特技や個性を活かした変わり種YouTuberのなり方

YouTuberの主要ジャンルと言えば、エンタメやゲーム、美容、キッズなどがありますが、
これらは競合が多いのも確か。そこで、もしあなたに人と違う特技や個性があるのなら、それを活かして“変わり種YouTuber”になることをおすすめします。ジャンルはニッチでも、そのジャンルでの第一人者になれることも。今回はそんな変わり種YouTuberのなり方と具体的な事例を紹介します。

人気ジャンルとの組み合わせがオリジナルを生んだ『美容整体』

美容というジャンルは今や多くの人気YouTuber達が群雄割拠している状況です。メイクアップ法からスキンケア方法、コスメ道具の紹介やダイエットまで、美容系と言ってもさまざまです。また、人気美容系YouTuberの多くは女性であり、その牙城を崩すことはとても難しくなっています。


美容整体KAWASHIMA TVの動画より

彼は22歳にして『整体KAWASHIMA』をオープン。雑誌やテレビでも話題になり、現在カリスマ若手整体師として活躍しています。そんな彼が確立したのは美容整体というジャンルです。二重を作る方法や小顔になる方法から猫背を改善する方法など、顔だけでなく身体全体の美容動画を投稿。ダイエット方法や筋トレを教えてくれる動画はたくさんありますが、美容と整体を組み合わせたものはないのではないでしょうか。

また、彼の美容整体動画は、長くても10分もなく、短いものだと1分程度です。手が空いたときに観られる気軽さと、整体という専門的なスキルを持っているという信頼感も人気のポイントだと考えられます。

このように、一つの人気ジャンルだけで勝負するのは難しくても、そこに違う要素を組み合わせてみたら新たなジャンルが生まれることがあります。ぜひ、さまざまな組み合わせを考えてみてください。

仕事で得た知識を活かして解説系YouTuberになる

YouTuberになりたい人の中には、特技や趣味がないと困っている人も多いのではないでしょうか。しかし、仕事はどうでしょう。特に専門職についている人は、ほとんどの視聴者が知らない情報を持っている可能性が高く、それを活かすことができます。


kubotaの動画より

YouTuber「kubota」は本物の弁護士です。その知識を活かして法律知識の解説、ニュースや時事問題を法律的な観点から解説する動画を投稿。特に、他の人気YouTuberの動画内容について法律的な視点から解説する動画は人気を得ています。

多くの人が気になるニュースや問題を、専門家の目線でみて解説することは、視聴者の知識欲を掻き立てます。また、弁護士は真面目で近寄りがたいイメージが未だ根強くあるようです。しかし、このようにYouTuberとして登場すると、そのギャップに親近感もわきやすいのではないでしょうか。

自分が仕事で得た知識を披露することが、誰かの役に立つかも知れません。趣味や特技がないと悩んでいる人も、ぜひ仕事の知識と世間のニュースや問題が絡められないか考えてみると良いでしょう。

好きこそものの上手なれ系YouTuber

好き過ぎてプロ並に上手い特技を持っている人もいるかと思います。そんな人は、その特技を活かしたジャンルのYouTuberになることがおすすめです。


SKYtomoの動画より

ボウリングのハウツー動画が人気のSKYtomo。彼、実はプロボウラーではありません。しかし、数々の高難易度のテクニックを持動画の中で発揮、プロボウラーとの対決動画も投稿しています。

彼はプロではありませんが、逆にプロではないからこそ制限のない自由な動画作りができるというメリットを持っています。投稿しているのは、ボウリング動画だけではなくスケボーのハウツー動画や動物の動画など、さまざまな動画を投稿。メイン(ボウリング)は持ちつつ、他の好きな動画も投稿できるスタイルは、チャンネル運営が長続きする秘訣かもしれません。

変わり種YouTuberで活躍しよう

主要なジャンルは、裏を返せば「誰でもやりやすい」ジャンルとも言えます。しかし、今からそこに参入したとしても、人気YouTuberになることは難しいでしょう。もし、人と違う特技や個性があるなら、それで勝負してみるのも手であることを覚えておいてください。

公式アカウントをフォローして最新情報をGET

この記事を書いた人

かむなび編集部

kamui tracker公式ブログのライターです。 YouTuberやYouTubeマーケティングの担当者へ向けて、お役立ち記事を発信します。

貴方のYouTubeチャンネルを成長させよう

YouTube上のプロモーションをデータで支援

法人向けサービスお問合せ

このカテゴリの最新WHAT'S NEW

この記事へのコメントCOMMENT