YouTubeの音楽配信サービス「YouTube Music」のメリット・デメリット

2018年11月、YouTubeから音楽ストリーミングサービス「YouTube Music」の提供が開始しました。そこで今回はYouTube Musicの機能を有料のPremium版を中心に、LINE MUSICやApple Music等の他社音楽配信サービスと比較し、メリットやデメリットを考察してみます。有料版が気になっている人は是非参考にしてみてください。

YouTubeの音楽が聴き放題「YouTube Music Premium」

YouTube MusicはYouTubeが提供する音楽専用アプリです。


YouTube Music – YouTube がつくった、新しい音楽アプリより

無料版と有料版のプレミアムプランが存在します。YouTube Music Premiumでは以下のことが可能です。

  • 広告なしでYouTubeの音楽を聴き放題…音楽の再生中に広告が流れず、快適な視聴ができます。
  • バックグラウンド再生が可能…画面を消したり他のアプリを立ち上げたりしても音楽が中断することがありません。
  • オフライン再生が可能…お気に入りの曲を一時保存してネットがつながらない環境でも音楽を聴けます。
  • 動画を音声モードのみ…動画の視聴から音声のみモードへ切り替えが可能です。

その他のフル再生、シャッフル再生、曲順再生、オンデマンド再生といったものは無料プランでも使えます。また、公式の曲やアルバムは無料プランでも視聴可能です。

Premiumなら音質の選択も可能

音楽を聞くにあたって気になるのが音質。YouTube Musicは最高速度256kbps~48kbpsの可変ビットレート。アプリは低音質・48kbps/標準・128kbps/高音質・256kbpsから選択ができるようになります。無料プランの場合は標準音質しか選択できません。

なお、他者の有名な音楽配信サービスと比較するとこのようになります。

  • YouTube Music…最大256kbps
  • Amazon MUSIC Unlimited…最大256kbps
  • Apple Music…最大320kbps
  • Google Play MUSIC…最大320kbps
  • LINE MUSIC…最大320kbps
  • AWA…最大320kbps
  • レコチョクBEST…最大320kbps
  • Spotify…最大320kbps

目立って音質が良いわけでも悪いわけでもなく、標準的な立ち位置です。ただ、YouTube MusicはYouTubeの音楽が聴き放題になるという点から、アップロードされている動画そのものの音質が低い場合があります。

料金プランは個人向けとファミリーの2種類

YouTube Music PremiumはAndroid、iOS、PCなどを利用したウェブブラウザからの登録が可能で、料金は個人向けPremiumプランと、最大6人まで利用できる家族向けファミリープランに分かれています。

◯個人…
Android…月額980円
iOS…月額1,280円
PC(ブラウザ登録)…月額980円

◯ファミリー
Android…月額1,480円
iOS…月額1,950円
PC(ブラウザ登録)…月額1,480円

契約方法の問題で、iOSだけ月額料金が高くなります。iOS端末から登録する場合はSafariなどのブラウザ経由で登録しましょう。

他社サービスと月額料金を比べてみた

音質同様に、月額料金も他社の音楽配信サービスと比較してみました。

  • Amazon MUSIC Unlimited…月額980円
  • Apple Music…月額980円
  • Google Play MUSIC…月額960円
  • LINE MUSIC…月額960円
  • AWA…月額960円
  • レコチョクBEST…月額980円
  • Spotify…月額980円

利用料金の差はほぼありません。ただ、他社の音楽サービスだと月額980円より安くなるプランなども存在します。例えばSpotifyには月額480円の学割プラン。Amazon MUSICならアマゾンエコー端末1台で利用できるEchoプランの月額380円。レコチョクBESTならアーティストプランの月額324円。LINE MUSICならベーシックプランの月額500円など。

料金プランでは他社に比べると、それほど突出した部分はありません。

YouTube Music Premiumと他のサービスとの楽曲数の差

音楽配信サービスを利用するにあたって重要なのが楽曲数です。しかしYouTube Musicでは現在のところ、配信楽曲の数は公開されていません。YouTube Musicとは、YouTubeに投稿された動画を聞けるサービスです。このため、配信曲にはユーザーが投稿した動画も含まれるので、集計できないというのが主な理由として挙げられます。

ジャンルを見てみると洋楽、J-pop、EDM、アニソン、ジャズなど種類が豊富です。さらにYouTubeを所有するGoogleのGoogle Play Musicが3,500万曲を配信しているため、その程度は配信されているのでは、と予想できます。以下、他社サービスの配信数となります。

  • Amazon MUSIC Unlimited…4,000万曲以上
  • Apple Music…4,500万曲
  • Google Play MUSIC…3,500万曲以上
  • LINE MUSIC…4,700万曲以上
  • AWA…5,000万曲
  • レコチョクBEST…650万曲
  • Spotify…4,000万曲以上

単純な配信数だけでなく中身も重要

いくら配信数が多くても、自分の好きなジャンルやアーティストの曲が配信されているとは限りません。例えばレコチョクBESTの配信数は他と比べると少ないですが、日本初のサービスだけあって国内レーベルで配信されている音源はほぼ聞くことが可能です。邦楽以外はあまり聞かない人にとっては嬉しいサービスとなります。

そしてYouTube MusicはYouTubeに配信されている動画を聞けるというサービスです。普段から音楽はYouTubeを使って聞いているという人にとっては配信数はそれほど問題ではないでしょう。

ただ、YouTubeに投稿されている公式楽曲などはフルではないことも多いです。また、デモ音源や、音質は低く映像重視といった動画も多くあるのも事実。お金を払って有料版にしてまで音楽を聞きたいか、という点では検討の余地があります。

YouTubeをよく使うユーザーにはストレスなく使えるサービス

YouTube Musicは普段からYouTubeを視聴し、再生リストを作って音楽を聞いている…そんな人におすすめです。有料プランにすればバックグラウンドでの再生が可能になり、再生するたびに広告に邪魔されることがなくなります。

なお、YouTube Musicのプレミアム版とは別に、YouTubeそのものの有料プラン「YouTube Premium」があるのをご存知でしょうか。YouTube Premiumに登録すれば、YouTube Music Premiumも自動的についてくるので、よりコアなYouTubeライフを送りたい人にはお得と言えるでしょう。

まずは無料お試しでYouTube Musicを楽しもう

YouTube Music Premiumには無料お試し期間があります。自分に合ったサービスかどうか、まずは使ってみて確認してみましょう。もし有料プランはいまいち合わなくても、いつもYouTubeを使ってる人なら無料プランにあるシャッフル再生や曲順再生といった機能を最大限利用して音楽視聴を楽しんでみてはいかがでしょうか。

公式アカウントをフォローして最新情報をGET

この記事を書いた人

かむなび編集部

kamui tracker公式ブログのライターです。 YouTuberやYouTubeマーケティングの担当者へ向けて、お役立ち記事を発信します。

貴方のYouTubeチャンネルを成長させよう

YouTube上のプロモーションをデータで支援

法人向けサービスお問合せ

このカテゴリの最新WHAT'S NEW

この記事へのコメントCOMMENT