【あるある】YouTube動画のコメント欄でありがちなこと

どの年代からも90%近くはスマートフォンにアプリを入れていると言われているYouTube。
老若男女様々なリスナーがいますが、その中でも好みは細分化され、特に人気YouTuber動画のコメント欄は1種のコミュニティになっています。
今回は、日々たくさんの動画の中からこれ1度は見たことある!というものを探していきたいと思います。

後釣り宣言

現代のWeb社会でYouTube内外を問わず最もかっこ悪い行為とされている後釣り宣言。
A「素人が適当なこと言うな」
B「~の専門家ですよ」
A「釣れたwww」
コメント欄で間違った知識を披露してしまうことは誰でもある物ですが、それを指摘された時に「釣りでした」と言い素直に間違いを認められないのはカッコ悪いですよね。

無駄な改行

YouTubeアプリの使用上、コメント欄は6行以上になると詳細ボタンを開くというワンステップを踏まなければ全て読むことが出来ません。
この面倒極まりないワンステップをうまく利用し、例えば貧乳ネタの動画であれば

「大丈夫!~さんは胸あるよ!

詳細
2つ!」
というような、詳細のあとに意外な一言で締めるコメント手法が広がりました。
読む側に労力をかけるため、つまらないと叩かれるというデメリットがあります。

アニメアイコン叩きからの戦争

最近はめっきり減りましたが、Twitterと同じようにアカウントアイコンが特色としてあるYouTubeでは、アニメアイコンを理由に不当な叩き方をするユーザーがコメント欄でも散見されました。
時代は移りゆくもので、そういった不当な叩き方をした多くの場面で他のアニメアイコンが駆け寄ってきて
「アニメアイコンに親でも殺されたの?」
などの決めゼリフを吐きます。
アニメアイコン論争はアニメアイコン派が数の論理で存在を認めさせた形に思えましたが、2017年、ラッパー呂布カルマさんがTwitterで発言した、
「オタクなんか気持ちわりーんだから自覚しろや。自分らの感覚マトモだと思ってるのかよ」
は、火の玉ストレートとも呼ばれ、強力な武器を得たアニメアイコン否定派とアニメアイコンの戦いは今後もYouTubeコメント欄で散見出来そうです。

信者の侵略戦争

最近今までにないペースで増えてきた所謂「物申す系YouTuber」。
基本的な定義としては、問題を起こした芸能人、YouTuberに対し持論を展開するコメンテーター的な役割だったが、2017年あたりからは火のない所に煙を立てるタイプの物申す系YouTuberも出現。
売名を目的に、有名YouTuberに一方的に喧嘩を売るため、喧嘩を売られたYouTuberの信者がコメント欄に侵略戦争をしかけ数の暴力でコメント欄を乗っ取る自体も散見されました。

唐突な自分語り

某大型匿名掲示板では古来よりタブーとされてきた自分語り。
近年では、自分語りをする隙を作ったことを自戒する被害者も多いが、SNS文化で育ったYouTubeキッズ達には全く意に返さない様子。
特に公式のミュージックビデオなどには唐突な自分語りが反乱しており、
「この曲のお陰で今日告白して付き合い始めました!」
「〇〇と別れた後毎日聞いてた」
など、モテない陰キャオタクからの嫉妬を買う内容から
「中学生だけどこの曲好き」
「この曲のおかげで受験受かりました!」
など、心底どうでもいいものまで自分語りの沼と化しています。
自分語りが嫌いな向きは、近寄らない方が良いでしょう。

言葉の定義でレス20往復

出来たばかりのネット用語は、基本的には一義的な意味が一番しっくりくるものが広まる傾向にあるが、広まるにつれてその絶対的に譲れない定義とは違う定義でネット用語を使う人が出てくるのは必然。
「意識高い」「陰キャ」「ネトウヨ」などは今まで途方もない数が定義レスバトルを繰り広げていることでしょう。
言葉の成り立ちを双方がしっかり調べることで解決できそうなものですが、これらの用語は悪口に使われることが多いため、そもそもの成り立ちなどは関係なく言われた側がバトルを仕掛ける傾向にあります。

嫌なら見るな理論

最近のWeb全般に言えることですが、アンチコメントを許さない文化というのが徐々に広がっています。
特にYouTuber事務所最大手のUUUMはそういったWeb社会を目指しており、リスナーもそれに呼応している印象を受けます。
「嫌なら見るな」
を筆頭に、
「低評価押した人の気持ちが分からない」
「面白くないとか言ってる奴、自分で動画上げてみろよ」
など、とにかく批判的な発言を許さず数の暴力で抑え込む手法が広まっています。
ニコニコ生放送では囲いが強い生主は伸びないという反省から、敢えて叩きやすい発言をする生主も多かったため、Webの中でも動画サイトは特に、時代の流れが大きく変わりつつあると言えるでしょう。

執拗なセクハラ行為

YouTubeは複数アカウント作成の容易性、ユーザーブロックのしにくさなどから、Twitter以上に匿名性の高いツールと言えるでしょう。
プロフィールを書くユーザーもいなければ、フォローし合うようなユーザー間コミュニティも事実上存在しません。
いわば、基本的にはなんでもありなYouTubeコメント欄ですが、特に酷いのが男性向け女性クリエイターに対するセクハラコメントです。
化粧系YouTuberなど女性向けクリエイターの場合は数の論理もあり、あまり見かけませんが男性向けだと悲惨です。
元々、需要に対して数が圧倒的に少ないことも要因として挙げられるでしょう?
男性向け女性クリエイターの中でも特に男性比率が高いと言われているねこてんさんやせろりんねさんの動画では、もはやどれだけ過激なセクハラ発言を言い、それがグッドボタンで評価されるかを争うゲームになっていると言ってしまうことも可能でしょう。
距離が近い分、下手なアイドルより大変な職業かも知れません。

どこにでも現れるナナセレイ

有名チャンネルのコメント欄で宣伝コメントをするYouTuberの中でも、ナナセレイはその量と速さから知名度が高く、なんとその甲斐あって登録者は1万人に達したようです。
否定的な方も多いですが、この手法で結果を残したのも事実。
あまり露骨な物は今後もYouTube側から規制される可能性もありますが、ナナセレイが結果を出してしまった以上、今後も人気チャンネルでの宣伝行為は無くならないのではないでしょうか。

~きたアピール

YouTubeの目玉機能と言えば関連動画。
今ではあまり言われなくなりましたが、まだYouTuberがそこまでメジャーでない時代には全く関係ない動画を見ても、関連動画にHIKAKINさんの変顔サムネイルが現れることで良い意味でも悪い意味でも話題になりました。
不定期で変化するアルゴリズムを使い算出しているこの関連動画。
無名なチャンネルにとっては有名チャンネルの関連動画に入ることが1つの目標であったりもします。
そんな共通認識をリスナー側も持っているのか、有名チャンネルの動画から無名チャンネルの関連動画に辿り着いたリスナーは、恩着せがましくも「~から来た」とわざわざ宣言してくれます。
分かりやすくて良いのかもしれませんが、「だから何?」と思ってしまう視聴者も多いのではないでしょうか。

👍の数だけ〇〇します

登録者稼ぎ、グッドボタン稼ぎ、コメント稼ぎ、、、
YouTuberたちは日々様々な手法を使い方これらの数字を追い求めています。
しかし、リスナーにもグッドボタン稼ぎは存在します。
「👍の数だけ〇〇します!」
はまだマシとして、
「〇〇好きな人👍」
「👍の数を奇数にしてください」
などは見ていて頭が痛くなる人も多いのではないでしょうか。
数字を求めていくのは素晴らしいことですが、コメントの👍稼ぎに関しては、その例外に加えておきたいところです。

バーチャルYouTuberへ淫夢厨の侵略も

2018年に入ってから登録者週間ランキングを総ナメにしているバーチャルYouTuber。
キズナアイ、輝夜月、シロイルカ、ミライアカリは四天王とも呼ばれ、全員2018年上半期中に100万人登録を達成すること間違いなしです。
そんなバーチャルYouTuberに目をつけたのが、現在、退廃した荒野と化したニコニコ動画に生息していた淫夢厨。
もともとはMAD文化で人気になったニコニコ動画。バーチャルYouTuberの登場でMAD文化再興の兆しも見えています。
キズナアイは海外にもファンが多く、英語と淫夢語が入り乱れているバーチャルYouTuberのコメント欄という現状です。
ただ中国のbilibili動画でも人気があるなど、ワールドワイドな淫夢語録。
いずれはバーチャルYouTuberコメント欄の言語統一も近いかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか。
やはり、YouTuberのコメント欄といえば喧嘩。といったイメージですが、YouTuber事務所最王手・UUUMの尽力もあり徐々に浄化されつつある流れも感じます。
ニコニコ動画と比べ、あまり目立つことのないYouTubeのコメント欄ですが、今後どのように独自の進化を遂げていくのか注目していきましょう。

公式アカウントをフォローして最新情報をGET

この記事を書いた人

かむなび編集部

kamui tracker公式ブログのライターです。 YouTuberやYouTubeマーケティングの担当者へ向けて、お役立ち記事を発信します。

貴方のYouTubeチャンネルを成長させよう

YouTube上のプロモーションをデータで支援

法人向けサービスお問合せ

このカテゴリの最新WHAT'S NEW

この記事へのコメントCOMMENT