【YouTuber必見】アカBANされる3つの原因

「Account Banishment」、通称アカBAN(アカバン)。聞いたことがある人がほとんどではないでしょうか。主に、YouTuberが投稿した動画内容が、YouTube運営からガイドラインに反すると判断されたのち、アカウント停止に至ってしまうことです。警告の段階では、問題コンテンツの削除や一部のYouTube機能の利用停止などペナルティを受けることも。今回は、YouTuberの死活問題ともいえるアカBANを回避するためにも、やってはいけないことをご紹介します。

有害、危険とみなされる動画内容

露骨な性的表現

YouTubeでは、過激すぎる、生々しい、暴力的などの性的内容の動画は一切禁止されています。コンテンツの方向性によっては、教育目的やその程度などが考慮され、審査により判断される場合も。

有害で危険なコンテンツ

平たくいえば、未成年が真似をして死亡事故などの大事故につながるような内容のことです。ほかのユーザーに対して爆弾作成の違法行為を助長するなど、暴力行為の扇動や恐喝と認められる内容は削除されます。

著作権の侵害

著作権の対象となるもの

音声と映像の作品(テレビ番組、映画、オンライン動画など)
サウンド レコーディングおよび楽曲
執筆された作品(講義集、記事、書籍、楽譜など)
視覚的作品(絵画、ポスター、広告など)
ビデオゲーム、コンピュータ ソフトウェア
演劇作品(劇、ミュージカルなど)

YouTubeヘルプ「著作権とは」より

上記の基本事項以外にも、場合により著作権所有者から申し立てを受けるケースがあります。

著作権を侵害するとどうなるか

著作権侵害は親告罪にあたり、実際は著作権所有者の判断により申し立てるかどうかが判断されます。その結果、コンテンツの削除や裁判など、状況に合わせた処置が行われることになるでしょう。

ポリシーに違反する行為

そのコンテンツ、視聴者が見るに堪えないような不快感を与えてはいないでしょうか。

悪意のある表現

悪意のある表現とは、次のような特性に基づいて個人や集団に対する暴力を助長したり差別を扇動したりするようなコンテンツを指します。

人種または民族的出自
宗教
身体障がい
性別
年齢
従軍経験
性的指向性 / 性同一性

YouTubeヘルプ「悪意のある表現に関するポリシー」より

一個人の偏見により差別意識を広めるような内容は、ポリシーに反します。

誤解を招く表現

視聴者を集める目的での、表現のきわどいサムネイルも十分に削除対象となりますので注意が必要です。また、誤解を招くような説明やタグ、タイトルもやめましょう。スパムなど不特定多数に向けたコンテンツや繰り返し部分の多いコンテンツの大量投稿も違反の対象です。

プライバシーの侵害

YouTube では、個人の特定が可能かどうかを判断する際に以下の点を検討します。

画像や音声
氏名
財務情報
連絡先情報
その他の個人情報

YouTubeヘルプ「プライバシーの保護」より

言わずもがなのお約束。いかなる理由があってもクリエイターの一存で他者の情報を垂れ流すことは許されていません。漏えいされた本人がはっきりと特定されるような情報であった場合、コンテンツ削除の対象となります。

嫌がらせ、いじめ

嫌がらせ的な動画、コメント及びメッセージを配信し、個人情報を暴露する。本人の許可なく悪意ある動画を撮影し投稿する。傷つける目的での侮辱的あるいは否定的なコメントの投稿。いじめ目的の性的対象化。ターゲットへの嫌がらせを不特定多数に向けて煽る動画。程度の差はあれど、これらの要素を持つ動画を目にすることは少なくありません。

簡単に言えば、「他人が嫌がることをしないこと」。しかし昨今では、嫌がる様子を間違った面白さとしてとらえ、盛り上がりを見せてしまうことがあります。悲しい現実です。判断のつかない未成年などを巻き込み、視聴者を誤った方向へ導くことはポリシーに反します。クリエイター自身がまず自覚して行動していきましょう。もちろん削除や停止の対象となり得ます。

違反警告からアカBANとなるまで

3か月間に2回のコミュニティガイドライン違反警告を受けると、該当アカウントにおいて2週間の投稿禁止。2週間後問題がなければ投稿再開が可能です。発せられた違反警告はそれぞれ3か月間の有効期限を有しています。

3か月間に3回の警告を受けると、該当アカウントは停止となります。

通報が異常なほど多数で、悪質極まりないと判断された動画が原因で、警告なしに停止となるケースもあるようです。

正々堂々と対応できる動画づくりを

アカBANされる3つの原因を以下にまとめておきます。

  1. 有害、危険とみなされる動画内容
  2. 著作権の侵害
  3. ポリシーに違反する行為

倫理観や道徳観念、YouTubeポリシーへの理解から、支持されるチャンネルへと成長することができます。好きなことが他者を傷つけることになっていないか、他者の権利を踏みにじってはいないだろうか。自らが楽しむことと同じくらい、周囲への気遣いと俯瞰することを心がけましょう。
また、故意ではなきにしも、運営や視聴者へ誤解を与えてしまったということもあるかもしれません。そのようなときでも、その理由をきちんと説明、対応することができるような動画づくりに励んでいただきたいものです。

公式アカウントをフォローして最新情報をGET

この記事を書いた人

かむなび編集部

kamui tracker公式ブログのライターです。 YouTuberやYouTubeマーケティングの担当者へ向けて、お役立ち記事を発信します。

貴方のYouTubeチャンネルを成長させよう

YouTube上のプロモーションをデータで支援

法人向けサービスお問合せ

このカテゴリの最新WHAT'S NEW

この記事へのコメントCOMMENT