【著作権侵害に注意!】CD音源で歌ってみた動画を投稿、OKな場合とNGな場合

YouTubeやニコニコ動画に歌ってみた動画を投稿する場合、必要になるのが自分の歌声だけでなく「カラオケ音源」です。この音源、実はCDから使用すると著作権違反になることがあるのをご存知でしょうか。今日は音源の使用についてOKなことNGなことを解説します。

市販CD音源のカラオケ使用は基本的にNG

皆さんは好きな曲を家で歌ってみる場合、カラオケ音源はどうしていますか?多くの場合、好きなアーティストの音源を買って一緒に歌ったり、動画サイトにアップロードされているカラオケ用音源を使ったりしていることでしょう。CDにはカラオケ用のトラックが収録されていることも多く、これを使って歌を録音すれば手軽に「歌ってみた動画」が仕上がります。

しかし、一般的に販売されているCDの音源をアップロードするのは著作権侵害となり削除対象になることをご存知でしょうか?どこまでOKでどこまでNGかを把握しなければ、せっかく投稿した動画も削除され、最悪の場合は訴えられることもあります。

ボーカロイド楽曲はカラオケ音源使用OKなことが多い

歌ってみたでよく投稿されているのはボーカロイド(VOCALOID)の曲です。製作者がカラオケ音源を提供し、使用許可をしてくれていることが多いため、この手のカラオケ音源であれば製作者に許可を取ることなく利用できます。

ただし、カラオケ音源を作っていない場合や作っていても使用目的が明確でない場合は製作者に問い合わせるのが無難です。

市販CD楽曲を使った「歌ってみた」でやってはいけないこと

法律について詳細に説明すると長くなるため、ここでは簡単にNG事項を記載します。

  • CDに収録されているカラオケ音源を利用する
  • カラオケボックスで配信されている音源を利用する
  • CDからボーカルを抜き取ってカラオケにする

上記の行為はNG事項になります。これに加えて、実はYouTubeやニコニコ動画などに歌ってみた動画をアップロードするには以下の条件も揃える必要があるので注意が必要です。

  • 「JASRAC」「JRC」「Nextone(旧イーライセンス)」で管理されている楽曲であること
  • YouTube、ニコニコ動画、ツイキャスなどで配信または投稿すること

YouTubeやニコニコ動画、ツイキャスなどは、上記の3つの音楽著作権管理団体と包括契約を結んでいます。このため演奏していた、歌ってみたといった動画を投稿できるのです。

ただし、今のところ使用許可されているのは「CD音源を使用しない利用」に限られています。つまりCDのカラオケトラック、CDからボーカルを抜き取るといった利用は認められていません。

ニコニコ動画のようにCD原盤使用が可能な動画サイトもある

ニコニコ動画では、CD原盤(CD音源のこと)が使用可能な場合があります。ニコニコ動画では楽曲検索でヒットする曲はCD音源の使用が許可されている曲です。

といってもボーカル入り楽曲と、カラオケ音源は管理が別のため「ヒットしたから使ったけど実はダメだった」ということも。歌ってみたで使用したい場合は、必ずカラオケ音源であるかどうかを確認しましょう。

※情報は2018年12月12日現在のものです。使用範囲は変更の可能性があるので必ず最新の情報をご確認下さい。

JASRACなどで管理されていない曲の場合は

世の中の楽曲は必ずしもJASRACなどで管理されているわけではありません。どこの管理団体でも管理されておらず、カラオケや動画投稿について触れられていない場合は、楽曲の製作者に直接聞きましょう。

多くの場合、製作者は問い合わせ対応ができないなどの理由で、自ら許可していない曲がカラオケにされていても見逃してくれていることが多いです。しかしJASRACなどで管理されていない=著作権がないわけではありません。

カラオケ音源がない場合の歌ってみた動画の作り方

「いろいろ調べたけど問題なく使えるカラオケ音源がない」場合はどうしたらよいのでしょうか。この場合は、自分で作ってしまえばいいのです。具体的に、著作権に触れないカラオケ音源の作り方を紹介します。

  • ピアノなどで自分で演奏する
  • DTMなどで打ち込んで伴奏をつくる

ピアノ伴奏など、自力で演奏できるスキルがある人はいいですが、そうでない場合は打ち込みになります。しかし打ち込みもまた音楽に対する知識が必要なことが多く、加えてPCやソフトの操作も必要になります。そういったことが不慣れな人には難しく感じることでしょう。

その場合は最後の手段として誰か得意な人に頼んで作ってもらうか、すでに利用OKなカラオケ音源があるものだけにして歌ってみた動画を投稿しましょう。

ルールを守って楽しく歌ってみた動画を作ろう

「面倒だから」「ちょっとだけ」「みんなやってるし」といった気持ちで、使用NGな音源を利用するのは絶対NGです。著作権は親告罪のため個人がすぐに訴えられるということはあまりありません。

しかしニコニコ動画などの動画サイトには、著作権違反を通報し動画を削除する仕組みがあります。せっかく作った動画が削除されてしまうだけでなく、視聴者からもルールを守らない歌い手だと思われてしまうことも。聞いてくれる人も、投稿する自分も気持ちよく楽しむためにやっていいことと悪いことの違いはしっかり把握しておきましょう。

公式アカウントをフォローして最新情報をGET

この記事を書いた人

かむなび編集部

kamui tracker公式ブログのライターです。 YouTuberやYouTubeマーケティングの担当者へ向けて、お役立ち記事を発信します。

貴方のYouTubeチャンネルを成長させよう

YouTube上のプロモーションをデータで支援

法人向けサービスお問合せ

このカテゴリの最新WHAT'S NEW

この記事へのコメントCOMMENT