現役YouTuber直伝!YouTubeコミュニティタブの効果的な使い方

ごきげんよう、ベルです。「ベルりんの壁」というチャンネルで、本を紹介する“文学YouTuber”として活動中です。今回は、比較的新しいYouTubeの機能[コミュニティ]タブについて紹介します。実際に使用した上で考察する効果的な使い方です。ぜひ、参考にしてみてください。

YouTubeコミュニティタブとは?

YouTubeアプリを開き、“登録チャンネル”アイコンをタップしてみてください。この一覧に流れてくるテキストや動画の引用を目にしたことはありませんか?

これがコミュニティタブの投稿です。

厳密には、コミュニティタブへの投稿が、同時に登録チャンネル一覧に反映されている状態です。

YouTubeでは、2017年11月30日からコミュニティタブ機能が導入されました。パソコン、Android、iPhone、 iPadに対応しています。利用対象者は登録者数1万人以上のチャンネルです(※2018年8月現在)。

具体的な機能は、下記の通りです。

  1. テキスト挿入
  2. 画像挿入
  3. 動画挿入
  4. アンケート
  5. コメント・返信
  6. いいね

機能としては、Twitterと同じように考えていただければ問題ありません。

具体的な使用方法はこちら
https://support.google.com/youtube/answer/7124474?co=GENIE.Platform%3DDesktop&hl=ja

YouTubeコミュニティタブのメリット

YouTubeユーザーに直接リーチ

今まで、YouTube上の情報発信方法は、動画投稿に限られていました。クリエイターの日常や告知などは、他のSNSで補うことがほとんどです。しかし、YouTubeのユーザー層と各SNSのユーザー層とでは微妙なズレが生じます。

この点YouTubeコミュニティタブは、YouTubeユーザーに直接リーチできるという最大のメリットを持ちます。“イベントや企画の告知”、“動画投稿お休みのお知らせ”、“動画企画のアンケート”など、特にYouTubeユーザーに届いてほしいメッセージをすぐに発信することができます。

告知動画によるチャンネルイメージの低下や、動画制作時間によるタイムラグを気にせずこれらの発信ができるため、大変便利な機能と言えます。

登録チャンネル一覧に表示

コミュニティタブへ投稿をすると、同時にチャンネル登録者の登録チャンネル一覧にも投稿内容が表示されます。

さらに、通知設定者には、動画投稿と同様のポップ通知もされます(※2018年8月現在)。まるで最新動画の投稿のように、目立って映る点は大きなメリットです。各種SNSよりYouTubeのフォロワーの方が多いというクリエイターは、多数の注目を集められます。

なお、投稿は流れて消えるわけではなく、コミュニティタブ内に蓄積されます。クリエイターも視聴者も見ることが可能です。

YouTubeコミュニティタブのデメリット

拡散や新規流入が見込めない

コミュニティタブへの投稿は、基本的にチャンネル登録者の目にしか触れられません。Twitterで言う“リツイート”のような機能も現在は実装されていません。いわゆる“バズる”投稿を作っても拡散による認知拡大は見込めないことがわかります。

また、YouTube検索などにも対応していないため、検索流入を含めた新規獲得にも適していません。以上から、いいね数なども通常の動画における平均より下がります。

現時点における YouTubeコミュニティタブの目的は、視聴者とのつながりを深めることにあるでしょう。

気軽に使えない

コミュニティタブは、SNSのように画像やテキストを自由に投稿できるしくみです。しかし、登録チャンネル一覧に表示されるという大きな力を持っていますので、慎重に利用する必要があります。例えば、「お腹すいた」だけの意味のない投稿がいきなり現れた場合、上下の投稿との差に視聴者も違和感を覚えてしまいます。

また、意味のある投稿だったとしても、連投は避けるべきです。動きの少ない登録チャンネル一覧を1つのチャンネルで埋めてしまうと、不快に思われ登録解除のおそれも出てきます。

あまり気軽には使えない機能であることを知っておく必要があります。

コミュニティタブの効果的な使い方

YouTube活動に関する報告

定期的に動画を投稿しているクリエイターの場合、急なお休みの際にコミュニティタブで報告することが多いです。視聴者の不安を解消し、投稿の穴も埋められます。

また、季節に合わせて過去の人気動画を紹介したり、他のチャンネルでのコラボ動画を紹介したりすることも、関連動画の新たな認知方法として効果的です。

YouTube活動に関するお知らせをコミュニティタブで行うことによって、視聴者に新たな情報提供ができます。

いずれも、画像や動画を挿入してサムネイルのように目立たせることをおすすめします。

YouTube活動外の告知

YouTubeクリエイターは、動画配信以外でも活動しているケースが多いです。主にイベント開催やオリジナルのグッズの販売、紙面への掲載、メディアへの出演などが挙げられます。

もちろん動画で宣伝することもあります。しかし、告知系はファン向けの趣があり、ライトユーザーには好まれないことも事実です。視聴者のチャンネル未登録者割合が多いチャンネルは、コミュニティタブをうまく活用することで、登録者のみにお知らせすることもできます。

告知が続くときや、急なお知らせの際にもバランスがとれて便利です。

動画に関する意見を問う

より視聴者満足度の高い動画を作成するため、企画やアイディアについてアンケートをとることも効果的です。回答を参考にして動画を制作することで、視聴者と共につくりあげる一体感を得ることができます。コメント欄も参考にしましょう。

「動画の投稿時間はいつが良い?」
「頻度と質どちらが優先?」

以上のような問題は、各チャンネルによって需要が異なります。それぞれ意見を問うことも大切です。

私も、コミュニティタブで募った視聴者のコメントを動画に活かしています。

まとめ

YouTubeコミュニティタブの効果的な使い方をまとめます。

  1. ごく日常的な話や連投は避ける
  2. 一般視聴者より登録者(ファン)に向けて有益な情報を発信する
  3. 動画のあり方を聞いて参考にする

コミュニティタブは、YouTubeの機能の中でもしくみが簡単で試しやすいです。メリットやデメリットを踏まえ、チャンネルに即した最適な使用法を探してみてください。

YouTubeでの活動は視聴者がいてこそ成り立ちます。コミュニティタブは、その名の通り、“コミュニティ”の絆を深める素敵なツールになるはずです。

 

ライター:ベルりんの壁

書評やおすすめ本紹介を中心とした文化・教養系の動画を配信する動画クリエイター。フリーランス。チャンネル登録者は2万5千人超。YouTube NextUp2017受賞。”るるぶ鎌倉’18″一人旅コラボ記事掲載。朝日新聞インタビュー記事掲載。withnews執筆・連載。

ベルりんの壁 | Official Website : http://bellelinwall.com/
YouTube : youtube.com/c/BellelinWall
Twitter : https://twitter.com/belle_youtube
Instagram : https://www.instagram.com/belle.gokigenyou/

公式アカウントをフォローして最新情報をGET

この記事を書いた人

文学YouTuberベル【ベルりんの壁】

文学YouTuberベル【ベルりんの壁】

書評やおすすめ本紹介を中心とした文化・教養系の動画を配信するクリエイター。新しい形で読者と本を繋げるべく活動中。フリーランス。チャンネル登録者は2万9千人超。“書けるYouTuber”として執筆活動にも励む。最近ではMC業も。YouTube NextUp2017 受賞。新聞各紙インタビュー記事掲載。withnews執筆・連載実績。

貴方のYouTubeチャンネルを成長させよう

YouTube上のプロモーションをデータで支援

法人向けサービスお問合せ

このカテゴリの最新WHAT'S NEW

この記事へのコメントCOMMENT