YouTubeがパートナープログラムを変更!!YouTuberが今後気をつける事は?

2018年にはいって早々、YouTubeのパートナープログラムが変更になりました。YouTubeパートナープログラムとは、YouTuberが投稿する動画によって収益を得るための仕組みのことで、YouTuberの収益は広告のクリック回数やYouTubeRed利用者による視聴回数から発生するかたちになっています。

ちなみに昨年の2017年4月にも、「投稿した動画の合計視聴回数が1万回以上」という条件がYouTubeのパートナープログラムに参加する要件として追加されましたが、今回はより厳しい「過去12か月間の総再生時間が4,000時間以上ある事」と、「チャンネル登録者数が1,000人以上いる事」という2つが、新しい条件として追加されることになりました。

パートナープログラムの変更が適用になるタイミングは?

パートナープログラム変更_タイミング

2月20日には、この条件がYouTubeの既存のチャンネルにも適用され、それまでの30日間は猶予期間となります。それ以降は、チャンネル登録者数 1,000人以上、総再生時間4,000時間以上という条件に満たないチャンネルはYouTubeで収益を得ることができなくなります。条件を満たしたチャンネルについては、厳しい基準に照らした審査が自動的に行われ、YouTubeのポリシーに準拠しているかどうかが確認されます。新しいチャンネルの場合は、条件を満たした時点で審査をお申し込みいただく必要があります。

クリエイターを保護するための YouTube パートナー プログラム(YPP)の新たな変更点に関するお知らせ より

つまり2月20日から30日後までの間に新しい基準をクリアしていなければ、これまでパートナープログラムに参加できていた人も契約が解除されることになります。(仮に基準を満たしていない場合でも、それまでに得た収益分については支払いが行われます。)

パートナープログラムが新しく変更になった背景

パートナープログラム_変更_背景

今回のパートナープログラムの変更は、YouTubeのブランドイメージや活躍するYouTuberを守り、YouTubeの存在価値をさらに高めていくことを目的にしたものです。2017年もYouTuber関連の騒動が数多くニュースに取り上げられ話題となりましたが、一際その中でもインパクトが強く、大きな問題として取り上げられたものはアメリカのYouTuberローガン・ポール氏の騒動といえるのではないでしょうか。

ローガン・ポール氏は、もともと東京で通行人にモンスターボールのクッションを投げつける動画など、やりたい放題の言動で注目を集めていたようですが、極めつけとなった投稿は樹海で自殺者の遺体を撮影した動画です。これが大きな炎上に発展してYouTubeも騒動に対してコメントを発表し、最終的にパートナープログラムをより厳しいものに変更する形となりました。

Googleの検索エンジン同様、YouTubeも広告によって収益を発生させるビジネスモデルです。いくら利用者数が多いメディアであっても、投稿される動画の質があまりにも低ければ、企業は自社のブランドイメージの低下に配慮しYouTubeに広告を出稿してくれなくなります。そして、現在活躍しているYouTuberをしっかりと守っていくためにも、まずYouTubeのプラットフォームとしての価値をダウンさせないことが大切になるため、今後もさらに少しずつ条件が厳しくなっていくことが予想されます。

kamui trackerを有効活用して、自分のYouTubeアカウントを成長させていこう

kamui Tracker_TOP

新しく追加になった「過去12か月間の総再生時間が4,000時間以上ある事」と「チャンネル登録者数が1,000人以上いる事」という条件を満たすことは、そう簡単なことではありません。ちなみにチャンネル登録者数が1,000人以上いるアカウントは全体の中で1割にも満たないと言われています。がむらしゃらに数多く動画を投稿していくだけではなく、戦略的に自分のアカウントを運営して成長させていくことが必要になります。

ちなみに今後のYouTubeの運営方法で悩んでいるYouTuberには「kamui tracker」というツールがオススメです。再生回数を上げるために最適なキーワードをアドバイスする事はもちろん、自分のチャンネルに登録してくれているファンの好みを分析してそれをデータとして提供してくれる事も可能になっていますし、自分のアカウントだけではなくライバルや目標となるチャンネルを登録して分析する事も可能です。

競合チャンネルの分析に使っています。自分が気になるチャンネルをベンチマークでき、そのチャンネルの人気動画をチェックしています。

自分の視聴者に人気のチャンネルは何なのか」「自分のチャンネルは何番目に位置するのか」といったような通常のYoutubeアナリティクスでは分かり辛い機能をよくチェックしています。豊富なデータが一目で、わかりやすく理解できるので重宝しています。

動画一覧画面は、平均再生率、登録者視聴回数やシェア数など、自分が確認したい項目を一覧画面でみれるのが良いですね。 また自分と同じジャンルのクリエータさんの詳細情報をみれるのは動画を制作する上でとても参考になります。

kamui tracker より

さいごに

Youtube_パートナープログラム変更_まとめ

YouTuberとして収入を得ていくうえで、動画の再生回数やチャンネル登録数という数字はとても大切な指標になりますが、それだけが動画を投稿するモチベーションになってしまうと結果的に自分が損をしてしまうことになります。社会問題としてニュースなどでも取り上げられるYouTuberの騒動はすべて、突き詰めていくとこれが原因の根本になっています。

数字の向こう側には動画を見てくれる人の存在があって、その人が見た時にどう感じるかという視点も忘れないようにしなければなりません。短期的な視点と長期的な視点、両方をバランスよくもってチャンネルを運営していくように気をつけましょう。

動画SNSデータ分析ツール
「kamui tracker」

YouTubeデータを網羅し企業やクリエイターの活動をサポートする国内最大級の「YouTubeに特化」したデータ分析ツールです。

試用版を使ってみる

データと専門的な知見に基づいた
YouTuberキャスティング

貴社の商品・サービスに合ったYouTuberの選定から、企画の立案、実施後の振り返りまでをワンストップで行ないます。

相談してみる

このカテゴリの最新WHAT'S NEW