動画配信は通過点。kimonoがこの先に見据えるものとは

2018年8月28日に開催された「うず祭り」にて、kimonoさんにお話をお聞きしました。

うず祭りでは、自身が作曲した曲でのパフォーマンスを披露

―― 最初に自己紹介をお願いいたします。

ツイキャス等で配信をやりつつ、作詞、作曲も行なっているkimonoと申します。

―― うず祭りに参加してみての感想はいかかですか?

事務所の垣根を越そうとしているところが面白い企画だと思いますね。
お客さんも色々な層の人がいて面白いなって感じます。

―― 今回はどんな演目に参加していますか?

ハイパーじゃんけん甲子園に参加しますね。

―― 今回のイベントの最大の見せ場はどこですか?

音楽イベントですかね。自分で作曲してパフォーマンスするのはたぶん僕だけだと思うので。

きっかけは知人の一言

―― 動画配信の活動をするきっかけは何だったのですか?

僕の知り合いに登録者が40万人くらいのYouTuberがいるんですけど、その人から勧められたからですね。

―― そういうきっかけだったんですね。
  ではファンを増やすために意識していることはありますか?

無駄打ちをしないことですかね。「締まりの悪い配信」をしないこと。
あとは自身に合った動画をあげることですかね。

―― この仕事をしていて良かったこと、反対に大変だったことはありますか?

大変なことは単純に休みがないことですかね。
良いことはライブで集客ができたりすることです。

「アニメの原作や本を書くのが最終目標」

―― 今後コラボしてみたいYouTuberさんはいますか?

あまりコラボをしたいとは思っていませんが、何か新しいことに挑戦している人とはやってみたいですね。

―― 企業さんとのタイアップで興味のあるジャンルはありますか?

ゲーム以外だったら興味あります。
一番興味があるのは音楽系ですね。マイクとか配信のインターフェイスとかピックとかのギターグッズとか、そういった物を扱っている企業とコラボしたいです。

―― ゲームは苦手なんでしょうか?

面白くする自信がないですね。

―― 今後チャレンジしてみたいことはありますか?

僕はアニメの原作や本を書くのが最終目標なので、あくまで作曲とかは知名度をあげるためにやっていて、配信自体は通過点ですね。
なので最終目標は自分で原作書いて、出版して、主題歌作ってていう流れをずっと続けていくことですね。

 

kimonoさんのYouTubeはこちらから
▶YouTubeチャンネル

 

動画SNSデータ分析ツール
「kamui tracker」

YouTubeデータを網羅し企業やクリエイターの活動をサポートする国内最大級の「YouTubeに特化」したデータ分析ツールです。

試用版を使ってみる

データと専門的な知見に基づいた
YouTuberキャスティング

貴社の商品・サービスに合ったYouTuberの選定から、企画の立案、実施後の振り返りまでをワンストップで行ないます。

相談してみる

このカテゴリの最新WHAT'S NEW