YouTubeサブチャンネルのメリットと作り方を紹介

人気なYouTuberの多くは、メインとは別のチャンネルである「サブチャンネル」を持っています。
メイン動画でカットした部分や撮影の裏側、YouTuberの日常風景などメインチャンネルとは違った動画が投稿されており、サブチャンネルによってファンがより多くのコンテンツを楽しめるようになっています。

サブチャンネルを運用する側はコストがかかりますが、それに見合うだけのメリットも得ることができます。
この記事ではそんなサブチャンネルのメリットと作り方を解説し、その後いくつかの運用事例についてもご紹介します。

YouTubeのサブチャンネルを作るメリット

もしメインチャンネルがある程度軌道に乗ったのであれば、サブチャンネルの開設を考え始めましょう。
サブチャンネルを開設し、運用していくことには次のようなメリットがあります。

  • メインチャンネルと違ったジャンルの動画が投稿できる
  • メインチャンネルの裏側、NGシーンを動画にできる
  • 収益を増やすチャンスになる
  • 様々なリスクの分散になる

それぞれについて、詳しく解説していきます。

メインチャンネルと違ったジャンルの動画が投稿できる

一つのチャンネルの中で様々なジャンルの動画を投稿すると、その分ターゲットがブレてしまいファンがつきにくくなるリスクがあります。
すでにファンがある程度いる場合も、普段の雰囲気と違う動画を投稿すると彼らの期待を裏切ってしまい、結果ファンが離れてしまう危険性があります。

そういった普段とは違うジャンルの動画をあげるのにサブチャンネルを活用することで、ファンがメインチャンネルの動画を見るか、サブチャンネルを見るか選ぶことができます。

もちろん新しいジャンルの動画に挑戦することは「新規ファンの獲得」ともなり得ます。サブチャンネルを作りメインチャンネルとうまく連携させることで、相互にファンを送りあえる好循環を生み出すことも可能でしょう。

メインチャンネルの裏側、NGシーンを動画にできる

普段の動画を撮影している裏側やNGシーン、撮影から離れた日常の姿など、メインチャンネルよりも素に近い姿を写した動画を投稿できるのもサブチャンネルの強みです。
この場合は新たな視聴者を獲得するより、すでにファンになってくれている視聴者に向けたコンテンツと言えます。

飾らない姿を見せることでファンに新鮮さや親近感を感じてもらうことができ、好感度を高めることが可能です。

収益を増やすチャンスになる

サブチャンネルによってファンが増えたり投稿本数が増えたりすることで、収益を増やすチャンスにも繋がります。

もちろん投稿本数が増える分工数も多くなりますが、前述したようにサブチャンネルであればある程度それを抑えることも可能です。工夫次第では効率よく収益をあげられるでしょう。

様々なリスクの分散になる

YouTubeには厳しいガイドラインがあり、投稿動画がそれに低触することで「収益停止」「アカウント停止」など厳しい措置がとられることがあります。
このガイドラインは半ば解釈次第なところもあり、「ガイドラインを意識してたのにアカウント停止された」という事例も稀に起こり得ます。

このような突発的な問題がメインチャンネルに起こった際、サブチャンネルの存在は保険のように働きます。
サブチャンネルの動画でファンに対し説明することができ、そしてそのサブチャンネルを母体に再度運用が始められるため、一からやり直しという事態になりにくいです。

メインチャンネルに何かあった時の保険としても、サブチャンネルは非常に有用です。

このようにサブチャンネルにはメリットが多くあります。そのため、メインチャンネルの運用にある程度余裕があるなら是非サブチャンネルの開設を検討してもよいかもしれません。

YouTubeサブチャンネルの作り方

次に、サブチャンネルを作る手順を解説します。

YouTubeでは、1つのGoogleアカウントで複数のチャンネルを作ることが可能です。そのためメインチャンネルを持っているのであれば、新しいメールアドレスなどを用意する必要はありません。

サブチャンネルの作成画面は、YouTubeトップページのアイコンを押して開いた画面から「設定」を開きます。

 

次の画面で「チャンネルを追加または管理する」を選びます。

あるいは、以下のURLからも同様にチャンネル作成画面に移ることができます。
https://www.youtube.com/channel_switcher

下の画面を開いたら、「チャンネル作成」というボタンをクリックします。

サブチャンネルの名前を入力し、「作成」をクリックします。
サブチャンネルの名前は後で変更ができます。決まってなければ仮名で作成しても大丈夫です。

上記の手順を踏むと、画像のように新しいチャンネルが作成できます。

メインチャンネルとサブチャンネルを連携する手順

サブチャンネルが作成できたら、メインチャンネルと連携をさせましょう。
連携をさせることでメインチャンネルのホーム画面にサブチャンネルのアイコンを表示させることができます。
これにより視聴者にサブチャンネルを認知させ、正しく誘導しましょう。

自分のチャンネルのホーム画面を開き、「チャンネルのカスタマイズ」をクリックします。
その後、下の画面より「セクションを追加」を選択します。

リストの中から「注目チャンネル」を選択します。

セクションタイトルと表示するチャンネルを選択します。
これでメインチャンネルのホーム画面に、サブチャンネルを表示させることができます。

それ以外にもサブチャンネルを認知してもらう手段としては以下のようなものがあります。

  • メインチャンネルの動画内で宣伝する
  • メインチャンネルのコミュニティで宣伝する

もちろん新規の視聴者を狙うのもいいですが、せっかく獲得した既存のファンにサブチャンネルが知られないのはもったいありません。
そのためなるべくこの連携は行ったほうがいいでしょう。

YouTubeのサブチャンネル運用事例

最後に人気YouTuberのサブチャンネル活用事例を3つ紹介します。

サブチャンネル事例①HikakinGames

YouTuberの第一人者であるHikakinさんは、ある種最もサブチャンネルを有効活用したと言ってもいいでしょう。
現在登録者数900万人を誇るHikakinTVですが、これはHikakinさんがビートボックスをする動画を投稿していたときのサブチャンネルとして始められたものです。

そして現在ではさらにHikakinGamesというゲーム実況を投稿するサブチャンネルを運用しており、こちらも登録者数は500万人を超しています。
サブチャンネル発で「ヒカクラシリーズ」など人気シリーズも生まれており、成功例としてお手本のようなものでしょう。

サブチャンネル事例②QuizKnock会議中

QuizKnockのサブチャンネルは、クイズシーンの一部やある人の挑戦を別の人がやってみる動画など、メインチャンネルの裏側を映した動画が多く投稿されています。
また他にも「メンバーへの質問箱」など、メインチャンネルよりメンバーに焦点を当てた動画を投稿しています。

QuizKnockのサブチャンネルは、メインチャンネルのファンに対してよりサービスするものと言えるでしょう。

サブチャンネル事例③佐賀よかでしょう。

「釣りよかでしょう。」のサブチャンネルである「佐賀よかでしょう。」は、QuizKnockとは逆に様々なコンテンツにチャレンジしているチャンネルです。

メインチャンネルは「釣り」にまつわるコンテンツの動画が多く、ファンもそのジャンルが好きな人が多いことが予想されます。その中で釣りに関係ない動画が増えてしまうと、ファンの期待を裏切ってしまうでしょう。
そのためサブチャンネルとして分けることで、また別の形でファンをつけたりすることが狙えるチャンネルとなっています。

YouTubeサブチャンネルの作り方とメリットまとめ

サブチャンネルを作るのは、その分だけ費用や時間でコストがかかるのは確かです。しかしうまく活用すればそのコストを上回るメリットがあります。

投稿する動画の幅を広げたい、収益をもっとあげたいという方は是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

動画SNSデータ分析ツール
「kamui tracker」

YouTubeデータを網羅し企業やクリエイターの活動をサポートする国内最大級の「YouTubeに特化」したデータ分析ツールです。

試用版を使ってみる

データと専門的な知見に基づいた
YouTuberキャスティング

貴社の商品・サービスに合ったYouTuberの選定から、企画の立案、実施後の振り返りまでをワンストップで行ないます。

相談してみる

このカテゴリの最新WHAT'S NEW