成功例から学べ!”見てもらえる”YouTubeサムネイルとは?

YouTubeで動画を投稿する際の一番の目的は視聴者に「見てもらうこと」です。
逆に言えば、たとえどんなに面白い動画をアップしたとしても視聴者に見てもらえなかった何の意味もありません。
では動画を「見てもらう」ために一番重要なこととは何でしょうか?

「見てもらう」ことに関して言えば、重要なのは企画の「面白さ」や「クオリティー」ではなく「サムネイル」であると言えます。
トップYouTuberのヒカキンもサムネイルを有効に使っている一人です。
また同じYouTuberでも、サムネイルの良し悪しで再生回数に大きな差が出てしまっている事例もあります。
それほど「サムネイル」はYouTubeにとって大事なものなのです。

ではそもそも「サムネイル」とは、一体どういった役割を果たしているものなのでしょうか?

サムネイルは、広告に近い

YouTubeの「サムネイル」はわかりやすく言うと、「商品」にとっての「広告」に近いものと言えます。
商品も、いくら良いモノを作っても、何らかの広告を通して消費者に知ってもらわないと購入されることはありません。
これはYouTubeでも似たようなことが言えます。
いかに企画の面白さやクオリティーが高くても、サムネイルが魅力的でないとその動画は再生されないかもしれません。
再生されて初めて、企画の「面白さ」や「クオリティー」が視聴者に伝わるのです。

YouTubeを見る際に視聴者が目にできる情報としては、サムネイル以外に「タイトル」もあります。
しかし、その際やはり動画のイメージをしやすいのは字面だけの「タイトル」ではなく、写真や文字を組み合わせた「サムネイル」になります。つまり再生回数を上げるために一番最初に力を入れなければならないのは「サムネイル」なのです。

良いサムネイル 悪いサムネイルとは?

ここまででYouTubeにとって「サムネイル」が大事な事は分かっていただけたと思いますが、では良いサムネイル、悪いサムネイルはそもそもどこに違いがあるのでしょうか?
良いサムネイルの条件として挙げられるのは以下の2つです。

  1. 何の動画か瞬時にわかる
  2. クリックしたくなる気持ちにさせる

この2つが守れているサムネイルは非常に高い再生回数を稼いでいます。

理由としては、YouTubeには似たようなコンテンツの動画がたくさん存在しています。ユーザーはその中から、動画の内容をイメージし、面白そうと判断した動画をクリックします。
そのとき、動画のイメージの手助けとなるのがサムネイルです。そのため、動画のイメージがしやすいシンプルなサムネイルは消費者の選択の的になりやすい傾向です。
また、複数の選択肢の中でも一瞬で目を引くようなサムネイルも他との差別化の要因となり、結果的に再生回数を増やす傾向にあります。

実際のサムネイルからの検証

では事例をもとに検証していきましょう。
ただ一口にサムネイルといっても範囲があまりにも広いので、今回は「ドッキリ」系の動画の事例を扱い、「実験道場」(登録者数2.5万人以上)というYouTuberの動画を基に解説していきます。

まずは失敗例です

タイトル「高音出しすぎて限界突破したらこうなります。」

こちらの動画は再生回数は約2,000回です。

先ほどの条件に当てはめてみると、
「1. 何の動画か瞬時にわかる」かどうかは怪しいですよね。
「2. クリックしたい気持ちにさせる」も薄いと言えます。

次に成功例です

タイトル「トイレ開けたら使用中だったドッキリ!」

こちらの動画は再生回数は約25万回です。

同じく先ほどの条件に当てはめてみると、

「1. 何の動画か瞬時にわかる」→「トイレ開けられた女性がいるドッキリ」
「2. クリックしたい気持ちにさせる」→「普段見れないシーンを見たい」
このように2つの条件が当てはまっています。

ではこちらのサムネイルはどうでしょう?

タイトル「部屋で組体操したら大爆笑したwwwwww 実験道場 ダンス」

同じく先ほどの条件に当てはめてみると、

「1. 何の動画か瞬時にわかる」→「部屋で組体操をする」
「2. クリックしたい気持ちにさせる」→「普段の生活では見れない光景を見たい」

こちらも2つの条件が当てはまっています。

この動画の再生回数も10万回を超えています。

では最後に、これは少し難しい問題です

タイトル「部屋でサバゲーやるはずが野球拳サバゲーになって大惨事発生!!」

実はこれは失敗例です。

「2. クリックしたい気持ちを煽る」→「普段見れないシーンを見たい」の条件は満たしています。

しかし「1. 何の動画か瞬時にわかる」が、他の成功サムネイルと比べると少しごちゃごちゃしていますよね。
このように情報を多く詰め込むとかえって何の動画かわかりづらくなり、結果的に再生回数を減らしてしまいます。

まとめ

このように例を見ていくと、サムネイルの違いだけで再生回数に大きな差が出ることがわかります。

是非実際に、YouTuberのサムネイルを注意深く見てみてください。
視聴回数が高い動画のサムネイルは今回記事で書いた条件を満たしている可能性が高いです。

また、是非ご自身のチャンネルの過去のサムネイルも見直してみてください。
この記事を参考にサムネイルを作ってみることで、再生回数を増やしていっていただければと思います。

公式アカウントをフォローして最新情報をGET

この記事を書いた人

貴方のYouTubeチャンネルを成長させよう

YouTube上のプロモーションをデータで支援

法人向けサービスお問合せ

このカテゴリの最新WHAT'S NEW

この記事へのコメントCOMMENT