【YouTube FanFest JAPAN 2018】参加レポート@幕張メッセ

2018年12月11日・12日に、幕張メッセにて【YouTube FanFest JAPAN 2018】が開催されました。
「YouTube FanFest」は、YouTube 上で高い人気を誇るクリエイターとファンが集うYouTubeの祭典です。
2013 年より世界で開催されており、日本では今回で5回目の開催となります。

今回も日本を代表するYouTuberが集結し、熱気に包まれたステージが繰り広げられました。
12月12日に開催されたイベントをレポートいたします。

※イベント規約により、会場内写真のメディア使用は不可と思われるため、写真をご紹介できないことをご了承ください

オープニング

今年のFanFestは、HIKAKIN & SEIKINのライブステージで幕を開けました。
披露されたのは最新曲「今」。
最初から会場のボルテージは最高潮となります。

その後MCとして水溜りボンドのふたりが、そしてバックステージレポーターとしてkemioが登場。
トップクリエイターによる進行により、会場の熱は高まりっぱなしでステージは進みます。

次にYouTubeが選定した「国内トップトレンド動画ランキング」が発表されました。
ランキングは公式ブログにて発表されていますが、フィッシャーズとHikakinTVの2組が、それぞれトップ10に4本ずつの動画をランクインさせるなど人気を見せつけました。

その後、再度HIKAKINとSEIKINが登場。
来年30歳を迎えるHIKAKINは抱負を尋ねられ、
「来年はネコを可愛がりたい(笑) 30歳になるので、健康に気をつけて頑張りたい。」
とのコメントをしました。

そしてアバンティーズによるライブパフォーマンスでは、
新曲の「PLAY NEW WORLD」が披露されました。

チャンネル登録者100万人 表彰ステージ

今年チャンネル登録者数が100万人を超えたクリエイターを表彰するステージでは、
個人クリエイターとして初めて100万人登録を達成したHIKAKINが、各クリエイターに「金の再生ボタン」を授与しました。

授与されたクリエイターは、以下の24組です。
一組一組登場するたび、大歓声があがっていました。

kemio
kobasolo
MasuoTV
Ryuuu TV / 學日文看日本
SekineRisa
えむれなチャンネル
ふくれな/fukurena
カリスマブラザーズ
きまぐれクック
恭チャンネル
ぐっちの部屋(ミラクルぐっち)
さぁや saaya
さんこいち
ジョーブログ【CRAZY CHALLENGER】
釣りよかでしょう。
はじめしゃちょーの畑
はなお
ブライアンチャンネル
ボンボンTV
まあたそ
水溜りボンドの日常
よきき
アバンティーズ
A.I.Games

超人気クリエイターが続々登場する中盤

次のステージは東海オンエアが登場し、再び大きな歓声が会場を包みました。

東海オンエアの企画は、彼らの人気動画をまあたそ と さんこいち に見せて、ある質問に何と答えたか東海オンエアに聞くバラエティ企画です。
2組の意外な答えに大きな笑いが起こっていました。

「CA4LA」と「PASSO」とのコラボ企画では、関根りさ と かわにしみき のふたりが「帽子をかぶった新型PASSO」から登場。
あやなんを大人プロデュースするなど、ふたりのジャンルを活かしたステージを展開しました。

そして紋付羽織袴姿で登場したのは、700万人以上の登録者数を誇るはじめしゃちょー。
YouTube Originalsで始まる新作ドラマがこの日からスタートするということで、その見どころなどを教えてくれました。

また今後の目標として、
「登録者数1,000万人を達成して、ダイヤモンドの再生ボタンを獲得したい」
ということを語っていました。

圧巻のライブパフォーマンスで終幕

スカイピースは、前日の「YouTube FanFest Music」に続いての出演となり、2曲を披露しました。
多くのステージを経験してきた彼らの圧巻のライブパフォーマンスに、とてつもない歓声が鳴り響きました。

スカイピースのライブの後には、バックステージでメイクを進めていた5組が登場。
まあたそ と ふくれな は互いにメイクをし合い、
よききは女装メイクを、
マリリンはステージに合うメイクを、
和田さん。は顔のパーツを1.5倍にするメイクを披露しました。

そして次は、VOCALOIDを使用してオリジナル楽曲を制作する みきとP によるステージが繰り広げられました。
彼自身が歌うだけでなく、この日参加した大物YouTuber、そしてキズナアイ、ミライアカリといったVTuberも参加し、ここでしか見ることのできない豪華なコラボパフォーマンスが実現しました。

そして最後のトリはフィッシャーズが務めました。
フィッシャーズも前日の「YouTube FanFest Music」に続いての2曲を披露。
しっとりとした「サヨナラまたな」と、盛り上がる「未完成人」の2曲で、YouTube FanFestのラストにふさわしいステージをつくり上げました。

まとめ

日本を代表するYouTuberが一堂に会した「YouTube FanFest JAPAN 2018」。
最初から最後まで熱気に溢れた、歓声の鳴り止まないイベントとなりました。
これからこのYouTuberたちが、そして新しく生まれるYouTuberたちが、ますます日本のYouTubeシーンを盛り上げていくことでしょう。
今後のYouTubeに、ますます目が離せません。
ファンのみなさんも一緒に盛り上げていきましょう!!

公式アカウントをフォローして最新情報をGET

この記事を書いた人

wada

kamui trackerのマーケター。 かむなびの運営統括もしています。 YouTuberや企業マーケター、YouTubeファンの皆様に楽しんでいただけるメディアにしていくべく奮闘中です。 https://navi.kamuitracker.com/

貴方のYouTubeチャンネルを成長させよう

YouTube上のプロモーションをデータで支援

法人向けサービスお問合せ

このカテゴリの最新WHAT'S NEW

この記事へのコメントCOMMENT