YouTube再生回数を増やす、キャッチーな動画タイトルを作るために必要なこと

みなさんの中にもYouTubeに動画をアップしているという方がいらっしゃることでしょう。もしかしたらYouTuberの方がいるかもしれません。動画のタイトルは、あなたが作った動画の存在をまだ知らない人に知ってもらうための重要な要素です。今回は、再生数が増えるタイトルのつけ方について解説します。

YouTube Creatorsでタイトルをつける基本を学ぼう

YouTube Creators

「YouTube Creators」では、YouTube動画を制作しているクリエイターたちにさまざまなヒントを提供しています。たとえば、制作した動画を広く世界の人たちに知ってもらうにはどうしたら良い?面白い動画を制作するにはどうする?どんな動画がYouTubeの運営側に評価されている?といったことがわかるようになっています。

「YouTube Creators」では、より多くの人たちにチャンネルを発見してもらう方法として、「誤解を招くようなタイトルは避けること」を推奨しています。視聴者がタイトルを見て訪れて、これは予想していた内容と違うと判断して早々に引き上げた場合、総再生時間に悪影響がおよび、動画の評価が下がる恐れがあります。動画のタイトルは、視聴者を裏切らないことが第一条件になります。

また、「タイトルの冒頭に、説明的で関連性のあるキーワードを含める」ことも推奨しています。その際には、文字数が多すぎないように簡潔にまとめることがポイント。どのような動画なのか、タイトルがコンテンツを正しく表していることが必要です。

さらに、動画タイトルに関連した説明文も検索やページの上位表示に大きく影響しています。動画の内容をわかりやすく簡潔に説明することが大切ですが、キーワードを羅列しただけの検索を意識した説明文は逆効果です。不自然にならないように文章にキーワードを入れるようにしましょう。

サムネイルの工夫はもちろんのこと、サムネイルをクリック(またはタップ)したくなるタイトルである必要があります。魅力的なサムネイルとタイトルがマッチしてはじめて視聴者に「見てみようかな」と思ってもらえます。

YouTube動画のタイトルは、後からでも変更できます。動画の作成時に良いタイトルが思いつかない場合は、タイトルをつけないまま作成して、アップした後にタイトルを考えてつけるということも可能です。

YouTubeでどのようなワードが検索されているのかを知る

YouTubeの検索窓でキーワードを入れると、ワードの候補が上から順に表示されます。例えば「キャンプ」に関連して、他にどのようなキーワードで検索されているのかを知るためには、検索窓に「きゃんぷ」とひらがなでキーワードを打ち込んでみます。

すると「キャンプ料理」「キャンプツーリング」「キャンプ飯」「キャンプ道具」といったキーワードの候補が下にでてきます。たくさんの人がキャンプに関連して料理やツーリング、道具について知りたいのだということがわかります。

「レシピ」というキーワードを入力すると「レシピ料理」「レシピ簡単」「レシピスイーツ」といった候補が表示されます。「玉子かけご飯」では「玉子かけご飯大食い」「玉子かけご飯アレンジ」「玉子かけご飯美味しい食べ方」「玉子かけご飯ヒカキン」といった候補が出てきます。

打ち込んだキーワードの下に表示される候補は、たくさんの人がYouTubeの検索窓で、検索していることの証拠です。ここに表示されたキーワードを参考にすると、より多くの人に見てもらえるタイトルになります。ただし、先述した通り、内容とタイトルにずれがないことが大切です。

kamui trackerはYouTuber向けに無料でキーワードアドバイスツールを提供しており、キーワードの人気度や競合の少なさを知ることができます。

有名YouTuberのタイトルのつけ方を学ぶ

カズチャンネルの動画より

動画のタイトルのつけ方は、有名なYouTuberの作品が参考になります。例えば上のカズチャンネルの動画では、「神の高感度領域!30万のガチカメラ「GH5s」がキター!」「後輩YouTuberに呼出されました。。。」「ノロウイルスの消毒方法!元施設の従業員が指導!」といったタイトルがあります。「神の高感度領域!30万のガチカメラ」、神の高感度領域ってどんなの?と視聴者でしたらだれでも思うはずです。思わずポチリとクリックやタップしたい衝動にかられます。

HikakinTVの動画より

同じくYouTuberのHikakinTVでは、「タクシー運転手にブチ切れました【愚痴動画】」「マスオTV100万人突破の瞬間が嬉しすぎて暴走www【祝福】」「【鼻終了】臭いものだらけのにおい展行ったら鼻おかしくなったwww【加齢臭】」といったタイトルが並びます。「臭いものだらけのにおい展」ってどんなの?と思わずクリックしたくなります。

まとめ

「YouTube Creators」には、再生回数を増やすためのタイトルづくりや、評価されている動画の傾向を探るヒントがたくさん盛り込まれています。ぜひ、チェックしておくようにしましょう。また、アクセス数を伸ばす目的だけの質の低い動画作品は、YouTubeの運営者から敬遠されがちです。注意しましょう。

公式アカウントをフォローして最新情報をGET

この記事を書いた人

かむなび編集部

kamui tracker公式ブログのライターです。 YouTuberやYouTubeマーケティングの担当者へ向けて、お役立ち記事を発信します。

貴方のYouTubeチャンネルを成長させよう

YouTube上のプロモーションをデータで支援

法人向けサービスお問合せ

このカテゴリの最新WHAT'S NEW

この記事へのコメントCOMMENT