バーチャルYouTuber(VTuber)の作成に必要なモノは?投稿までのウラ側を紹介します!

目次 バーチャルYouTuberの仕組みについてバーチャルYouTuberを作成するために必要な技術や道具について1.3Dモーションキャプチャー2.フェイスモーションキャプチャー3.3Dモデルデータ4.UnityバーチャルYouTuberを作成するまでの流れについて動画データを作成する際の流れについて動画の企画〜投稿までの流れについてその他の重要なポイントについてまとめ 今回こちらの記事では最近各方面で話題となっているバーチャルYouTuber(VTuber)の作り方について説明していきたいと思います。 今はまだ専門的な技術が必要とされるため、実際にチャレンジできるのは一部のクリエイティブ精神をもつチャレンジャーに限定されておりますが、 どういう仕組みで動画が成り立っているかという事など、コンテンツの「裏側」に興味がある方が大勢いらっしゃるのではないでしょうか? 今回はどういった道具をつかって、どのようにして作成されているのかという作り方を中心に紹介していきたいと思います。 バーチャルYouTuberでYouTubeデビューをお考えの方も必見です。 バーチャルYouTuberの仕組みについて バーチャルYouTuberはキャラクターを使った動画配信になり、キャラクターは3DのCGデータをもとに製作されています。 キャラクターの声は上の動画のように声優さんが担当する事もあれば、Vocaloidの初音ミクのように機械の声を使用する場合もあります。 そしてキャラクターの動きは、実際の人間の動きを反映させているのが今は一般的で、上の動画のように専用の機械を体に取り付ける形で撮影を行なっています。 バーチャルYouTuberを作成するために必要な技術や道具について バーチャルYouTuberの動画を作成する際は、大きく以下の4つを使って作成を進めていくことになります。 1.3Dモーションキャプチャー こちらは人間の体の動きをセンサーを通して記録し、それを3Dモデルデータに反映させるための技術になります。 実際にデータを取り込む際に使用するものはNeuronやKinectというツールが有名で、上の動画を見ると実際の仕組みが理解しやすくなっています。 2.フェイスモーションキャプチャー こちらはWEBカメラを使って人間の口や頭の動きを取り込み、それを3Dモデルデータに反映させる … 続きを読む バーチャルYouTuber(VTuber)の作成に必要なモノは?投稿までのウラ側を紹介します!