YouTubeのSEO対策は「スモールキーワード」がカギ

SEO対策で効率よく動画の再生回数をUP

動画の再生回数をUPさせる方法

YouTubeに投稿する動画の再生回数を増やすために必要なことは何でしょうか?動画を視聴した人が充分に満足して、面白いと思ってもらえるような良質なコンテンツを作成することは、もちろん何よりも大切なことですが、残念ながらそれだけでは再生回数は増えていきません。

確かにコンテンツそのものが面白ければ、SNSを通してバズが発生し、それでたくさんの人に見てもらえるというパターンもあります。
しかし、どんなに動画が面白かったとしても、まずその動画を発見してもらえないことがほとんどです。

なので基本的には、地道にコツコツ動画を作成し再生回数を増やしていくということになります。
しかしどんなに動画を投稿することが好きでも、コツコツ継続して動画を作成して投稿していくことはとても大変ですし、続けているのになかなかそれが効果として現れないとモチベーションも低下してしまいがちです。

そのため「できるだけ効率よく再生回数を増やすアプローチ」で動画を投稿していくことが大切です。
では効率よく動画の再生回数を増やしていくためには何をすればいいのか?というと、その答えの一つが「SEO対策」なのです。

YouTube上にUPした動画への流入経路で改善できる箇所は?

動画への流入経路

なぜSEO対策が効率よく再生回数を増やす方法なのかというと、SEOは正しい努力をすれば、数値を大きく改善できるものだからです。

検索キーワード対策をする際は、YouTuberにとって必須ツールであるYouTubeアナリティクスを利用します。このツールで「トラフィックソース(経由元)」の部分を確認してみると、自分の動画にどういった経路でアクセスされているのか確認できて、以下のように様々な項目が出てくるかと思います。

  • 外部(ブログなど)
  • アプリケーション(SNSなど)
  • 関連動画(動画に設定したタグによるもの)
  • 検索エンジン(GoogleやYahoo)
  • YouTube検索 (検索キーワードによるもの)
  • 再生リスト (ユーザーが作成したリスト)

この中で、自分の努力によって一番大きく改善できる箇所は「YouTube検索」と「関連動画」と「検索エンジン(GoogleやYahoo)」になります。SEO対策をすることで、同時にこの3つからの流入をUPさせることにつながるのです。
効果的なSEO対策をすることで、YouTube検索で上位に表示される可能性が高くなり、関連動画でも見つけてもらいやすくなり、加えてYouTube以外のGoogleの検索エンジンからの流入も見込めることになります。

そしてこのSEO対策の中でもカギを握るのが、「スモールキーワード」の攻略といえます。

スモールキーワードとは?

スモールキーワードとは、検索ボリュームがそこまで大きくないキーワードのことです。反対に「ビッグキーワード」は検索ボリュームが大きいキーワードのことです。

例えば「サッカー」や「アプリ ゲーム」などのように、多くの人が検索窓に打ち込むであろうキーワードはビックキーワードになり、反対にスモールキーワードは「サッカー クロアチア ディフェンス」や「アプリ ゲーム バイク おすすめ」など、複数のキーワードを組み合わせたものであったり、専門の知識がないと調べられないようなキーワードになります。

スモールキーワードを攻略するメリット

なぜスモールキーワードを攻略することが有効なのか、ここで改めてより詳しく説明していきたいと思います。

競合が少ないので検索結果ページ上で上位に表示される可能性が高くなる

検索結果ページの上位に表示されれば、当然その分多くのアクセスが見込めるようになりますが、検索ボリュームが少なすぎるとアクセスがほとんど集まりません。検索ボリュームが少なすぎるとそのキーワードを対策しようとする人も少なくなるので検索結果で上位に表示されやすくなりますが、その分ニーズも少ないので上位に表示されても動画へのアクセスは見込めません。スモールキーワードの中でも、ある程度ニーズがあるのにまだ誰も対策していないようなニッチな穴場のキーワードを攻略することが大切になります。

ただし、近い将来にヒットする可能性が高いものや、自分が好きでどうしても紹介しておきたいものなどを、あえてニーズがまだそこまでない段階から仕込んでおくというのも大切なので、どこまでを対策するかはその都度自分で判断しながら進めていくようにしましょう。

関連動画で表示されやすくなる

検索ボリュームがそこまで多くない穴場のキーワードは、投稿している動画の数もそこまで多くない可能性が高いため、動画の右側に表示される関連動画の場所でも、よりいい位置に表示される可能性が高くなります。関連動画の「もっと見る」までクリックして動画を探す人はそこまで多くなく、関連動画の順番もできるだけ上に表示さることが大切になります。

対策したキーワードがビデオキーワードだった場合、GoogleやYahooなどの検索エンジンからの流入も見込める

基本的に、キーワードによる流入が見込めるのはYouTubeのプラットフォームからだけですが、対策したスモールキーワードが上の画像のようなYouTubeのビデオ付きで表示されるビデオキーワードだった場合は、YouTubeにプラスしてGoogleなどの検索エンジンプラットフォームからも流入を獲得することができます。動画への入り口が単純に1つから2つになるので当然再生回数を増やす上で有利になります。

スモールキーワードを対策する際の考え方

スモールキーワードは、ニーズが小さすぎてもダメで、ある程度ニーズがあるのにも関わらず、そのニーズを満たすような動画がないという状況がベストです。では需要があるのに供給がないキーワードは、一体どのようなキーワードかというと、

  • 一部の人たちの間で人気のあるジャンルの、新製品や新しいサービス
  • 速報性が高く興味を持つ人が多い情報 (SNS上などで注目度が高い事件や炎上ネタなど)

大きくこちらの2つに分けることができると考えています。ちなみに2つに共通するのは「ニーズがある事」「発信している人が少ないこと」の2つになるわけですが、後者の場合は、オリジナリティよりも情報発信のスピードがより重要な要素になります。

スモールキーワードの探し方

例1:コインチェック騒動

ここからは具体例をもとに、スモールキーワードの探し方について説明していきたいと思います。今回は、WEBから始まってTVのニュースなどを通しても世間的に大きな注目を集めた仮想通貨取引所の「コインチェック騒動」を例にしてみます。まずは「コインチェック騒動」という検索キーワードを打ち込んで、ポテンシャルがどれくらいあるかを調査してみることから始めます。

「コインチェック騒動」という検索キーワードを打ち込んだ結果は上の画像のような形になります。一番上に表示されている動画はCASTDICETVというチャンネルの動画になりますが、チャンネル登録者数が421人で成長過程にあるアカウントでも4日で1万再生もの再生回数を稼ぐことに成功しています。単純計算になりますが、仮にこのようなアプローチが10回できればそれだけで10万近く再生回数をUPさせることができます。

ちなみに検索順位の2番目に表示されている「みずにゃんちゃんねる」はチャンネル登録者数が161,544で1日遅い3日前の投稿、3番目の「オーリーch」チャンネル登録者数が5,645で1日遅い3日前の投稿となっています。

順位決定の基準などは公開されていないため正確なことは分からず、おそらく動画全部の再生回数や動画の滞在時間など全てを含めた上で検索順位を決定しているものだと思われますが、検索順位を決定する際に、現時点でのアカウント登録数よりも重要視している指標が別にあることがわかります。そして4日前の段階で動画を投稿している人はほとんどいなかったので、いち早く動画を投稿すればするほど再生回数のUPにつながることがわかります。

例2:料理動画

2つ目に料理動画の場合を例にしてスモールキーワードの探し方を考えてみましょう。料理動画の場合は、動画を投稿している人が多く、他の人と差別化するのが難しいジャンルですが、新しい料理のアプリやサービスなどと組み合わせて料理動画の紹介ができると、ニッチなキーワードを拾える可能性が高くなります。例えば「ハンバーグ クックパッド」というキーワードで検索をした場合、検索結果は上の画像のような形になります。

特に注目すべきは上から2番目の動画で、こちらはチャンネル登録数433人と成長過程のアカウントに関わらず上位に表示することができています。もし上位が影響力の高いYouTuberの動画で埋まっていれば対策は難しくなりますが、これなら初心者のYouTuberにもある程度ポテンシャルのあるキーワードである事がわかります。

「ハンバーグ」「クックパッド」と、どちらも知名度の高いキーワードですが、今回のように組み合わせてみると以外にニッチなキーワードなものは存在しています。このアプローチを一つのアイディアとして参考にし、色々な組み合わせを検索窓に打ち込んでポテンシャルを調査してみましょう。

対策できるスモールキーワードがなかなか見つからない場合はどうすればいい?

スモールキーワードがなかなか見つからない場合

スモールキーワードを対策する際の考え方やアプローチを紹介してきましたが、それでも投稿している動画のジャンルによっては、ライバルが多く穴場のキーワードを見つけるのが難しいという人もいるかと思います。そういった場合は、思い切って別のアプローチに大きく切り替えてみるのもいいかもしれません。

違うジャンルの動画を投稿していく

人によってはゲーム実況から語学などのジャンルへ一気に方向転換するのもいいかもしれません。どんなにニーズが高いジャンルでも、すでにコンテンツを提供している人がおおければ、後からそのジャンルに参入した人はどうしても不利になってしまいます。成功するためには「ニーズがあって、かつ、出来るだけライバルの少ない分野」を選ぶのが一番です。

ただしとはいえ、自分がまったく興味のない分野を選んでも動画を継続して投稿していくのが難しくなるため、自分の興味の範囲と視聴者のニーズとのバランスを考慮して、ジャンルを決めるように注意しましょう。

ちなみに前提として、YouTubeでは1チャンネル1テーマで投稿していくことが推奨されており、テーマを変えて動画を投稿したい場合は別チャンネルを作ることが推奨されています。方向転換をする際は新しくチャンネルを作成して、そこで新しいジャンルの動画を投稿していくようにしましょう。

視点や切り口を工夫する

仮に同じ商品を紹介する場合でも、切り口や視点を工夫することによって違う情報を見ている人に届けることが可能です。扱う商品の種類によっては商品の使い方ではなく、その商品を作った人や作る過程を紹介した方が有効な場合もありますし、振り切ってそんな使い方は絶対にしないだろう!と、ツッコミが入るような使い方をあえて紹介するのも、商品を印象付けるアプローチとしては有効です。

例えばマツコデラックスさんは色々な番組に出演している人気タレントですが、なぜあの人が重宝されるかというと、見た目のインパクトはもちろんですが、男性・女性の両方の気持ちがわかるレアな視点をもった存在だからです。仮に放送されるVTRがすでにみたことがあるようなものでも、マツコデラックスさんならではのコメントがVTRに付加されることによって、VTRにオリジナリティが生まれ、視聴者は新しい楽しみ方ができるようになります。

スモールキーワードを対策する際の注意点

スモールキーワードを対策する際の注意点についてもおさえておきましょう。特に注意したいのは以下の2つです。

再生回数を重視するあまりに、自分がこれまで投稿してきたジャンルとあまりにかけ離れないように注意

再生回数はあくまでも自分のアカウントの指標の一つで、再生回数をUPさせると同時にチャンネル登録者数を増やしていくことも忘れてはいけません。再生回数だけを基準に動画を投稿して、結果、投稿する動画のジャンルがバラバラになってしまい、何について発信しているYouTuberなのかが分かりにくくなるとチャンネル登録者数はなかなか増えていかないので注意しましょう。

スモールキーワード対策はあくまでも方法の一つということを忘れないようにする

今回紹介したスモールキーワード対策は、あくまでも再生回数を増やすプロモーションとしての対策です。コンテンツのクオリティーをおろそかに、再生回数だけをUPさせようとしても上手くはいきませんし、逆に再生回数を増やすためにはコンテンツのクオリティーが何よりも大切になります。プロモーション対策とコンテンツの質の両方が伴うことによって、再生回数とチャンネル登録者数の両方を増やしていくことが可能になります。

まとめ

スモールキーワード対策_まとめ

SEO対策の重要性と、その中でもスモールキーワード対策の具体的な方法について説明してきましたが、最も重要なポイントは、「需要があるのに供給が足りていない領域を見つけて攻略する」ということです。このポイントを忘れないように意識したうえで取り組んでいきましょう。

ちなみにキーワードがなかなか思い浮かばない場合は、ぜひkamui trackerを活用してみてください。再生回数を上げるために有効なキーワードをアドバイスする機能だけではなく、ライバルのチャンネルと自分のチャンネルを比較できる機能もあり、様々な使い方ができます。

動画を作成する際に、どのキーワードをメタデータにするかを考えることはすべてのクリエイターが行なっていることでしょう。キーワードアドバイスを使えば、検索回数や他のチャンネルのアップロード傾向から、動画を作成するのにおすすめのキーワードを提示してくれます。適切なキーワードを含めることで、動画の検索順位もUPします。

kamui tracker

動画SNSデータ分析ツール
「kamui tracker」

YouTubeデータを網羅し企業やクリエイターの活動をサポートする国内最大級の「YouTubeに特化」したデータ分析ツールです。

試用版を使ってみる

データと専門的な知見に基づいた
YouTuberキャスティング

貴社の商品・サービスに合ったYouTuberの選定から、企画の立案、実施後の振り返りまでをワンストップで行ないます。

相談してみる

このカテゴリの最新WHAT'S NEW