YouTube / Instagram / Twitter / TikTokの違いとは?

今やSNSは私たちの生活に欠かせないコミュニケーションツールになっていますが、企業から見ても情報発信やマーケティングツールとして大きな存在になっています。
企業がSNS上で行うマーケティングの一例には、公式アカウントまたはチャンネルの運用や広告出稿、インフルエンサーマーケティングなどがあります。

それぞれのSNSを利用するメインとなる利用者の属性や特徴は様々です。同じ発信を各媒体で行ったとしても、同じように効果が得られるとは限りません。
今回はYouTube、Instagram、Twitter、TikTokとそれぞれのプラットフォーム別の特徴を整理してみましょう。

SNS利用動向

SNS(Social networking service)とは、人と人との繋がりをオンライン上でサポート・促進するコミュニティ型の会員制サービスです。多くのSNSサービスの売上げは広告スポンサーからの収益で成り立っており、そのためユーザーは無料で利用できるようになっています。
日本でもSNSは広く普及し、コミュニケーション目的の他に情報を得るためのツールとしても存在感が大きくなっています。

下記は総務省が2019年に、10代~60代までの1,500人に行ったSNS別・年代別の利用率調査から抜粋したグラフになります。
YouTubeの利用率が極めて高く、次いでTwitterとInstagram、TikTokが続きます。総じて10代の利用率が最も高く、年代が上がるとともに利用率が順に下がっていく傾向にあります。


(出典:「令和元年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査委報告書」(総務省)をもとに、当社が独自に作成。)

また下のグラフも総務省のデータから抜粋した、SNSを利用していると答えた男女別の回答割合です。YouTubeとTwitterは男性がやや多いのに対して、InstagramとTikTokでは女性が多くなっています。


(出典:「令和元年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査委報告書」(総務省)をもとに、当社が独自に作成。)

YouTube

YouTubeは2005年2月にアメリカでリリースされた動画共有プラットフォームで、現在では100カ国以上80の言語で利用できるサービスです。2006年11月にGoogleに買収され、Googleの子会社になっています。

YouTubeの利用者数

Googleの調査によると、日本のYouTubeの月間ユーザー数は2020年9月の時点で6,500万人を超えたそうです。世界のユーザーでは20億人以上いるそうです。


(参照元:月間 6,500 万ユーザーを超えた YouTube、2020 年の国内利用実態──テレビでの利用も 2 倍に


(参照元:YouTube About-プレスルーム

前述した総務省の世代別利用率を見ると、YouTubeは他のSNSと比べて若年層だけではなく幅広い世代に受け入れられていることが分かります。
特に60代の利用率ではTwitterとInstagramが共に9.3%、TikTokが2.8%に対し、YouTubeは44.8%と他媒体よりかなり高い点が大きな特徴です。男女比の利用割合で見ても男性が79.7%、女性が73.0%とほぼ変わらないので、老若男女問わず利用者の多い媒体と言えます。

YouTubeの特徴

YouTubeは動画の長さを自由に設定できるのでコンテンツの幅が出しやすく、ジャンルが非常に豊富なSNSです。動画はテキストや写真よりも分かりやすいので、情報を深く伝えることができます。

機能については、ライブ配信で投げ銭ができる「スーパーチャット」や月額料金を支払う視聴者に見返りとしてメンバー限定の特典を提供する「チャンネルメンバーシップ」などがあります。
ファンを獲得してYouTuberが収益を得られる仕組みやマネタイズしてビジネスに繋げることが可能です。

しかし、チャンネルが成長するまでに時間がかかるので、始めのうちは拡散力があまり期待できないかもしれません。チャンネルは一旦伸び始めると成長が加速していくケースが多く、チャンネルが成長するにつれて拡散力も上がります。

Instagram

Instagramは、2010年10月にリリースされたFacebook傘下のサービスです。リリース当初は写真に特化した投稿のみでしたが、現在では動画投稿が可能になっています。

Instagramの利用者数

2019年6月の発表によると、日本国内のアクティブアカウントの数は2019年3月時点でアカウント数が3,300万人を超えたそうです。利用者層は男性が43%、女性が57%と女性が上回っているとのことです。
(参照元:Instagramの国内月間アクティブアカウント数が3300万を突破

前述した総務省の世代別利用率を見ると、10代63.4%、20代64.0%、30代48.6%と利用が多く、40代32.5%、50代30.9%、60代9.3%となっています。Instagramは比較的に若い世代に多く活用されています。

Instagramの特徴

Instagramは、目で見て楽しめる写真や動画の投稿と閲覧に特化しています。アプリ上で写真や動画を撮り、加工できるところが人気の理由です。

機能については、最長60分の長尺動画を投稿できる「IGTV」、Instagram上で商品を販売し決済を行える「Shop Now」などがあり、動画投稿と商品販売ができる仕組み作りに力を入れています。

Instagramでは他人の投稿をシェアできないため、拡散力が他のSNSよりやや低くなります。拡散力をカバーするには、FacebookやTwitterと連動して運用すると良いでしょう。

またテキスト中心の投稿ではないことから、投稿に「#(ハッシュタグ)」と呼ばれる投稿内容に関するキーワードを付けて検索性を補う必要があります。

Twitter

Twitterはアメリカで2006年7月にリリースされた、ショートテキストで投稿ができるサービスです。いつでも簡単に投稿できるのが特徴で、さまざまな人と気軽にコミュニケーションを取ることができます。同じ趣味嗜好を持つユーザーを探すこともできるので、コミュニティの幅も広がります。

Twitterの利用者数

Twitter Japanの発表によると、2017年10月に日本での月間利用者数が4,500万を超えたそうです。

前述した総務省データを見るとTwitter利用率は10代が69.0%、20代が69.7%と高く、年代が上がるごとに30代47.8%、40代33.4%、50代28.1%。60代9.3%と利用率は減っていきます。また男性の利用率が41.8%で、女性の35.4%よりも上回っているところが特徴的です。

Twitterの特徴

Twitterは、最新ニュースやトレンドをリアルタイムで追いかけられる検索性と、気に入ったツイートを自分のタイムラインに流せるリツイート機能により強い拡散性があります。
リアルタイムな検索性と拡散性はイベントやテレビとの相性が良いのが特徴です。

投稿は140文字(半角なら280文字)のショートテキストで行い、1投稿に画像は4枚まで掲載可能です。
その他の機能では、ライブ配信や24時間で自動的に削除される「フリート(Fleets)」があります。

また2021年2月にはリアルタイムの音声対話が可能な「スペース」が、一部の利用者にテストで利用が始まっています。

近年ではアンチコメントなどの不適切な発言を繰り返す利用者に対して規制を強める措置が取られています。

TikTok

TikTokは、中国で2017年9月にリリースされたスマホ向けショートビデオ映像を共有するプラットフォームです。現在では150カ国以上75の言語で展開されています。

TikTokの利用者数

TikTokの正確な利用者数は公表されていないものの、ByteDance株式会社日本法人の副社長である西田真樹氏によると、2018年第四半期の月間アクティブユーザー数は950万人を超えたと発表しています。
(参照元:TikTokが広告配信プラットフォームをリニューアル!日本法人副社長に聞く、広告主企業の活用価値

前述した総務省の世代別利用率を見ると、10代が47.9%で20代利用率20.4%の2倍以上になっており、中高生を中心とした若年層に影響力があります。

TikTokの特徴

TikTokは15秒または60秒のショートムービーの作成・加工・共有ができるサービスです。編集がTikTok上で可能で、BGMの豊富さや加工の容易性から動画編集アプリとして使用している人もいます。スマホの縦長画面に最適に表示されるようになっているのも他のSNSアプリと異なる点です。

動画には音楽に合わせて口パクやダンスをするなど、簡単でできそうと思えるものが多く見られます。長くて60秒の短い動画なので撮って上げるまでに時間がかかりません。

また「ハッシュタグチャレンジ」と言って、TikTok内のユーザーに特定のハッシュタグを付けた投稿を促す広告があります。企業がお題となる「ハッシュタグ」を用意し、キャンペーンの一環で拡散させるために使うことが可能です。
「ハッシュタグチャレンジ」は広告ではありつつも通常の投稿となにも変わりません。そのため、通常通りたくさんのいいねやコメントが付きます。視聴者にはコンテンツの一つとして受け入れられるので、投稿数も増え、他のSNSにシェアされることもあり拡散力が期待できます。
さらに、2021年3月1日から投げ銭機能である「TikTok LIVE Gifting」もリリースされ、機能面での拡充が行われています。

まとめ

SNSの中でも影響力のあるYouTube・Instagram・Twitter・TikTokの利用者数と特徴を紹介しました。

基本的に若い人がメインの利用者と思われがちですが、それぞれの媒体で異なる特徴を持っています。

情報の拡散力に関しても媒体によって変わるので、企業でSNSを運用する際や広告を出す際には、各媒体の特徴を踏まえてプランを練ると良いでしょう。
ぜひSNSを運用する際の比較参考にしてみてください。

動画SNSデータ分析ツール
「kamui tracker」

YouTubeデータを網羅し企業やクリエイターの活動をサポートする国内最大級の「YouTubeに特化」したデータ分析ツールです。

試用版を使ってみる

データと専門的な知見に基づいた
YouTuberキャスティング

貴社の商品・サービスに合ったYouTuberの選定から、企画の立案、実施後の振り返りまでをワンストップで行ないます。

相談してみる

このカテゴリの最新WHAT'S NEW