ゲーム実況で登録者数1,000人の壁を越えるコツ

かむなび編集員のタイゾーです。

現在私は3つのYouTubeチャンネル運営に携わっており、それぞれがチャンネル登録者数15万人、10万人、1万5,000人まで成長しています。

これらのチャンネル運営で得た知見はかむなびでも何度かお伝えしてきましたが、それとは別に私は、過去に友人とゲーム実況チャンネルを運営していたこともあります。

ゲーム実況をしてみて一番大変だったのは、やはりゲーム実況を始めたばかりの時期です。当時の私にとって「登録者数1,000人」というのがひとつの目標であり、壁でもありました。もしかしたらこの記事をお読みの方も、「ゲーム実況を始めてはみたもののなかなか登録者数が伸びない・・」と思っている方もいるかもしれません。

今回はそういう方のために、ゲーム実況チャンネルを実際に運営して気づいた、「登録者数1,000人を越えるコツ」を公開したいと思います。

これからゲーム実況で活躍していきたい人は必見です!

ゲーム選定の難しさ

ゲーム実況を始めるにあたり最初に悩むことが、「何を実況するか?」です。

当時私が目をつけたのが、リリースされたばかりの某カードゲームアプリでした。リリースと同時に、クエスト等をガンガン進めながら動画を投稿していくと、思ったよりも簡単に視聴回数1,000回を突破するなど、順調に視聴されていきました。

ですが、良い流れは長くは続きません。

サラリーマンであるゆえ、ゲームを進める時間や編集する時間がなかなか取れませんでした。徐々に同時期にスタートしたゲーム実況者に追いつかれ、抜かされ、追いつけなくなっていきました。

スマホ縦画面のゲーム動画は見栄えがしない

そして、顔出しをしていなかった私にとって最大のミスだったのが、このスマホゲームが縦画面だったことです。

顔出しをしている人であれば、プレイ画面と一緒に自分の姿を一緒に映すことで動画としての見栄えも良くなります。しかしそういったものがない場合、YouTubeでスマホの縦画面の動画を投稿すると、左右の余白が黒く残ってしまいます。画像やアイコンなどで多少埋めたりはしたものの、どうしても見栄えは良くなく、顔出ししている実況者に比べて動画のクオリティは低くなってしまいました。

課金についていけなかった

そして、さらに大きな課題にぶち当たります。それは、課金についていけなかったということです。やはり、アプデ後のガチャなどは引きが強いですし、ガチャ動画やガチャで引けたキャラを使った動画の初動は良かったです。ただ、頻繁にアップデートされるゲームにサラリーマンがついていくのは、金銭的にも厳しいものがありました。

普通にプレイする分には十分ですが、やはり動画の視聴回数を意識すると、注目キャラクターを当てる「神引き」が必要になってきます。数万円課金したところで限界を感じ、徐々にゲーム実況に対する熱量が下がってしまいました。

人気タイトルは伸びない

こういった理由もあり、今度は全画面かつ課金ハードルの低いゲームに変更しました。そこで目をつけたのが「スプラトゥーン」です。当時YouTubeのゲーム実況で1,2位を争う人気タイトルでした。

しかし結論から言うと、このゲームの選択もミスでした。これがまた全然伸びません。アプデ情報から新武器などを取り入れた動画も作成しましたが、全然ダメでした。スプラトゥーンに限らず、人気タイトルになってくるとライバルも多く、有名実況者もばんばん動画を投稿しています。そんな方々にチャンネル登録者が数百人の新参者が勝てるわけもなく、平均視聴回数50回程度で撤退となりました。

中には、人気タイトルで1から始めて有名になる方もいますが、個人的にはあまりオススメができません。

意外なゲームで伸びた、その理由とは

スマホアプリもダメ、スプラトゥーンもダメで八方塞がり状態だったのですが、何となく実況して投稿した某サッカーゲームが意外にも好反応でした。そのゲームは、そこそこファンがいる程度で、トップYouTuberで実況している人はいませんでした。ちなみに、そのゲームの実況で有名なYouTuberは、チャンネル登録者数20~30万人程でした。

最初は、なぜ視聴されているのかよくわからなかったのですが、流入経路や検索キーワードをYouTubeアナリティクスで分析していくと、よく見られる動画にはひとつの共通点があることがわかりました。

それは、「攻略」要素が含まれていたことです。

友人とワイワイガヤガヤ笑いながらプレイしている動画は一切視聴されず、「●●のやり方」「勝ちやすくなる方法」など攻略要素を含んだ動画だけが視聴されている状況でした。そして、攻略要素を含んだ動画には、「丁寧でわかりやすい解説でした」「おかげで勝つことができました」「●●のやり方ってどうやるのですか?」など視聴者からも反応が返ってくるようになりました。つまり、知らない人達がワイワイガヤガヤ楽しんでいる「身内ネタ」の動画は、チャンネル登録者数が少ない時期にあげるべきではなかったということです。

初めのうちは、「●● やり方」「●● 方法」といったワードで検索している視聴者をうまく捕まえ、その期待に内容で応えて、離さないことが重要になってきます。そして、その攻略要素を含んだ動画で徐々に自分のキャラクターを出していき、ファンを増やしていくというやり方が私にとって一番うまくいく方法となりました。

このやり方は、一番伸びづらいチャンネル開設から登録者数1,000人までの道のりを効率よく進むにあたって非常にオススメです。

kamui trackerでモチベーションアップ

チャンネル運営をしていくうえで「kamui tracker」はかなり活用していました。

具体的に言うと、同じゲームをプレイしている実況者をひたすらお気に入りリストに登録することから始めました。kamui trackerでは自分のチャンネルだけでなく他のチャンネルも分析することができるので、トップ層の配信ペースや日々あげているコンテンツ、急上昇コンテンツを自分のチャンネルと比較をしながら、確認することができます。私は、他のチャンネルの伸びている企画やサムネイルを参考にしつつ、全く同じ内容にならないように違う角度で動画を作ることを意識していました。

また、同じゲームを実況する人達の月間再生数も確認しています。これは、再生数がわかればある程度の収益も予想できるので、「この規模までいけば夢があるな・・・」などを想像しながら、チャンネル運営のモチベーションにしていました。

自分のチャンネルを分析する以上に、他のチャンネルを分析し、自分が実況するゲームの可能性を知っておくことの重要性を改めて気づかされたので、皆さんにも是非kamui trackerで、自分のチャンネルと比較しながら他チャンネルの分析を行っていただきたいです。

まとめ

私の経験をベースに書いてきましたが、ゲーム実況で登録者数1,000人の壁を越えるコツは、以下の通りになります。

  • 顔出ししないならば、縦画面のアプリゲームは不向き
  • 金銭的余裕がなければ、伸ばすために課金が重要になるゲームは厳しい
  • 人気タイトルであればあるほど、新参者のチャンネルの動画は視聴されづらい
  • 狙いは、そこそこ人気のあるゲームで「攻略」要素を入れた動画を作ること
  • kamui trackerで他チャンネルを分析

是非この記事を参考にしながら、あなたのゲーム実況チャンネルを成長させていってください。

公式アカウントをフォローして最新情報をGET

この記事を書いた人

タイゾー

タイゾー

kamui trackerカスタマー担当のタイゾーです。YouTube大好き人間で毎日動画ばっかり見ています(笑)

貴方のYouTubeチャンネルを成長させよう

YouTube上のプロモーションをデータで支援

法人向けサービスお問合せ

このカテゴリの最新WHAT'S NEW

この記事へのコメントCOMMENT