以前よりもさらに注目されるようになっており、インフルエンサーマーケティングに予算を使ってプロモーションをしている企業や商品も年々増加傾向にあります。

というわけで今回は、「そもそもインフルエンサーマーケティングとはどんなものなのか?」という事と、「YouTube」「Instagram」「Twitter」という3つそれぞれのプラットフォーム別に、特徴を整理していってみたいと思います。

企業のWEB担当者の方でインフルエンサーマーケティングに興味を持っている方は、ぜひ施策を行う際の参考にしてみてください。

インフルエンサーマーケティングとは?

インフルエンサーマーケティングについて 

SNS上で影響力を持つユーザーに、商品やサービスを実際に使用してもらったりするなどして、企業の代わりに宣伝をしてもらうプロモーションのことを「インフルエンサーマーケティング」と呼んでいます。企業やブランドが新しく宣伝を行う際に一番苦労することはまずその商品に興味を持ってもらうことですが、ほとんどの場合商品やサービスに振り向いてもらえず、せっかく宣伝しても気がつかれないまま終わってしまうことの方が多いのが実情だったりします。

でもインフルエンサーは、フォロワーとの間にある程度しっかりとした信頼関係を事前に築くことができているため、お客さんとの間に存在する最初のハードルを比較的簡単にクリアすることが可能になります。宣伝したい商品やサービスと相性のいい、つまり本来知ってもらうべきターゲットに効率的にプロモーションを行うことができるわけです。

ただし一方で、インフルエンサーによるプロモーションを行う際はしっかりとプロモーションであることを明記する必要があり、インフルエンサーマーケティングがステルスマーケティングになってしまわないように、注意しないといけません。

YouTubeをつかったインフルエンサーマーケティングについて

YouTube_インフルエンサーマーケティング

みなさんご存知のように、YouTubeをつかったインフルエンサーマーケティングとは、影響力のあるYouTuberによるプロモーションと考えてもらえればOKです。「動画」という一番伝えられる情報量の多いメディアをつかったプロモーションで、編集などの仕方でコンテンツの面白さも大きく変わることから、他のSNSメディアよりもコンテンツを作成する際い特に専門的なスキルが要求されるメディアです。

ちなみに知名度や影響力のあるYouTuberが動画の中で宣伝をしたりすることは、芸能人がテレビで商品を褒めたりオススメしたりするのと行為自体は本質的に変わらないわけですが、 YouTuberのほうが見ているユーザーにとってより身近な存在であるということがポイントで、これがYouTuberによるインフルエンサーマーケティングを成立させている一番のキモになります。

単純に憧れたり尊敬したりといった観点で接する芸能人とは違い、「なじみのあるこの人が言っているから信頼できるな」というように、身近な存在だからこその感情がユーザーからYouTuberに対してあるのです。

Instagramをつかったインフルエンサーマーケティング

Instagram_インフルエンサーマーケティング

YouTubeが動画を中心にしたメディアであるのに対し、Instgramは写真をメインにしたツールになります。年齢的には20代〜30代の女性の利用者が特に多いメディアとなり、ファッションやグルメ、そして美容やインテリアなど、女性が特に興味関心の高いジャンルと相性のいいメディアです。そして、2017年の流行語にもなった「インスタ映え」というキーワードからもわかるように、いかに魅力的な写真として一枚に納められるかが、コンテンツの投稿を行っていく上で特に大切なポイントとなります。

ちなみにInstagramはフォロワーに対して良質な写真を見せるという部分で優れたメディアになりますが、Twitterなどのようにコンテンツを拡散させるという部分では弱いメディアになるため、キャンペーンのツールとして利用する際は注意が必要です。

Twitterをつかったインフルエンサーマーケティング

Twitter_インフルエンサーマーケティング

様々なSNSの中でも、Twitterは特に拡散性が高く、リツイートなどの機能を通して情報がすごいスピードで広がっていきます。140文字の中でツイートを行うという基本的な機能はもちろんですが、YouTubeの動画を紹介したりInstagramの投稿へのリンクを表示したりと、それぞれのメディアをミックスした使い方が可能なことからコンテンツのバズにも発展しやすいため、インフルエンサーによるキャンペーンを行う際には必須のツールとなります。

まとめ

インフルエンサーマーケティングについてのまとめ

インフルエンサーの力を借りて、一緒にプロモーションをおこなっていくインフルエンサーマーケティングは、基本的にはどのメディアを利用しても形や仕組みは変わりません。より多くの人にキャンペーンを拡散させたい場合は、目的に応じてメディアをミックスして利用するなどの必要がありますが、基本的にはそれぞれのメディアの利用者層や得意な商品ジャンルが変わるという事くらいです。

つまり、まずは「誰に」「どのような情報を知ってもらいたいのか」という企画の根本の部分が一番大切になるというのが重要なポイントで、どのメディアを使ってインフルエンサーマーケティングを行うかなどは、その次に自然と決まってくるポイントになります。まずは企画の目的をしっかりと明確にして、その上でメディアを使い分けていくという事を忘れないようにしましょう。

公式アカウントをフォローして最新情報をGET

この記事を書いた人

かむなび編集部

kamui tracker公式ブログのライターです。 YouTuberやYouTubeマーケティングの担当者へ向けて、お役立ち記事を発信します。

貴方のYouTubeチャンネルを成長させよう

YouTube上のプロモーションをデータで支援

法人向けサービスお問合せ

このカテゴリの最新WHAT'S NEW

この記事へのコメントCOMMENT