YouTuberが子供の勉強でも大活躍!教育YouTuberの可能性と収益性について

YouTubeが、子供たちの勉強を手助けするサービスとしても利用されていることをご存知でしょうか。中にはYouTubeの動画内だけにとどまらず、動画が実際にリアルで運営する塾への入会やWEBをつかった個別対応につながってきているケースもあるそうで、メディアを中心に多くの人の関心を集めています。

今回はこういった教育系YouTuberが成功している状況や人気YouTuberについて整理しながら、チャンネル登録数5万人で60万円以上など、少ないアカウント数で効率よくマネタイズする仕組みについて説明していきたいと思います。

子供たちの間でスマホを使って勉強することが当たり前の時代に

MMD研究所やアオイゼミの調査によると、スマホを勉強に活用している人は全体の約90パーセントもいると言われています。

そしてその中から、スマホで動画サイトやアプリを利用して勉強している人は約40パーセントもいると言われており、YouTubeを通してわからない所を勉強する生徒さんも数多くいることがこのデータから分かります。

そういった中でも、子供は日常的にYouTuberのコンテンツに親しんでいる人が多いためコンテンツを利用する際のハードルが低くなっており、YouTubeを使った勉強を行う人は今後も増えていくことが予想できます。

加えてYouTuberという存在は、色々な種類のインフルエンサーの中でもとりわけファンとの距離が近いことが特徴になるため、YouTuberによる教育系コンテンツは、より子供が勉強に取り組みやすくするためにふさわしいという側面があります。

人気の教育系YouTuber

今回は、教育系YouTuberの中でも特に人気のあるYouTuberを5人ピックアップしてみました。実際に教室の売り上げにまでつながっている人は、まだ限られた人数しかいませんが、再生回数100万回以上の動画を投稿していたりするアカウントなども含めて選んでみました。

とある男が授業をしてみた / アカウント登録数 35万

こちらは元塾講師で、小学3年生の内容〜高校受験・高校生向けの内容まで幅広い科目の動画を投稿している「葉一(はいち)さん」というYouTuberです。TV番組などにも多数出演していて、教育系YouTuberの中では一番知名度の高いYouTuberになります。

現時点で約2500もの動画をYouTube上に投稿しており、19chというサイトを通じて実際に授業で使うテキストも一緒に提供していたりと、まさに至れり尽くせりの先生です。

そして何よりも印象的なのが、動画のコメント欄に並んでいる学生たちのコメントです。ほぼほぼポジティブなコメントしか並んでおらず、コメントを見るだけでも生徒たちに分かりやすい授業を行なっていることが伝わってきます。

とある男が授業をしてみた

篠原好 / アカウント登録数 6.2万

こちらは葉一(はいち)さんと並ぶ人気教育YouTuberの一人で「篠原好さん」という方のチャンネルになります。受験科目の内容について説明するだけではなく、勉強計画の立て方やセンター試験で使える裏技などのコンテンツも投稿しています。

篠原好さんはYouTube上だけではなく、実際に有料で個別指導も行なっている先生になりますが、Abematimesによると、指導は月に4回、時間に応じて3万円〜5万円の料金、教え子は全員で20人ほどという事ですので、広告収入なしで60万円〜100万円もの料金を稼いでいることになります。通常のYouTuberであれば、アカウント登録数6万前後でこういった収益はほぼ無理になるため、新しい収益スタイルを持っているYouTuberとしても注目すべき存在と言えます。

篠原好

ツトッキー / アカウント登録数5.5万

こちらのツトッキーさんは 、ゲーム実況と東大生向けの受験対策について投稿するYouTuberです。動画へのコメント数がかなり多いのが特徴で、可能な限り質問してくれたユーザーに対して返信をしている所も印象的です。

教育系YouTuberを目指したいと考えている方は、このツトッキーさんの「ゲーム×勉強」というコンテンツの方向性を一つのモデルとして参考にしてみるのもいいかもしれません。ゲームと勉強はどちらも若年層が多いカテゴリーになるため、認知してもらえるチャンスもそれだけ増えますし、ゲームで憧れをもってもらえるくらい人気が出れば生徒さんも「この先生に教えてもらいたい!」という気持ちにつながりやすくなると思います。

ツトッキー

受験サポーターsin / アカウント登録数1万

こちらの受験サポーターsinさんは、センター試験対策や英単語のテクニックを中心に紹介しているYouTuberになります。動画の作成本数はまだそこまで多くなく、アカウント登録数もこれからさらに伸びていく段階のアカウントになりますが、「英単語を効率的に覚える方法」という動画は100万回再生を超えていて、ユーザーからの評価も高い動画になっています。生徒さんのニーズをしっかりと抑えてそれに沿ったコンテンツができれば、教育系コンテンツでもしっかりと100万回を超えることができる一例といえます。

受験サポーターsin 

バイリンガールちか / アカウント登録数105万

最後に紹介するこちらのYouTuberはすでにご存知の方も多いかと思われます。CMにも出演していた「バイリンガールちかさん」のアカウントです。名前の通り、バイリンガールである事を生かして英会話について説明するコンテンツを投稿しているYouTuberになります。

厳密にいうと、こちらのちかさんは今回紹介した教育系YouTuberとは少しテイストが異なる存在になりますが、若年層の生徒さんだけでなく、このチカさんのようにターゲットを大人まで広げて、ビジネスのためのスキルアップ教育や生涯教育という意味での教育YouTuberも、同様にまだまだ可能性があると考え、あえて今回ピックアップをしてみました。

ターゲットや教える内容を変えるだけではなく、継続して学ぶ必要があったり、専門知識を必要とするハウツーのコンテンツを提供するYouTuberもポテンシャルがあるのではないかと考えています。

バイリンガールちか

YouTuberによる教育系動画はマネタイズしやすいジャンル

京都大学出身の篠原好氏は、主に大学受験生向けの授業を無料配信してきたが、有料での個別指導も行っている。指導は月4回で、料金は時間に応じ3〜5万円だ。指導はスマホが中心で、長野市の自宅にいながら九州の受験生も指導する。生徒がわからないところをすぐにスマホで撮影し、LINEで送信するのだ。

20人ほどの教え子がいる篠原氏の個別指導は広がりを見せる。昨年12月下旬、篠原氏の元に東北、関西、四国など全国各地から受験生が集まった。目的はセンター入試直前の年越し合宿だ。参加した受験生は、「本人に会って、自分の成長に繋げられたらなと」「一人だと勉強が進まないので、他の人からの刺激でもっと頑張れるようにしたい」と意気込む。

Abematimesより引用

こういった教育系YouTuberの事例で特に興味深いと感じることは、YouTuberによる授業動画がそのまま入塾のプロモーションにもしっかりとつながっていることです。ちなみに先ほど上で紹介した篠原好氏さんは、アカウント登録数は6万前後とYouTuberの中では決して多くないタイプにもかかわらず、YouTubeの動画だけで自分が運営する塾の売り上げを最低でも60万以上稼いでいます。

YouTuberが収益をたくさん得る方法は、大きく、動画の再生回数を増やして広告収入を得るか、アカウントの登録者数を増やして企業からタイアップ案件の依頼を受けるかの2つが一般的なかたちになりますが、今回の事例を見てみると良質なコンテンツが提供できれば、仮にチャンネル登録数が少なくてもしっかりとマネタイズできるポテンシャルがある事が分かります。

YouTubeで得られる収益の具体的な目安とは?

先ほど上で紹介した篠原好さんは、生徒さんへの個別授業で最低でも60万円くらいの金額を稼いでいることになりますが、もし仮にこれをYouTubeの広告収入だけで達成するとすれば、どれくらいの再生回数が必要になるでしょうか。一般的にYouTubeの1再生あたりの金額は0.08〜0.1円と言われていますので、60万円くらいの収益を出すためには、およそ600万回くらいの再生回数が必要になります。

一方で企業とのタイアップ案件で、60万円もの金額を得る場合にはどうなるでしょうか。有名YouTuberのシバターさんによると、チャンネル登録者数×1.5倍の金額が、YouTuberのタイアップ案件1つあたりでもらえる平均的な金額となっているようなので、タイアップ案件一つで60万円を稼ぐためには40万ユーザーの登録が必要になり、仮に1案件で15万円だったとしても10万ユーザーの登録が必要になります。

一ヶ月に必要な総再生回数は600万回、そしてチャンネル登録数に関しては10万人。もちろん2つはそれぞれ相関関係にあるのでどちらか一つだけの値で判断する事は難しいのですが、中級者以上のレベルを目指しているYouTuberにとってはかなりハードルが高い数字といえますよね。

一方で篠原好さんに関してはチャンネル登録者数が5万人前後の状態で、なおかつ広告収入やタイアップ案件による収入抜きで60万円もの収益を得ているわけですが、かなりコストパフォーマンスの高いマネタイズができていることになります。

もし勉強以外の分野でマネタイズを意識したYouTuberコンテンツを作成するなら??

YouTubeではエンタメや美容に関する動画コンテンツが特に人気になっているため、以下のようなジャンルはマネタイズしやすいコンテンツとして応用しやすいかもしれません。ここから先はあくまでも個人のアイディアになりますので、自分で企画を考える際の参考程度にお考えください。

ダンス教室

こちらは、単純に教える内容を「勉強」から「ダンス」に変えたものになりますが、ダンススクールはまさに体験型のサービスで、動画でなければ魅力を伝えるのが難しいジャンルになります。ちなみに上のチャンネルは韓国にあるダンス教室の動画になり、アカウント登録者数818万とものすごい規模のアカウントになっています。

コンテンツを作成する方法は色々と考えられますが、こちらの事例のように世界的に有名な曲を利用すれば、自分の国内の人だけではなく、ワールドワイドにダンス教室をプロモーションすることが可能です。実際にダンスを教える際はWEBをつかってコミュニケーションを取ればしっかりとやり方を教えることができますし、ダンス練習の風景を撮影して共有してもらえれば、細かい部分の確認をすることも可能です。

習字など日本文化について学べる教室

YouTubeは日本国内だけではなく、全世界中の人に向けてコンテンツを発信できるプラットフォームになりますから、日本ならではの文化である習字が学べるコンテンツを世界に向けて発信するのも一つの方向性としていいかもしれません。英語ができる方が当然ベターですが、もしも仮にできなくても習字なら図や記号をつかって解説すれば伝わりますし、そもそも作成する過程すべてが短時間のうちに見れるので学びやすくなっています。

そして海外から生徒になりたい申し込みがあった場合でも、決済に関してはBASEなどのサービスを利用することで対応可能ですし、事前に説明文をしっかりと作成しておいたり、よくある質問などをまとめておけば利用者も申し込みがしやすくなります。

PCやスマホの便利な使い方やツール、修理方法などについて紹介するYouTuber

「わからないことがあるならまずはググれ!」と、よく言われるものですが、Googleで検索するにも検索スキルというものが必要になり、知りたい情報になかなかたどり着けないという人も多くいらっしゃるかと思います。そういった方向けに、丁寧に便利な使い方やツールを説明するYoutuberというものもポテンシャルがあるかもしれません。ITスキルがあまり高くない人は、ブログ記事などを見ていても理解できない事が多くあったりするため、実際に人に口を使って説明してもらうほうが安心しやすいです。

ヨガなどの健康系教室

ヨガなどのやり方を教えるYouTuberもポテンシャルの高いジャンルといえます。基本的に何かのやり方などを教えるサービスのほとんどは、実際に教室に足を運んでもらわないと教えるのが難しいジャンルのものが多いのですが、ヨガであれば教室がある地域の近くに住んでいなくても、WEBを使ってレクチャーしやすいという特徴があります。

もしWEBを中心にスクールを運営するのであれば教室を構える必要もありませんし、限定公開を使って生徒さんだけが動画を閲覧できるように設定して、日本全国各地の生徒さん複数人に同時にレクチャーするということも可能です。

YouTuber養成講座

実際にリアルではすでに存在しているサービスですが、活躍しているYouTuberがYouTuberとして活躍するための方法などについて動画を投稿し、WEB上でアドバイスを行うサービスも一つとして可能性があるかもしれません。特にYouTuberは小学生が将来なりたい職業ランキング上位にランクインするくらい人気の職業になるため、人気YouTuberになる方法とまではいかなくても、実際にどういった仕組みでコンテンツが配信されていたりするのかを体験できるようなサービスがあると、子供も楽しみやすいと思われます。

まとめ

上で紹介した案はあくまでアイディアベースのものになり、もちろん必ず成功するというものではありません。しかし、人に教えてあげられるような知識や技術があれば、通常のアプローチで収益を増やしていくよりも早く収益を増やすことに成功できます。再生回数やチャンネル登録者数が増えず伸び悩んでいるという方はぜひこういったアプローチも一つのヒントとして参考にしてみてください。

動画SNSデータ分析ツール
「kamui tracker」

YouTubeデータを網羅し企業やクリエイターの活動をサポートする国内最大級の「YouTubeに特化」したデータ分析ツールです。

試用版を使ってみる

データと専門的な知見に基づいた
YouTuberキャスティング

貴社の商品・サービスに合ったYouTuberの選定から、企画の立案、実施後の振り返りまでをワンストップで行ないます。

相談してみる

このカテゴリの最新WHAT'S NEW