不仲説は嘘だった?実は仲が良いYouTuber6選

実はあのYouTuber同士は不仲だった、と耳にすると気になりますよね。動画で対決や喧嘩すると不仲説が流れやすいYouTuberですが、実はとても仲良しというケースもあります。ここでは不仲を乗り越えて和解、または不仲に見えつつ実は最初から仲が良いYouTuberの4つの組み合わせを紹介します。

不仲を乗り越えて仲良しになったYouTuber達

元々仲が悪かった、または煽り動画などで喧嘩をしてYouTuber同士が不仲になる場合があります。その後共演NGになることもありますが、喧嘩や不仲をきっかけに和解し、以前より仲が良くなったYouTuberたちもいます。

ビジネス不仲はこれからも続く?ヒカル×シバター


“喧嘩勃発?ヒカルを潰しにシバターが遊楽舎に攻め込んできたより

元々有名YouTuberの悪口や煽り動画の、いわゆる炎上ビジネスで人気の「シバター」。有名YouTuberである「ヒカル」への悪口動画を投稿したところヒカルがシバターに反応、喧嘩へ発展します。その後、直接電話で和解後動画での対決が決定。カード買取勝負やパチスロ対決のコラボ動画を投稿しますが、動画内では隠し切れないふたりの仲良しの雰囲気が出ています。

似た者同士で喧嘩から和解?マホト×ヒカル


ヒカルと決着つけますより

「VALU騒動」を機に、ヒカルのアンチや煽り動画が多く投稿された「ヒカル祭り」。これに便乗して過激なヒカルパロディ動画を投稿したのがYouTuberの「マホト」です。当然動画をきっかけに悪口を投稿し合うなど不仲に発展しますが、その後和解動画を投稿。

茶番ともいえる和解動画では、似た者同士だから気になってしまう、お互いに認め合っていることを話しています。

不仲は作られたものだった?サヤ×てぃーみき


不仲説について語りますより

YouTuberグループ「ノーブランド」所属の「サヤ」と「てぃーみき」の不仲説は、サヤがてぃーみきに対して嫌だと思った点や悪口を延々と伝えた動画投稿がきっかけ。これに端を発しノーブランドリーダーの「KOHEY」が責任を取っての活動休止にもなりました。

その後メンバーの「エド」が、「ノーブランド騒動」としてネタにした動画を投稿。サヤとてぃーみきの不仲はただ作られたもので本当は仲良しなのではないかといわれています。

仲が良いからこその不仲説?元々仲の良いYouTuber達

お互いの動画で話題として出てくる、コラボ動画が多いなどで元々仲の良いYouTuber達もいます。ところが不仲ビジネスとは逆で、「仲良さそうにふるまっているからこそ、本当は不仲なのではないか?」と視聴者に思われてしまうこともしばしばあります。仲が良いからこそ不仲説が出がちなYouTuberの組み合わせを見てみましょう。

正反対だけど仲良し水溜りボンド×東海オンエア


水溜りボンドに「敬語禁止令」を出しましたより

同じUUUMに所属、多くのコラボ動画を作っている「水溜りボンド」と「東海オンエア」。水溜りボンドは実験動画や怖い話動画など、どちらかといえば知的な内容、東海オンエアは高いところから飛び降りる、絶食など攻めた企画内容の動画が多くなっています。

動画の方向性が真逆のため、一見すると仲が悪そうですがコラボ動画内ではとても良い雰囲気。2018年10月には初めてのコラボイベントも開催されました。

プライベートでも幼馴染同士ヒカキン×マスオ


【初公開】Masuoが語る、Hikakinの昔話(質問コーナー)!より

有名YouTuber同士ながら、実は保育園から大学までずっと一緒だったのが「ヒカキン」と「マスオ」。コラボ動画も多いですが、幼馴染としてもYouTuber同士としても仲の良さがわかります。

コラボ動画だけでなくお互いの動画で相手の話題を出したり、いじったりしているため、視聴者からは「本当は不仲ではないか?」と思われてしまうことも。ふたりの様子を見れば、不仲説はまったくのデタラメだとわかりますよね。

ドッキリ動画でおなじみはじめしゃちょー×アバンティーズ


はじめしゃちょーと大喜利してみたよ!!!!より

「そらちぃ」「エイジ」「ツリメ」「リクヲ」の4人組YouTuberグループ「アバンティーズ」は、YouTubeでの動画投稿だけでなく、映画制作や音楽など活動の幅が広いことでも人気。有名YouTuberとのコラボも多く、特に「はじめしゃちょー」とは大喜利をしたり、ドッキリ動画を作ったりとコラボも多くなっています。

不仲説も否定できる、仲良しYouTuber達の活躍に期待しよう

本当は仲の良いYouTuberの組み合わせを6つご紹介しました。不仲説の元になるのは、喧嘩や煽りによる炎上ビジネス、本当に仲が悪かったがその後和解、不仲説が出るほど仲が良い、など色々なパターンがありました。

仲の良いYouTuber同士がコラボすれば、より面白い動画も生まれるきっかけにもなりますよね。今後も不仲説も否定できる、仲良しYouTuber達から目が離せません。

公式アカウントをフォローして最新情報をGET

この記事を書いた人

かむなび編集部

kamui tracker公式ブログのライターです。 YouTuberやYouTubeマーケティングの担当者へ向けて、お役立ち記事を発信します。

貴方のYouTubeチャンネルを成長させよう

YouTube上のプロモーションをデータで支援

法人向けサービスお問合せ

このカテゴリの最新WHAT'S NEW

この記事へのコメントCOMMENT