再生回数を増やすなら、YouTubeアルゴリズムの「再生時間」も意識しよう!

みなさん、こんにちは、kamui tracker広報担当のナツです。
このブログを見ているみなさんは、YouTubeチャンネルをもっと人に見られたい!
関連動画や検索で上位に表示されたい! と思ってますよね?

そんなYouTuberの皆さんはアナリティクスでどの指標を良くみていますか?
「一番重要な指標は視聴回数でしょ?」 って思っている方は、多いかと思います。
残念ですが、それは間違いです。

実は今、YouTubeで最も重要な指標は、動画の再生時間です。
本日はその再生時間のアルゴリズムについて詳しく見ていきましょう。

これだけは覚えよう! YouTubeでの「再生時間」の重要性

再生時間がどれほど重要かは、YouTubeヘルプにも以下のように記載されています。

”再生時間は、YouTubeで動画を推奨するための重要な指標です。動画を推奨するアルゴリズムの基準には、個々の動画のクリック数ではなく、再生時間が採用されています。”

実際にアナリティクスの概要の右上にも再生時間が表記されており、視聴回数よりも重要なことがみてとれます。

90cf2c90-s

 

「再生時間」がアルゴリズムに及ぼす影響

再生時間がどのようにYouTubeの推奨アルゴリズムに影響を及ぼすかをみてみたいと思います。

本ブログは、tubefilterというブログの記事から以下の要点のみを引用しました。尚、この記事に関しては、あくまで第三者による調査であり、アルゴリズムはYouTubeも開示している訳ではなく、実際のものとは異なる可能性があります。

 

そもそも「再生時間」って一体なに?

再生時間は、ユーザーが自分の動画を視聴した時間でしょ! と思っているかもしれませんが、YouTubeのアルゴリズム的にはもう少し深く考察する必要があります。

再生時間 = 視聴回数 x 平均視聴時間  と定義されます。

平均視聴時間は、ユーザーがその動画を平均どれくらい視聴したかを意味し、最も重要な指標と考えられています。

YouTubeがテレビ等のメディアからユーザーの視聴時間を奪いたいと思っていることは明らかです。YouTubeのアルゴリズムは、ユーザーにYouTube上で出来る限り長く動画を視聴してもらいたいというロジックからできています。

それ故クリエーターは、YouTube上で上位に上がるためには、平均視聴時間にもっと注力しなくてはいけません。

「再生時間」が本当に意味することは

ここで注意しなくてはならないことがあります。
実はYouTubeの”再生時間”には、文字通りの”視聴回数”と”平均視聴時間”以外の要素が存在しています。

ではYouTubeが意味する”再生時間”とは一体何でしょうか?

それは、あなたの動画がどれくらいの頻度でユーザーをYouTube上に送客し、そのユーザーを長い間YouTubeに滞在させたかです。

これを理解するには、”再生時間”の中に隠された4つの指標をみる必要があります。

  • セッション開始・・・あなたの動画がYouTube上でどれくらい視聴を開始したか?
  • セッション時間・・・ユーザーがYouTubeで動画を見た(あなた以外の動画も含めて)総視聴時間と、そこにあなたの動画がどれくらい関係しているか?
  • セッション終了・・・あなたの動画がYouTube上でどれくらい視聴を終了させたか?
  • アップロード頻度・・どれくらい動画をアップロードしているか?

これらの中で再生時間に最も大きな要因を与えると思われるセッション開始に関して、説明したいと思います。

セッション開始とは

セッション開始というのは、あなたの動画からどれくらいの視聴セッションの開始が生じたか、つまり、あなたの動画がきっかけでユーザーがYouTubeにアクセスした回数です。

特に、動画アップロード後の最初の24時間〜48時間のチャンネル登録者からの視聴セッションの開始がとても重要のようです。

引用元の記事によると、ある動画の最初の2日間の総視聴回数の内、約58%の視聴(総チャンネル登録者数の約10%が視聴したのと同等の値)がチャンネル登録者からの場合、その後の数日間の視聴回数の伸びが著しくよかったとのことです。

またその後の視聴のトラフィックソースの内訳は、97%は関連動画とブラウジング機能経由であり、これらはYouTubeアルゴリズムに100%依存することから、最初の2日間のチャンネル登録者からの視聴回数がとても重要ということがわかります。

また同様に良いパフォーマンスを達成した他の多く動画でも、アップロード後最初の2日間の総視聴回数の内、45-65%がチャンネル登録者からの視聴だったようです。

 

まとめ

少し難しい話になってしまいましたが、YouTubeで勝つにはここを絶対に抑えておく必要があります。

  • 再生時間は視聴回数よりも重要な指標である
  • 再生時間 = 視聴回数 x 平均視聴時間 であり、平均視聴時間を増やすことが必要である
  • YouTubeの推奨アルゴリズムに影響を与えるのは、「あなたの動画がどれくらいの頻度でユーザーをYouTube上に送客し、そのユーザーを長い間YouTubeに滞在させたか」
  • 動画アップロード後の最初の24時間〜48時間のチャンネル登録者からの視聴セッションの開始がとても重要である

kamui trackerでは、チャンネル登録者が視聴している動画の視聴回数を分かりやすく一覧画面で見られるようになっています。
更に動画の平均視聴時間や視聴回数など、今回のテーマである「再生時間」を攻略するのに必要な情報も一目で分かりますよ!
無料登録すれば、今すぐ分析を開始できます。

動画SNSデータ分析ツール
「kamui tracker」

YouTubeデータを網羅し企業やクリエイターの活動をサポートする国内最大級の「YouTubeに特化」したデータ分析ツールです。

試用版を使ってみる

データと専門的な知見に基づいた
YouTuberキャスティング

貴社の商品・サービスに合ったYouTuberの選定から、企画の立案、実施後の振り返りまでをワンストップで行ないます。

相談してみる

このカテゴリの最新WHAT'S NEW