2019年のYouTube大胆予測

目次

日々、新たな変化が起きているYouTube業界。
2019年はどのような発展を遂げていくのでしょうか。

今回は、「識者による2019年のYouTube大胆予測」をお届けしたいと思います。

私たちはYouTubeのデータを独自に蓄積し、様々な形でYouTube活用の支援を行なっておりますが、その各担当者の知見を総動員し、2019年、YouTubeがどのように変化していくかを予測いたしました。

以下8つの予測を立てました。ぜひご覧ください。

++-++-++-++-++-++-++-++-++-++-++-++-++-++-++-++-++-++-++-
<2019年のYouTube 8つの予測>
【1】ハイクオリティな動画コンテンツの増加
【2】YouTubeのサブスクリプションサービス強化
【3】芸人をはじめとしたテレビタレントのYouTube参入増加
【4】アスリート・スポーツ系チャンネルの増加
【5】VTuberは新たなフェーズへ
【6】企業チャンネルの増加
【7】個人事業主・経営者のYouTube参入増加
【8】YouTuberの多角化
++-++-++-++-++-++-++-++-++-++-++-++-++-++-++-++-++-++-++-

 

【1】ハイクオリティな動画コンテンツの増加

今まではテレビで観ていたような、「クオリティの高い」動画コンテンツがYouTube上で増えていくことが予想されます。
チャンネル運営者の動きと、YouTube本体の動きに分けて見てみます。

【1-1】テレビ等のコンテンツ増加

テレビ番組等のコンテンツを保有する企業が、YouTubeに本格参入するケースが増えていくでしょう。
ただし、単に保有するコンテンツをYouTubeでそのまま流せば伸びるわけではなく、YouTubeの視聴者層や、スマートフォンを中心とした動画視聴スタイルに合わせたコンテンツにしていくことが求められるでしょう。

弊社が調査した、2018年のチャンネル開設1年以内のランキング(チャンネル登録者数の伸びで順位付けしたもの)では、「週刊少年ジャンプ創刊50周年公式チャンネル」や「ナスDの大冒険YouTube版」など、テレビ番組をコンテンツとしたチャンネルが上位に入っています。

また、テレビ番組で人気を得たフォーマットを活用したチャンネルが成長しています。
例えば「UUUM GOLF-ウーム ゴルフ-」はゴルフ番組を、「QuizKnock」はクイズ番組のフォーマットを活かしたものであると考えられます。
いわゆる「YouTubeっぽい動画」だけでなく、「テレビっぽい動画」というのもYouTubeで求められ始めているということが言えます。

【1-2】YouTube Originalsの強化

YouTube本体としては、YouTube Originalsに力を入れていくと考えられます。
YouTube Originalsとは、YouTubeオリジナルのドラマや映画のシリーズで、現在は基本的に有料のYouTube Premiumに加入することで視聴することができます。

日本では既にはじめしゃちょーのYouTube Originals動画が公開されているほか、水溜りボンド、フィッシャーズ、東海オンエアなどの動画公開も予定されています。

ただ、2020年にはYouTube Originalsの動画が無料化されるとの報道もあり、そうなると無料で観られる動画にハイクオリティなものと一般の人が作ったものとが共存する形となります。

 

【2】YouTubeのサブスクリプションサービス強化

【2-1】YouTube Premiumの利用者増加

YouTube Premiumは、ネット上の反応を見る限り概ねユーザーに受け入れられており、初速は良好であると思われます。
YouTube Premiumの利用者が増加していく理由は、以下のように考えられます。

(1)機能面で選ばれる

広告が表示されない、バックグラウンド再生可能など、YouTubeのヘビーユーザーにとっては嬉しい機能が盛り込まれており、無料期間に一度使い始め、元の機能に戻らず使い続けるユーザーが一定程度いると考えられます。

(2)YouTube Originalsのコンテンツ増加

日本でも人気YouTuberがOriginals限定の動画を配信し始めれば、コアなファン層にとってはYouTube Premium加入のきっかけとなります。

(3)他の音楽サブスクリプションサービスからの流入

YouTube Premiumに加入するとYouTube Musicも利用できるため、他の有料音楽サブスクリプションサービスを退会し、YouTubeプレミアムに加入する人が増加すると思われます。
YouTube Musicの満足度が高ければ、これまでのサービスから乗り換えて、プラスYouTube Premiumの機能も使えるため、利用者は負担感を感じないでしょう。

【2-2】YouTubeが商品購入のプラットフォームとなる可能性

YouTubeが視聴者からのサブスクリプション課金を始めた背景のひとつとして、そのユーザーデータを用いた何らかの商品販売を始める狙いがあると予測することができます。

例えば、動画の下部に「商品の写真付き購入ボタン」が追加され、そのまま購入に移行できるサービスが、実際に海外のYouTubeでは試験的に導入されています。Instagramやニコニコ動画でも似たようなサービスは導入されています。

このときにネックになるのが、「個人情報の入力」でしょう。
サブスクリプションサービスによってクレジットカード情報などがあらかじめ入れられていれば、そこの心理的ハードルを下げることができます。

今後の展開を予想すると、例えば動画内に表示する「カード」で商品購入やアプリダウンロードができる機能や、YouTuberが自身のグッズ販売などを行なえるようにするなどのことが考えられます。
概要欄にリンクを貼る方法と比べ、概要欄を開く手間が省け画像も表示できるなどメリットが大きいといえます。

 

【3】芸人をはじめとしたテレビタレントのYouTube参入増加

2018年は、「カジサック KAJISAC」(キングコング梶原)、「ほんだのばいく」(本田翼)、「ジャニーズJr.チャンネル」など、これまでテレビを主な活動場所としてきたタレントのYouTube参入が話題となった1年でした。
この流れは、2019年にますます加速していくと思われます。
その中で考えられる動きをまとめていきます。

【3-1】芸人の参入は急増するが、成功するのは一握り

「カジサック」は成功したという評価を受けており、これに刺激を受けた芸人がYouTubeに参入すると考えられます。
ただし、同じように成功するチャンネルは一握りであると思われます。

理由を以下に挙げてみます。

(1)事務所のバックアップが得られるか未知数

YouTubeチャンネル運営の知見も溜まっておらず、工数がかかる割に一定の収益を確保していくのも簡単ではないため、芸能事務所がチャンネル運営に本腰を入れるかどうかは未知数です。
そうなると、当面は芸人個人がチャンネル運営をするスタイルが主流となるかもしれません。

(2)芸人個人がYouTube運営を粘り強く続けていくことの大変さ

芸人個人がチャンネル運営をしていくのは、多くの人が予想するよりも難しいことであると考えられます。
まず、芸人といえどもYouTubeの世界で知名度を得て多くの人に継続的に観られるというのは容易ではありません。
テレビでウケる内容とYouTubeでウケる内容は違いますし、日々企画を考え、動画を撮影し、編集するという作業を続けていかなくてはなりません。
試行錯誤を続け、YouTubeチャンネルを運営していく力が求められます。

(3)うまくいくのは「特化型」の芸人か

例えば「ヒロシちゃんねる」のキャンプというジャンルのように、ひとつの分野に特化した強みを持つ芸人は活躍できる可能性が高いかもしれません。
そもそもそのジャンルが好きで活動が継続できること、「トーク力」に頼らずともYouTube上のエンターテインメントとして確立する可能性があること、などが理由として挙げられます。

【3-2】YouTube OriginalsはタレントのYouTube参入を加速させる

YouTube Originalsの拡大を前項で書きましたが、俳優やアイドルを起用したYouTube Originals限定ドラマ・映画も出てくるでしょう。
それが契機となり、芸能事務所がYouTubeへ本腰を入れ始める可能性はあります。

【3-3】YouTube以外の動画プラットフォーム活用の可能性

ひょっこりはん、COWCOW、マギー審司など、TikTokで活躍する芸人・タレントも増え始めています。一発ギャグなどのネタに強みを持つ芸人などは、TikTokなどで活躍のチャンスを掴むかもしれません。

また、テレビなどでも看板番組を持てるくらいの「大物」であれば、テレビではできない企画をAmazonプライムAbemaTVなどの場で行なっていくことも考えられます。

 

【4】アスリート・スポーツ系チャンネルの増加

来年2020年に迫った東京オリンピックと、テレビタレントのYouTubeでの活躍の影響で、アスリートやスポーツ系のYouTubeチャンネルが増加することが予想されます。

スポーツ・オリンピック関連企業は、2019年に各種プロモーションを本格化していくでしょう。
その中にYouTubeが組み込まれる可能性は高いと言えます。

また、企業以外でもアスリート個人がYouTubeを活用することも考えられます。
現役選手が出演することは難しいかもしれませんが、すでに引退した有名アスリートなどの参入は考えられます。

 

【5】VTuberは新たなフェーズへ

2017年の終わりから2018年にかけて大きなブームとなり、「ネット流行語大賞 2018」のグランプリにもなった「バーチャルYouTuber/VTuber」ですが、2019年は新たなフェーズに突入すると考えられます。

【5-1】VTuberの「脱YouTube依存」

VTuberはリアルのYouTuberに比べ、エンゲージメントは高いものの視聴回数が伸びにくく、YouTubeでの広告収入モデルは厳しいと考えられます。

ちなみに、過去30日間の月間視聴回数が100万回を超えているチャンネル数は、32チャンネルに留まります(2018年12月末時点)。
仮に広告単価を<1再生=0.1円>として計算してみると、これら以外のチャンネルは、月の広告収入が10万円にも満たないということになります。

一方YouTubeの外では、IPビジネスとしての活路を見出しつつあり、テレビ出演やCDデビュー、リアルイベントやゲームへの登場などの活動が進んでいます。
また、他の配信アプリも充実しつつあり、そこでの「投げ銭」の収益も増加する可能性があります。

これらの要因から、今後は「バーチャルYouTuber」というより、「バーチャルタレント/バーチャルアイドル」としての活動に転換していくことになるでしょう。

【5-2】個人勢は厳しい戦いに

上記のような幅広い展開がしにくい個人運営のVTuberは運営が厳しくなり、撤退も相次ぐことが予想されます(2018年からすでに活動停止するVTuberは増加中)。
現在、トップVTuberや配信アプリ運営企業がVTuber事務所を構え、複数のVTuberを保有する体制が主流となっています。
現在活動している個人勢も、多くがこれらの事務所に所属していくことが予想されます。

【5-3】VTuber運営企業のリスク管理体制改善が求められる

昨年は、VTuberによる企業タイアップ動画が炎上したり、VTuberと運営企業との間にトラブルがあったりと、企業の管理体制に問題があると思われる問題が見受けられました。
今後VTuber業界が発展していくためには、企業のリスク管理、コンプライアンスの徹底などが必要となるでしょう。

【5-4】既存キャラクターのYouTube参入は増加が見込まれる

昨年ハローキティがYouTubeチャンネルを開設しましたが、このような「CTuber(キャラクターYouTuber)」や、アニメやゲームのキャラクターを元にしたVTuberは、もともと知名度があるだけに、新たな顧客層獲得に向けてYouTube参入が増える可能性があります。

 

【6】企業チャンネルの増加

2019年に日本でも「5G」のサービス開始が予定されており、より動画が身近なものになっていくことが予想されます。
これまでテキスト主体だった企業メディアも、徐々に「動画メディア」に移り変わっていくことが考えられます。

その中で主役となるプラットフォームは、やはりYouTubeでしょう。
それに伴い、YouTubeチャンネルを本格運用する企業が増えていくはずです。
企業や商品・サービスのプロモーション目的はもちろん、人事・採用目的での活用など、様々な展開が考えられます。
ただ、どのような運用をすればうまくいくのかという部分は確立しておらず、各社が試行錯誤し運用を進めていくことが考えられます。

 

【7】個人事業主・経営者のYouTube参入増加

YouTube市場の盛り上がりを受け、個人事業主や経営者のYouTube参入が増え始めています。
ジャンルとしてはノウハウ系や自己啓発系など、これまでYouTubeではそれほど大きいジャンルではなかった領域がメインとなっています。

イケダハヤトさんなど、これまでブロガーとして活動してきた人の参入も多く見られます。理由のひとつとしては、テキストで書いてきたコンテンツがあるため動画コンテンツも生み出しやすく、それまでの知見を活かしやすいこともあるようです。

ただ、多くの個人にとって動画コンテンツを作ることはハードルが高いことであると言えるため、支援プラットフォームやYouTubeのコンサルティングを行なうような事業者が増えると予想されます。

 

【8】YouTuberの多角化

【8-1】YouTuberの芸能人化

テレビ出演やCDデビュー、イベント開催など、これまでの芸能人とそれほど変わらない活動をするYouTuberが増えています。
その動きはさらに加速していくことが考えられます。

【8-2】人気YouTuberの海外進出

日本だけでチャンネル登録者数を増やすのには限界があるため、人気YouTuberの所属する事務所は、いずれ海外戦略を本格化させるはずです。
世界のYouTuberとのコラボ動画や、楽曲等のコラボもあるのではないかと予想されます。

【8-3】YouTubeジャンルの多様化が進む

エンタメ系・ゲーム実況・美容系など、現在チャンネル数の多いジャンル以外にも多種多様なチャンネルが生まれており、今後もYouTubeがより細分化されたニーズを受け止めるプラットフォームになっていくと考えられます。

 

いかがでしたでしょうか。
社内の知見を総動員し2019年のYouTube予測をしていきました。
あくまで予測であるということを前提にお役立ていただければと思っております。

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。
2019年も「かむなび」をどうぞよろしくお願いいたします!

なお、今回の記事は「かむなび」運営元の株式会社エビリーのメルマガより転載したものです。
企業マーケターの方にお役立ちする内容を配信しているメルマガとなりますので、ぜひこちらもご登録ください。

【YouTubeのディープな情報をお届けするメルマガの登録はこちらから】

公式アカウントをフォローして最新情報をGET

この記事を書いた人

wada

kamui trackerのマーケター。 かむなびの運営統括もしています。 YouTuberや企業マーケター、YouTubeファンの皆様に楽しんでいただけるメディアにしていくべく奮闘中です。 https://navi.kamuitracker.com/

貴方のYouTubeチャンネルを成長させよう

YouTube上のプロモーションをデータで支援

法人向けサービスお問合せ

このカテゴリの最新WHAT'S NEW

この記事へのコメントCOMMENT