YouTuberへの第一歩、動画投稿にチャレンジしよう

YouTuberとして活動するには「動画を投稿すること」が不可欠です。
しかし、初めての動画投稿には不安や疑問があることかと思います。

この記事では、動画投稿の方法についてチャンネルを開設するところから丁寧に解説をしていきます。

YouTubeで自分のチャンネルを開設する

YouTubeに動画を投稿する前に、自分のチャンネルを開設しましょう。
YouTubeのチャンネルには「ブランドアカウント」と「デフォルトアカウント」の2種類があります。

このうち「ブランドアカウント」の方が、チャンネル名が自由に変更できるなどのメリットがあります。そのためこちらのアカウントを用意するようにしましょう。

「ブランドアカウント」の開設手順は以下のようになります。

  • Googleアカウントを作成する
  • GoogleアカウントでYouTubeにログインする
  • YouTubeのブランドアカウントを開設する

画像付きのより詳しい手順説明や、YouTubeを始める上での注意点は以下の記事で解説しています。

収益化したい人向け!YouTubeの始め方を基本から解説 | YouTube総合情報メディア かむなび

YouTubeに動画を投稿する手順

それでは続いて、動画を投稿する手順を確認していきましょう。

動画投稿は難しく考えられがちですが、パソコンはもちろん、スマートフォンでも簡単に行うことができます。
それぞれの手順を画像とともに解説していきます。

パソコンで動画を投稿する場合

パソコンから動画を投稿する手順を確認していきます。

自分のアカウントのアカウントでYouTubeにログインしていることを確認し、右上のビデオカメラマークをクリックします。

すると、画像のように「動画をアップロード」と「ライブ配信」という二つの選択肢が出てきます。「動画をアップロード」を選択しましょう。

次に以下の画面が出てきます。「ファイルを選択」するか、アップロードしたい動画ファイルをこの画面にドラッグします。

その後、以下の設定画面が出てきます。
1つ目の設定画面ではタイトル、概要欄などの各種設定項目が表示されます。
ここで設定するものは、動画アップロード後に変更可能です。無理に急いで設定する必要はありません。

ただし現在YouTubeでは、子供を主な視聴者とする全ての動画を「子供向け」として指定するというルールがあります。
ルールに基づき「視聴者層の選択」設定をする必要があります。

次の画面では「カード」や「終了画面」の設定ができます。こちらも動画アップロード後に設定が可能です。

そして最後の画面では、動画の公開設定を行います。
動画投稿に慣れるまでは、ここでは「非公開」に設定することをおすすめします。
動画のアップロード後、設定をしっかり見直してから公開するようにしましょう。

スマホで動画を投稿する場合

続いてスマートフォンを使って動画投稿をする手順を解説していきます。

まずは画面下部の「+ボタン」を押し、「動画のアップロード」を選択します。

次の画面で新しく動画を撮影するか、すでに撮影済みの動画ファイルをアップロードをするかを選びます。

次の画面で「動画の切り取り」と「フィルター設定」をします。
動画の不要な部分を削除することと、映像の色調の変更ができます。

この画面では、タイトルや概要欄(説明の部分)や公開設定をすることができます。
パソコンの場合と同じく、ここでは非公開にすることをおすすめします。

その後、パソコンの時と同様に「視聴者層の選択」をし、アップロードをすることで動画投稿が完了です。

投稿した動画を削除する方法

投稿した動画の削除は、YouTube Studioから行うことができます。

ログインをしたら、左のメニューから「コンテンツ」を開きます。
削除したい動画にカーソルを合わせ、3つの点のアイコンを選択すると「完全に削除」という項目が出てきます。
この項目をクリックすることで、動画の削除が完了します。

スマートフォンで行う場合は、YouTubeのアプリとは別にYouTube Studioの専用アプリをダウンロードする必要があります。
専用アプリからYouTube Studioにログインしたら、左上の3本線のボタンからメニューを開き、「動画」を選択します。
動画一覧が出てきたら削除したい動画を選択し、右上のペンのようなマークをタップします。

「動画の編集」という画面が出てきますので、右側の歯車マークを開くと画面下部に「YouTubeから削除する」というボタンが出てきます。このボタンを押すことで動画の削除ができます。

YouTubeに動画を投稿した後にするべき設定

動画を投稿したら、次に公開に向けていくつかの設定をする必要があります。
そのうち特に大事なものについて、解説していきます。

タイトルと概要欄を設定する

YouTubeに動画を投稿したら、まずは「タイトル」と「概要欄」を設定します。
視聴者の興味を引くタイトルを設定すると同時に、検索対策としてキーワードを必ずタイトル中に入れましょう。
概要欄にキーワードを入れることも、動画を検索で上位表示させるのに有効な施策です。

概要欄については以下の記事でも解説していますので、ぜひ参考にしてください。

YouTubeチャンネル分析方法!アナリティクスの見方や改善すべき点を解説 | YouTube総合情報メディア かむなび

カスタムサムネイルを設定する

YouTubeに動画を投稿すると、動画の中の1シーンが切り取られ、自動でサムネイルが作成されます。
それとは別に自分でサムネイルを作成して設定することもできます。これを「カスタムサムネイル」と呼びます。

サムネイルは動画を公開した後、視聴者にクリックしてもらうために一番重要な要素となります。
映えるサムネイルの作り方については以下の記事で解説しています。

YouTubeで映えるサムネイルの作り方とおすすめソフト | YouTube総合情報メディア かむなび

投稿した動画の公開設定をする

動画の各種設定が完了したら、動画の公開をしましょう。
公開の方法には以下のようにいくつか種類があります。

  • 公開
  • 限定公開
    – 検索や関連動画などに表示しない設定
  • 予約公開
    – 公開する時間を予約設定ができる
  • プレミア公開
    – ライブ配信のように公開ができる

目的に応じて、これらの公開設定を使い分けましょう。

動画の収益化と広告の適合性を設定する

もしあなたのチャンネルがすでに収益化ができる場合は、追加で2点の設定が必要になります。

まず「収益化」の設定では、動画に広告を入れる場所を設定します。
収益化をオンにし、広告を入れる場所を選択してください。

次に「広告の適合性」という設定をします。
こちらは投稿する動画がYouTubeのガイドラインを守ったものになっているか、セルフチェックを行うものです。それぞれについて項目を確認し、どれにも当てはまらない場合最下部の「上記のいずれも含まない」という項目にチェックを入れます。

広告の適合性についてはセルフチェックをした後、YouTubeによって確認がされます。
広告を掲載したいがために虚偽の報告をしていた場合、ペナルティの対象になる恐れがあります。適切に設定を行いましょう。

YouTubeに動画を投稿する際の注意点

YouTubeに動画を投稿する際の注意点を解説していきます。
投稿前のチェックする時や、動画がうまく投稿できない時の参考にしてください。

動画の長さやファイルサイズが制限を超過していないか確認する

YouTubeの動画には動画尺とデータサイズに制限があります。

  • 動画の長さは12時間まで
  • 動画サイズは128GBまで

一般的な動画はこのようなサイズになることはほとんどありませんが、ライブ配信やゲーム実況などの長い動画を投稿する場合は注意が必要です。

また、現在YouTubeでは「電話番号によるアカウントの確認」が行われています。
これを行っていないチャンネルでは15分までの動画しかアップロードすることができません。
この制限だと一般的な動画でも超過してしまう場合がありますので、アカウントの確認は必ず行うようにしましょう。

動画のファイル形式が適切か確認する

YouTubeは様々な動画のファイル形式に対応しています。

YouTubeが対応している形式一覧
「.MOV」「.MPEG4」「.MP4」「.AVI」「.WMV」「.MPEGPS」「.FLV」「3GPP」
「WebM」「DNxHR」「ProRes」「CineForm」「HEVC(h265)」

もし「無効のファイル形式」と表示される場合は、拡張子を確認してみるといいでしょう。

通信環境が整っているところでアップロードする

動画ファイルは比較的サイズが大きめです。
そのため通信環境が安定していないと投稿に時間がかかるだけでなく、中断されてしまう可能性があります。

投稿の中断は思わぬエラーの原因となりますので、通信環境が整った場所で作業を行いましょう。

投稿する動画がガイドラインに違反してないか確認する

動画がYouTubeのガイドラインに違反しているとペナルティの対象となり、最悪の場合アカウントが停止されてしまいます。

投稿を始めたばかりでYouTubeに慣れてないうちは、少しでもガイドラインに違反に触れそうであれば確認をする癖をつけましょう。

YouTubeの動画投稿まとめ

いかがでしたでしょうか。

動画を1つ投稿し、公開をすることができれば、YouTuberとしての一歩目を歩み始めたと言っていいでしょう。
ぜひ動画投稿にチャレンジしてみてください。

動画SNSデータ分析ツール
「kamui tracker」

YouTubeデータを網羅し企業やクリエイターの活動をサポートする国内最大級の「YouTubeに特化」したデータ分析ツールです。

試用版を使ってみる

データと専門的な知見に基づいた
YouTuberキャスティング

貴社の商品・サービスに合ったYouTuberの選定から、企画の立案、実施後の振り返りまでをワンストップで行ないます。

相談してみる

このカテゴリの最新WHAT'S NEW