大炎上したローガン・ポールから学ぶべきこと。炎上の経緯と、彼の現在

アメリカのティーン達に絶大な人気を誇るYouTuber『ローガン・ポール』が起こした炎上事件。きっかけは、彼が日本の樹海で遺体を発見する動画を投稿したことに始まります。当然、この動画はかなり批判の的となり、すぐに削除されました。しかし、この事件はこれだけでは終わらなかったのです。今回は、そんな『ローガン・ポール事件』の経緯を詳しく説明していきたいと思います。
ローガンポール

WillNEの動画より

ティーン達に大人気のYouTuber、ローガン・ポールとは?

アメリカの10代に絶大な人気を誇るYouTuber、それがローガン・ポールです。
小さい頃から弟と共同でYouTube動画を作成しており、Facebookにも動画を投稿、
自身のアパレルブランドを持つなど幅広く活動しています。
Forbes Japanの情報によると、彼の2017年の収入はなんと約14億円。その内、YouTubeでの収入は4分の1程だと書かれています。

ローガン・ポールの動画の特徴は「悪ふざけ」や「いたずら」。
これがアメリカのティーン達に大ウケし、彼は大人気YouTuberとなりました。
ただ、悪ふざけ動画だけではなく、著名人とのコラボなども行っていました。

また、弟もインターネットセレブリティとして有名。
兄弟揃って、そのファンの多さに比例するようにアンチもかなりの数います。
YouTubeには、彼らの動画がいかに馬鹿馬鹿しくつまらないものか説明する動画も溢れています。

批難の嵐!炎上のきっかけとなった動画とは

以前から悪ふざけ動画でアンチを着々と増やしていたポール。
日本での炎上のきっかけとなったのは、ポールとその知人らが来日した際の動画でした。

2017年12月末、ポール一行は山梨県にある青木ヶ原を散策していました。その時、自殺したとみられる男性の遺体を発見。
一部始終を撮影していたポール達は、この動画を同年の12月31日にYouTubeにアップしました。

遺体を見つけた際、ショックを受けた様子ですぐに警察に通報したポールと一行。
しかし、直後に「これは、YouTubeの歴史に残る瞬間になる」などと言ってみたり、遺体に関してジョークを飛ばし合ったり、しつこく遺体の撮影をする場面も。この動画は世界中の630万人もの視聴者が見ることになり、「すごく不快だ」「悪ふざけのレベルを超えている」など、ポールに対する批判が殺到しました。低評価数も20万人を超え、アップしてわずか24時間後に、ポール自ら問題の動画を削除することとなったのです。

炎上動画、世間の反応は?有名人も批判!

青木ヶ原の遺体動画をアップするとすぐに批難のコメントで溢れかえったポールの動画。
以前からのアンチはもちろん、ローガン・ポールを知らなかった日本の視聴者にも様々なサイトでニュースとしてシェアされ、この動画が知られることになります。すると、一般人だけではなく、海外のセレブ、他の有名YouTuberからも次々と批判コメントが出される騒ぎとなりました。

多くのYouTube視聴者は、ローガン・ポールの青木ヶ原での遺体動画に対して呆れ、怒っているようです。
「つまらないから消えろ」「彼はなぜ捕まらないんだ」などといった過激なコメントが、削除された動画以外にも見られます。

また、アメリカの大人気ドラマシリーズ『ブレイキング・バッド』に出演している俳優、アーロン・ポールは

「君は最悪だ。大勢の子どもたちが君を慕ってるのが信じられない。悲しすぎる。このビデオが子どもたちの目を覚ましてくれるといいけど。君はまさにゴミくずだよ。自殺はジョークじゃないんだ。地獄で朽ちろ」

海外「なんてことを!」日本に来ていた米セレブの問題行動がセレブ界を巻き込む大騒ぎに

とコメント。
中性的ルックスで人気を集め、歌手だけでなくモデル、デザイナーなどマルチな才能を発揮するジェフリー・スターは

「ビュー数のためなら何でもする人が居るのねぇ。気分が悪いわぁ」

海外「なんてことを!」日本に来ていた米セレブの問題行動がセレブ界を巻き込む大騒ぎに

とローガン・ポールを批難。正にセレブ界に「ローガン・バッシング」が巻き起こりました。

しかし、ローガン・ポールの熱狂的なファンである10代の子ども達からは、「彼が何をしたっていうんだ」「彼はミスを犯したかもしれないが、もう許されるべき」などと擁護。
中には

「自殺した人は、ローガン・ポールの動画に出演させてもらえてラッキーだ。俺も彼の動画に出演できるならなんだってするよ。なぜなら世界中から認知されて有名になれるからな 」

米人気YouTuberローガン・ポール騒動から考える「人として大切なこと」
という過激な発言をするファンまで現れており、注目を集めています。

他のYouTuber達の反応

同じYouTuber達はこの動画をどう見ていたのでしょうか。

多くのYouTuberは、海外YouTuberも含めてポールの炎上した動画について批判的な動画をアップしています。その中でも話題になったのは、日本人YouTuberのReina Scully(レイナ・スカリー)さん。
youtuber_レイナスカリー
Reina Scullyの動画より

彼女はこの動画の中で、特にローガン・ポールの日本人に対する差別的な態度に関して指摘しています。

観光客が面白半分で来るところではない青木ヶ原でおそろしく非常識な行為を行ったのも、そういった日本人を同じ人間として扱わない態度からきたものではないかと指摘。

ローガン・ポールに対する有名YouTuberたちの反応まとめ

また、ローガン・ポールと一緒にいたにも関わらず、彼の行為にストップをかけなかった知人たち、
そして、悪質な行為をおさめた動画を配信し続けたローガン・ポールをインターネットセレブにしたYouTube自体も批判しています。

非常に正当な批判動画にも関わらず、先程書いたような彼の若い過激なファンたちは、この動画に中傷コメントを大量に書き込みました。しかし、賛同の声の方が多く、YouTube視聴者もYouTuber達もローガン・ポールの行為は看過できなかったようです。

日本では?

炎上のきっかけとなった遺体動画は日本で撮影されました。この動画や騒動を知った日本人はどう思ったのでしょうか。Twitterでは、以下の様なツイートが多く見られます。

「ローガンポール、vine時代はおもしろかったのに。
樹海の動画とかひどすぎるし、築地でトラックの後ろに勝手に乗ったり走ってる車とか通行人とか飲食店に騒いではいって店員さんにポケモンボール投げたり、警察沙汰なってるし全然笑えない…旅はその国の最低なマナーくらい守るのが普通じゃないの?…」

Twitterより

「ローガンポールのファンて10代は特に多いと思うんだよね。米国の10代の自殺率が高くて日本以上だということを米国人は全く認識していないんじゃないかな。自殺はジョークでもネタにするものでもないし自殺=日本でもないのに。こんなのに影響されてる子供たちは本当にお気の毒。」

Twitterより

やはり、多くの日本人にとってローガン・ポールが日本で撮影したあの動画は許せるようなものではないようです。
一時期はワイドショーなどテレビ番組でも頻繁に取り上げられ、逮捕を望む声も多く聞かれました。

遺体動画だけではなかった!数々の悪質イタズラ動画

アップされてからあっという間に批判が広がったローガン・ポールの動画ですが、すぐに削除されたものの、これだけでは炎上が収まることはありませんでした。なぜなら、来日した際の別の動画も大変悪質なものだったからです。

彼が日本でおかした悪行を挙げればきりがないのですが、その中のごく一部を挙げると

・公道で突然叫ぶ
・ホテルバイキングで切り分ける用のパンをそのまま手掴みで持ってくる
・ゲームボーイを買い、店内や公道で破壊してクレームを入れる
・車にボールをぶつける
・飲食店員にボールをぶつける
・タクシーの車体に生魚とタコを乗せて放置する

樹海自殺動画のローガン・ポールが日本でした迷惑・犯罪行為が大量に発覚!

どれも低俗でかつ周りの迷惑を顧みない最低な行為と言っていいでしょう。
まさに、ローガン・ポールの悪質行為の被害にあってしまった人たちは不運だと言わざるを得ません。

この他にも国内外で数々の迷惑行為の常習犯として有名なローガン・ポール。来日する以前にも、アメリカ国内でかなり批判の声はあったようです。

これらの動画は、炎上した動画が削除された後も消されずに、現在でも視聴可能です。
遺体の動画がきっかけとはなりましたが、この日本での迷惑行為はYouTube視聴者のみならず世界中の日本ファンの怒りにふれることになります。

謝罪動画をアップするも…

自身が投稿した青木ヶ原の遺体動画に批判が殺到したことにより、ローガン・ポールは動画の公開を停止した後、謝罪動画をアップしました。

ローガン謝罪
Logan Paul Vlogsの動画より

彼のコメントを簡単に紹介すると、
「許されることは期待していないが、ただ謝罪がしたかった」
「動画を投稿すべきではなく、撮影もするべきではなかった」
「動画を見てしまった人や精神疾患を持っている人、また遺体の本人と家族に謝罪したい」
「僕がしてしまったことを擁護するファンへ…擁護する価値はないので、僕を擁護しないでくれ」
「自分自身を恥じ、必ず改善することを誓います」
といった、謝罪と反省の思いをカメラの前で発言しています。そして彼は約3週間の自粛期間に入りました。

この動画に対し、世間の反応はとても冷ややかなものでした。
なぜなら彼は今回炎上した遺体を撮影した動画の他にも、来日した際に周りの迷惑を顧みない悪ふざけ動画を投稿していることが発覚していたからです。

この謝罪動画の低評価は高評価を大きく上回る211万以上。現在もなお増え続けています。

YouTubeの対応

今回の炎上騒動を起こしたローガン・ポールに対して、YouTubeの対応はどのようなものだったのでしょうか。

青木ヶ原での遺体動画をアップしてすぐに批判が殺到し、YouTubeにこの動画の削除や彼のアカウントの凍結を求める声が世界中に広がりました。また、彼のような悪質なYouTuberにプラットフォームを提供し、なおかつ迅速な対応をしないYouTubeにも批判が集まることとなります。

そんな中、2018年1月9日、YouTubeはTwitter上で「コミュニティへの公開書簡」と題したツイートを投稿。

「多くのユーザーが私たち(YouTube)の対応の遅れに不満を抱いていることは承知している。あなた達は、何が起こっているのかを正しく知る権利がある」「自殺は冗談で扱っていいものではなく、再生回数稼ぎの手段になってはいけない」とツイート。さらに、ローガン・ポールを「YouTubeのガイドラインに違反している」

Twitterより

とし、以下のペナルティを決定しました。

  1. 広告プログラムである「Google Preferred」からの除外
  2. YouTube Red(日本未対応)でのオリジナルビデオプロジェクトへの参加は見送り

まずは1つ目の「Google Preferred」からの除外について、下記の説明が詳しいので引用します。

Google Preferredとは広告主が設定した属性に合うチャンネルに広告を出稿できるプログラムのこと。
例えば車の広告を出したいなら、車のレビューで人気のYouTuberの動画に広告を出せる…ということですね。
Google Preferredには人気チャンネルのみがラインナップされているのですが、ここからローガン・ポール氏は削除されることになります。

アメリカの迷惑YouTuberにようやく制裁が!と思ったら、甘すぎる対応だった…

2つ目の YouTube Redですが、これは現在まだ日本は対応していない、YouTubeの有料サービスです。このYouTube Redが企画していたオリジナルビデオプロジェクトにローガン・ポールは参加予定だったのですが、今回の騒動を受けて参加が見送られることとなりました。

このYouTubeの対応には「甘すぎる」との批判も多く見られます。なぜなら、現在でもローガン・ポールのアカウントは凍結されておらず、彼は活動を続けることができているからです。このようなYouTubeの甘々な対応に不満を持つ人々が、ローガン・ポールのチャンネル削除を求め署名活動を始めています。

自粛からの復帰と世間の反応

さて、謝罪動画から約3週間の自粛期間を経て、ローガン・ポールは活動を再開します。
再開して初めての動画の内容は、彼の今までの悪ふざけ動画とは全く違う、自殺予防を呼びかける動画でした。

ローガン復帰
Logan Paul Vlogsの動画より

この動画は広告も入っておらず、ポール自身が視聴者からの批判を真摯に受け止め、自殺を考えるまでに思いつめている人たちを救う方法などを学んでいきたいとコメント。動画の最後には、自殺予防ライフライン(National Suicide Prevention Lifeline)に100万ドル(日本円で約1億1000万円)を寄付すると発表し、今回の騒動について反省した態度を見せました。

これに対し、自粛3週間で活動再開は早すぎるとの声も多く、世間の反応はあまり良くありません。また、それまでの悪ふざけ動画をよく思っていない人々は、この動画を単なるイメージアップの手段だと感じた人も多いようです。

一方、活動再開を待ちわびていた彼のファンは、批判に対して「彼は反省しているのだから、もう許してあげるべき」「彼が死ぬまで責め続けるの?」など、ローガン・ポールを擁護する発言を続けています。

謝罪動画では低評価が高評価を大きく上回っていたローガン・ポールですが、
今回の復帰動画では、逆の現象、高評価が低評価を大きく上回り、その人気の根強さを見せつけています。

ローガン・ポールの現在は?

賛否両論の中、復帰を果たしたローガン・ポール。
復帰第一弾に真面目な動画をアップしTwitterにはいわゆる「反省文」まで発表したかと思えば、現在はほぼ元通り。
また過激な悪ふざけ動画を多数アップし始めています。

例えば、2018年2月5日の動画では、

池からすくい上げた魚に心肺蘇生法のマネ事をしたり、死んだネズミにテーザーガンで電気を流したり、1リツイートにつき洗濯用洗剤タイドのジェルボールひとつを飲み込む「タイド・ポッド・チャレンジ」に挑戦するとつぶやいたり、かつての好き放題っぷりを発揮するようになりました。

大炎上の後も通常運転なローガン・ポール。そりゃYouTubeに広告収入を切られるワケだ

さすがにこれはYouTubeも看過できず、彼の行動はやりすぎだとして、彼の大きな収入源である広告表示を一時停止することを決定。ちなみに彼のYouTubeでの広告収入は一ヶ月に約1億円ですが、彼はYouTube以外にも収入があるのであまり効果があるペナルティとは見られていません。

炎上のきっかけとなった動画でかなりの批判を受け、反省したはずのローガン・ポール。
再びこのような“悪ふざけがすぎる”動画をあげ続けている現在、「彼は本当に反省しているの?」と世間は疑いの目で見始めています。

ただ、悪ふざけ動画で人気者になったローガン・ポール。
彼の熱狂的なファンは今の彼を見て「元のローガンが戻ってきた!」と喜んでいます。

今後はどうなる?ローガン・ポール

いかがでしたか?

今回のローガン・ポールの炎上騒動の経緯を改めてまとめておくと、

  1. 来日したローガン・ポールが青木ヶ原で遺体を発見。その様子を動画サイトYouTubeにアップ。
  2. 動画の内容が悪質だとして炎上。動画は公開停止となる。
  3. ポールが謝罪動画をあげるも、炎上は収まらず。
  4. 3週間の自粛期間を経て復帰。
  5. 現在もアカウント停止にはなっておらず、ポールは活動中。

アカウント停止の署名運動も活発になっている現在。今後も彼の動向に注目が集まっています。

公式アカウントをフォローして最新情報をGET

この記事を書いた人

かむなび編集部

kamui tracker公式ブログのライターです。 YouTuberやYouTubeマーケティングの担当者へ向けて、お役立ち記事を発信します。

貴方のYouTubeチャンネルを成長させよう

YouTube上のプロモーションをデータで支援

法人向けサービスお問合せ

このカテゴリの最新WHAT'S NEW

この記事へのコメントCOMMENT