YouTuberタイアップにおけるキャスティングを成功させる方法

企業や商品のプロモーションとして当たり前に使われるようになったYouTuberタイアップ。
このタイアップにおいて最初の難点となるのが、YouTuberのキャスティングです。

今回は難しいYouTuberのキャスティングをどのように行えばいいのか、キャスティングの基本から解説をしていきます。

YouTuberタイアップとは?

YouTuberタイアップとは、YouTuberに動画を通して企業の商品やサービス(以下まとめて商材)を紹介してもらうプロモーションです。
ユーザーに強いリーチを持つYouTuberに商材の魅力を伝えてもらうことで、認知拡大や販売促進に繋げることができます。

広告手法としてのYouTuberタイアップには、以下のようなメリットがあります。

  • 商品のターゲットとなる特定の層にピンポイントでアプローチできる
  • 視聴者はYouTuberのファンであるため、広告であっても受け入れられやすく、良い印象を持たれることが多い
  • 動画のため情報量が多く商品の魅力が伝わりやすいタイアップ動画は半永久的にYouTube上に残るため効果が長期的に持続する
  • YouTuberが体験しレビューを伝えることで、商材のリアルな魅力が伝えられる
  • 動画のコメントなどから視聴者のリアクションが分かる
  • 作成した動画を二次利用ができる(ほとんどの場合別途費用がかかる)

YouTuberタイアップについては以下の記事で解説をしています。

YouTuberタイアップを実践するなら抑えたい4ステップ | YouTube総合情報メディア かむなび

YouTuberタイアップにおけるキャスティングについて

YouTuberタイアップにおけるキャスティングとは、どのYouTuberとタイアップをするのか選定し、契約を行うまでのことになります。

まずはキャスティング方法について、大まかな流れを確認しましょう。

YouTuberをキャスティングする基本の流れ

YouTuberをキャスティングする流れは、簡単には以下の手順で構成されます。

  1. タイアップ企画を立案し、目的を定める
  2. タイアップするYouTuberを自分たちで探すか、代理店に選定を依頼する
  3. 企画や報酬についてYouTuberと調整し、出演契約を交わす。

YouTuberタイアップの全体の流れを確認したい方は以下の記事も参考にしてください。

詳細はこちら → https://navi.kamuitracker.com/archives/11473

YouTuberをキャスティングする相場

YouTuberをキャスティングする費用の相場は「チャンネル登録者×3〜7円」と言われています。
例えばチャンネル登録者数10万人のYouTuberに依頼をした場合、費用は30万円〜70万円が目安となります。

ただし、YouTuberによって費用の付け方は大きく異なります。
さらに「代理店を通す」「YouTuberが事務所に所属している」などの要因によっても費用は変化するため、実際の費用は上記の目安に収まらない場合もあります。
そのため、具体的な費用は早い段階で直接問い合わせましょう。

また、YouTuberタイアップで重要なのは作成した動画の視聴回数です。
チャンネル登録者数だけで判断せずに、どの程度の視聴回数が予想されるのかを考えたうえで選定することが重要です。
費用対効果を考える上では、後述する「推定視聴回数」を指標として用いるようにしましょう。

YouTuberのキャスティングで最も重要なもの

YouTuberのキャスティングで最も重要なものは「YouTuberの選定」です。

商材とYouTuberがうまくマッチすれば、視聴回数も伸び、商材の魅力も視聴者に伝えることができます。
そうなることで「認知拡大」「販売促進」の両面で、より高い成果を出すことに繋がります。

しかし、以下のように商材とYouTuberがミスマッチを起こす場合もあります。

  • 商材のターゲットとYouTuberのファン層が違う
  • 商材とYouTuberのブランディングが噛み合わない
  • YouTuberを商材の接点がほとんどなく、うまく魅力が説明できない

うまく合わないと動画の質も下がり、商材の魅力も伝えられず、目的の達成は困難なものとなります。
視聴者に商材が魅力がないものとして捉えられたり、タイアップ動画が「ステマ」として誤認されたりすることで、商材のマイナスプロモーションとなってしまうこともあります。

キャスティングの成功は、商材とYouTuberがマッチするかにかかっていると言っても過言ではありません。
そのため、YouTuberの選定はキャスティングにおいて最も重要なものと言えるのです。

YouTuberタイアップのキャスティングにおける選定方法

YouTuberを選定する際の具体的な方法について解説をしていきます。

YouTuberとタイアップする目的を明確に定める

YouTuberの選定に入る前にタイアップの企画を丁寧に行い、目的を明確にしましょう。
目的が明確であるほどYouTuberを選定する基準も分かりやすくなり、作業をスムーズに行うことができます。

特にYouTuberタイアップのターゲットは明確にしましょう。ターゲットがYouTuberの視聴者層と重なるかなども、選定における重要なポイントとなります。

商材に合ったYouTuberを探す

タイアップの目的が明確に定まったら、それを達成できるようにYouTuberを選定していきます。

選定の際は視聴者層やカテゴリー、エンゲージメントなどのデータを確認するだけではなく、実際に投稿されている動画を実際に視聴しましょう。
普段の動画の雰囲気やYouTuberの人柄を知ることで、商材とYouTuberがうまくマッチしそうかを事前に確認することが大切です。

タイアップ動画の視聴回数を推定する

YouTuberタイアップにおいては視聴回数も重要です。
企画の時点で視聴回数についても目標を定め、YouTuberを選定する際は実際にタイアップ動画を投稿したらどれほど視聴されるか推測をしましょう。

最新の動画の視聴回数を数本分チェックし、その平均値などから推測すると良いです。

YouTuberタイアップのキャスティングにおける注意事項

続いて、YouTuberタイアップのキャスティングにおける注意事項について解説していきます。

YouTuberに商材の魅力を知ってもらう

まずはキャスティングしたYouTuberに商材の魅力を知ってもらうことが大切になります。

視聴者はYouTuberが商材を実際に使ったときのリアクションやレビューなどを見ています。YouTuberが商材をしっかり理解したうえで伝えることで、訴求内容が視聴者に伝わりやすくなります。

過度なディレクションによってYouTuberの世界観を損なわないよう注意する

YouTuberタイアップが失敗する要因の一つに、企業側の過度なディレクションによって出来上がる動画がYouTuberが持つ世界観とかけ離れたものになってしまうというものがあります。

タイアップ動画を視聴するのは、そのほとんどがYouTuberのファンです。
YouTuberの普段の雰囲気からかけ離れた動画を作成してしまうと、ファンの視聴意欲を削いでしまい良い成果を出すことができません。

「YouTuberの世界観」と「商材の適切な訴求」が両立した動画を作成することが、YouTuberタイアップの効果を最大にします。
商材の魅力をしっかり訴求するためにディレクションは重要ですが、YouTuberの意見や考えを尊重することも常に意識しましょう。

オリエンシートを丁寧に作り込む

オリエンシートとは、YouTuberタイアップの際に作成するもので商品魅力や訴求ポイントなどをまとめるものになります。

過度なディレクションがNGとはいえ、完全にYouTuberに動画を任せるわけではありません。YouTuberとどのような動画にするのかをすり合わせ、企業として伝えたいことやNGなどはオリエンシートでしっかりと伝えるようにしましょう。

効果測定を必ず行う

YouTuberタイアップを行ったら必ず効果測定を行いましょう。
振り返りをすることによって、次回以降のタイアップの成功確率を高めることができます。

効果測定で見る数値の代表的な項目は以下の通りです。

  • 視聴回数
  • CPV(視聴単価)
  • クリック数
  • CTR(クリック率)
  • CV
  • CVR(CV率)
  • コメント数
  • 高評価数
  • 高評価率

これに加え、定性的な評価として「コメント内容の分析」も合わせて行いましょう。

振り返りの際は目的とする成果が達成されたかだけではなく、なぜ達成されなかったか分かるように指標を細かく見る必要があります。
企画の段階でどの数字を見るのか考えておくことも重要です。

YouTuberのキャスティングは「kamui tracker」にお任せ!

YouTuberのキャスティングは代理店に依頼が可能です。YouTube施策に精通した代理店であれば、商材とタイアップの目的に適したYouTuberを提案してくれます。
しかし、そのような適切な提案ができる代理店はあまり多くないのが現状です。

一方で、もし自分たちでYouTuberの選定を行うことができれば、タイアップの費用から代理店への依頼をするコストを削減することができます。
自分たちでYouTuberの選定を行うのであれば、動画SNSデータ分析ツール「kamui tracker(カムイトラッカー)」が役に立ちます。

kamui trackerとは国内最大級の動画SNSデータ分析ツールになります。
国内のYouTube情報を網羅しており、企業のYouTube事業やマーケティングの課題を解決するツールとして活用されています。

具体的な特徴は以下の3点です。

  • さまざまな条件からYouTuberを検索できる
  • YouTuber詳細情報や過去の動画などが見られる
  • YouTuberタイアップデータや競合の事例が見られる

また導入事例に関する記事もありますのでご覧ください。

詳細はこちら → https://navi.kamuitracker.com/archives/12731

それではkamui trackerの特徴について、詳しく説明していきます。

特徴①さまざまな条件からYouTuberを検索できる

YouTuberの選定における最初の難点は「適切な候補を洗い出すこと」です。
YouTubeにはチャンネル検索機能がありますが、キーワードでの検索しかできません。

そのため「美容系のジャンルで、チャンネル登録者数は10万人程度」といった条件でYouTuberを探すのは非常に難しく、候補を見つけられないことがあります。

kamui trackerには「YouTuberを検索する機能」があります。
キーワードやジャンル、登録者数や視聴回数など、あらゆるセグメントでYouTuberを探すことができます。「最近伸びているチャンネル」といったkamui tracker独自の条件でも検索が可能なため、タイアップに適したYouTuberを簡単に洗い出すことができます。

特徴②YouTuber詳細情報や過去の動画などが見られる

タイアップするYouTuberの選定には「推定視聴回数」「エンゲージメント」など、さまざまなデータが必要になります。
しかしそのデータを収集するには、YouTube上で動画を1つずつ確認する作業が必要になります。

kamui trackerでは、YouTuberそれぞれのデータを1ページで分かりやすくまとめています。
YouTuberが今まで投稿した動画や視聴回数ランキングなども見られるようになっています。
そのためkamui trackerを活用することで、YouTuberの選定にかかる時間を大きく削減することができます。

特徴③YouTuberタイアップデータや競合の事例が見られる

さらに過去のタイアップデータや他社事例も見ることができます。YouTuberが今まで行ったタイアップデータを参考にすることで、YouTuberの選定や企画の立案に役立ちます。

企業向けに有料プランも用意しております。kamui trackerの無料トライアルも実施しているので、まずは以下のリンクからお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせはこちら → https://kamuitracker.com/contact

動画SNSデータ分析ツール
「kamui tracker」

YouTubeデータを網羅し企業やクリエイターの活動をサポートする国内最大級の「YouTubeに特化」したデータ分析ツールです。

試用版を使ってみる

データと専門的な知見に基づいた
YouTuberキャスティング

貴社の商品・サービスに合ったYouTuberの選定から、企画の立案、実施後の振り返りまでをワンストップで行ないます。

相談してみる

このカテゴリの最新WHAT'S NEW